worldcryptobinary 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
これがニッポンの選挙運動だ!
話題の秀作ドキュメンタリーが登場!

(c) Laboratory X, Inc
第57回ベルリン国際映画祭
フォーラム部門正式出品作品


『選挙』

監督・撮影・編集=想田和弘

鉄道と旅と猫が好きな山さんは切手コイン商を営みながら気ままに暮らしていたところ、ひょんなことから自民党の公認候補に。市議会議員選挙に出馬することとなる。
政治家の秘書といった政治に関わる経験がない山さんは、いわば政治の素人そのもの。しかも選挙区となるのは地縁・血縁のない川崎市宮前区という、いわゆる落下傘候補。自民党の大物議員や小泉純一郎なども応援に駆けつけるなかで「どぶ板選挙」の行方は如何に!?
 | 


選挙運動といえば、駅前の街頭演説や街中で名前を連呼する選挙カーといったイメージが真っ先に思い浮かぶのではないだろうか。そうした光景に代表されてしまうほど、私たちが選挙運動について知っていることは案外少ない。

この良質なドキュメンタリーは選挙運動の裏側を描いている作品ではあるが、そこに主眼を置いてはいない。もちろん選挙運動に伴う知られざる事実のいくつかを作中で発見することは可能だし、自民党が永きにわたって築き上げた“民主主義”システムの根幹を見ることもできるだろう。しかしこの作品の魅力はそういった政治的モチーフとは違うところにこそ多数見受けられる。そのひとつはドキュメンタリーだからこその説得力を持った人間味溢れる登場人物たちだ。

傍から見ると思わず和んでしまうようなマイペースぶりの山さんだが、その反面、周囲の人たちの心配ぶりが非常によく伝わってくる。実際、選挙運動の常識を知らない山さんはことあるごとに怒られてばかりいるのだが、わずかな休憩時間に「鉄道ジャーナル」を開いたりしながら決して腐ることなく選挙運動をやりとげる。また仕事を休んで応援に駆けつけた妻がこぼす赤裸々な愚痴の数々や、事務所ボランティアたちのあけすけな世間話など、そこにはバラエティ番組や劇映画では決して見ることの出来ない人間たちが映し出されている。

また選挙運動を通して、我々が普段意識することのない“ニッポン”の姿が奇妙なものとして立ち現れていることにも注目だ。児童たちが立ち並ぶ運動会から老人たちの運動会にまで顔を出してはラジオ体操に興じる山さん。地元のお祭りでは掛け声を上げながら神輿を担がされる。朝の通勤時間に一列に並んで、まるで儀式のように声を張り上げるさまや、殺人的な朝のラッシュ、野菜の無人販売所などなど。生々しくユーモラスな“ニッポン”を映し出すのはNY在住の想田和弘監督。確かな実力を感じさせる。

監督はこの作品を「観察映画」と名づけているが、まさに言い得て妙だ。音楽やナレーション、テロップなどが一切排除されたこの作品は、映像を注視することで鑑賞者それぞれ異なる受け止め方が可能だろう。選挙や選挙運動に対する詳細な予備知識は不要であるし、政治に対する興味の有無さえ問われない。このドキュメンタリー作品『選挙』は様々な要因を含みながらもおそろしく巧みに演出された、非常に良質な映像作品である。

関連リンク

『選挙』公式ウェブサイト

『選挙』

6月9日より、渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国ロードショー!

監督・撮影・編集:想田和弘

製作:Laboratory X, Inc.  協力:IFP

登場人物:山内和彦、山内さゆり、小泉純一郎、川口順子、石原伸晃、萩原健司、橋本聖子 ほか

ドキュメンタリー|120分|カラー|日本/アメリカ|デジタル上映(16:9/ステレオ)
 | 
07.06.14更新 | レビュー  >  映画