ミストレスランド 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
WEBスナイアーカイブスセレクション  特選AVレビュー『おぼこ娘に手を出す前の覚悟と昂ぶり(バルタン)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【6】矢と愛
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第5講 浣腸器製作法【1】
イキたい盛りのボディが痙攣エビ反りトルネード!『チャレンジ!タイマー電マ あや』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 山本美和子』(デカ拳)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【6】『人妻を輪姦す8つの方法』 著者=葵ヒトリ (一水社)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『再婚相手の連れ子』(思春期.com)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【8】どうか笑わないで
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『スペルマ妖精20 美女の精飲 川崎亜里沙』(S.P.C)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【6】
リアルな「エロ拷問」で連続マジイキする敏感度MAXボディ『チャレンジ!タイマー電マ まい りこ いぶ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【5】飛田新地
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ネトカノ-柊るい-』(TMA)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第4講 尻穴覗き製作の極意【3】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『食べられる女 養女・宮原愛子 星奈あい』(FAプロ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【5】「さくらだくん」著者=れゐぢ(『アクションピザッツスペシャル 2012年12月号』/双葉社 所収)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『ひとつ屋根の下...目があうとサルのように無言で求め始める性欲悪魔な姉と弟の不埒な日常。枢木あおい』(クリスタル映像)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【7】ひろげてくれない太腿
ベロが口から飛び出して白目剥いちゃってガチンコ感情崩壊『チャレンジ!タイマー電マ くるみ うい さな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ヒロイン討伐Vol.81 ~カイザーイエロー 打ち砕かれたプライド~』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
腸内環境を自力で整える方法(大洋図書)
giri giri SP Vol.10(大洋図書)
よろめきSP Vol.18(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2021年3月号(大洋図書)
君の隣で眠る理由(大洋図書)
千夜に咲え(大洋図書)
いろいろつれづれ(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年3月号(大洋図書)
花と蜜SP Vol.17(ワイレア出版)
28日間で「上品な大人の女性」に生まれ変われる(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C) 2010Atom Cinema/greenskyfilms/All rights reserved

WEB SNIPER Cinema Review!!
魔法と美しさを秘めた台北、愛と夢を求める人々の物語――
パリへ去った恋人フェイに会いたい――台北に残された青年カイは渡航費を稼ぐために謎の小包を運ぶ怪しい仕事を引き受けるが、そこに追跡者の影が……。親友のカオ、カイに恋する書店員スージーを巻き込みながら、一夜の不思議な冒険が始まる! ヴィム・ヴェンダース製作総指揮。エドワード・ヤンを師事した新世代の作家が台北を新たな視点で描いた意欲作!!

新宿武蔵野館他にて公開中
 | 
(C) 2010Atom Cinema/greenskyfilms/All rights reserved

あの『ヤンヤン 夏の想い出』『クーリンチェ少年殺人事件』のエドワード・ヤンに師事し、その才能に惚れ込んだヴィム・ヴェンダースが製作総指揮を買って出たという新人監督が台湾から登場!とくれば心配なのは上映時間だが(なにしろ『ヤンヤン 夏の想い出』は3時間、『クーリンチェ少年殺人事件』にいたっては4時間!ヴィム・ヴェンダースといえば観る者を眠りに誘う超ロングショットで3時間を越える『さすらい』がある)もしかして両監督の想いを足して7時間くらいの超大作なのでは……と思いきや、上映時間は85分。ヴェンダースというよりむしろウディ・アレンがプロデュースしたかのような、テンポよくシーンが切り替わって進む、軽快な、そして驚くほど上品な映画だった。

舞台は台北。レコードに針を載せる音と共に始まる本作は、ギターのカッティングとバイオリンのストリングスにのって、犯罪さえも軽快にほんわかと進んでいく。台北というのは行ったことないが、東京みたいだなと思う。東京の町の中に中国の屋台がある、それが台北だろうか?

(C) 2010Atom Cinema/greenskyfilms/All rights reserved

ストーリーは、主人公カイの恋人がパリに留学に行ってしまう所から始まる。ある日ついに国際電話で別れを告げられてしまったカイは、いてもたってもいられなくなり、フランス行きを決意。日頃から「困った時は俺を頼れ」と言っていた怪しい不動産屋、パオに相談する。快く旅費をカンパしてくれるパオだったが、一つ条件があると言う。それはある包みを運んで欲しいというものだった。
そこから翌朝にパリ行きを控え、ギャング団、刑事のコンビ、カイに密かに想いを寄せる女の子などが、包みを巡って右往左往する一晩の物語が始まる。

本作には、エドワード・ヤン作品で観ていた顔がいくつか出ていて、中でももう1人の主人公とも言えるギャングのリーダーは『クーリンチェ〜』『カップルズ』に出ていた、クー・ユールンだ。このリーダーがまたいい味出していて、いつも無表情なとぼけた顔のまま、嘘ばっかついて、隙あらば人を出し抜こうとしては失敗している。「俺に落とせない女はいない」とか言っていつも革ジャンを着ている刑事といい、なにしろこの映画に出て来る男はバカばっかなのが素晴らしい。

(C) 2010Atom Cinema/greenskyfilms/All rights reserved

登場人物のキャラの立ち方はなんとも日本映画っぽくて「お、これは日本だったら岸部一徳……」という感じで、新しい人が出て来るたびに誰かしらを連想してしまう。中でもカイに密かに想いを寄せてる書店員(アンバー・クオ)、これは絶対蒼井優ちゃんを意識してるだろう!と言うと、アンバー・クオファンに怒られるだろうか。
ただ監督がこの映画を撮る時に意識していたのは、ヌーベルヴァーグだそうで、確かに本作には、恋、犯罪、ダンス、とヌーヴェルヴァーグ的要素の全てが揃っている。同時にこの映画が独特なのは、全編に善良さが漂っているところ、その上品さだ。これは『ヤンヤン 夏の想い出』を観て映画の道を志したアーヴィン・チェン監督の品のよさから来ているのか、それとも台北がそうさせているのか……。
この善良さは最後、なんとも奇妙な中年ダンス(台湾では公園で太極拳よろしく中年の男女がラインダンスみたいのを踊ってる)で劇中の現実を越えて全体を包み込む。映画の歴史に立ち返るようなこのシーンは、古き良きアメリカ映画(たとえばMGMミュージカル)の後にやって来た、フランス映画(ヌーヴェルバーグ)の後にやって来た、00年代の数々の名作(たとえばフランソワ・オゾン)を踏まえた監督の演出的冒険だ。このシーンでこの映画はただ上品なだけじゃない、素晴らしいものになっている。台湾に対する愛にも裏打ちされていて「ああいいもん観たなあ!」と心底感動するし、それからその直前の女の子への演出なんかもかなりグッと来た。

(C) 2010Atom Cinema/greenskyfilms/All rights reserved

ところであの、怪しいおっさんの不動産屋の看板に書いてあった「真心、用心、真用心」というキャッチコピーは何なのだろう。意味が微妙に不明な上にテンポがよくて頭から離れない。台湾では実際よくあるコピーなのか、いつか台湾に行った時に同じ文句を見つけたらかなり興奮しそうだ。と、いつのまにか主人公と同じように、こちらの中にも台北という街が入り込んでいる。それこそが監督の狙いだそうで、街への愛、それこそがヌーヴェルヴァーグの本質だったのだ。

文=ターHELL穴トミヤ

『台北の朝、僕は恋をする』
新宿武蔵野館他にて公開中
(C) 2010Atom Cinema/greenskyfilms/All rights reserved
監督・脚本= アーヴィン・チェン
製作総指揮= ヴィム・ヴェンダース / メイリーン・チュウ
撮影監督= マイケル・フィモナリ
出演= ジャック・ヤオ、アンバー・クォ、ジョセフ・チャン、トニー・ヤン、クー・ユールン、カオ・リンフェン、ポール・チャン

配給=アミューズソフト ショウゲート



2009|台湾・アメリカ|1:1.85 ビスタサイズ|85分|北京語・台湾語|ドルビー5.1

関連リンク

映画『台北の朝、僕は恋をする』公式サイト

関連記事

甘詰留太原作の人気コミックを実写化 映画『ナナとカオル』公開!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊 ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。 http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |