worldcryptobinary 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
インターネットを利用するすべての人に
1999年。身に覚えのない事件の殺人犯だと、ネット上で書き込まれ、デマが広まった。それからずっと誹謗中傷を受け続けた。顔の見えない中傷犯たち、そして警察、検察...すべてと戦った10年間の記録。ネット中傷被害に遭った場合の対策マニュアルも収録。
 | 
お笑い芸人のスマイリーキクチが、ネット上で、とある殺人事件の共犯者に仕立て上げられ、事実無根を表明したにも関わらず、誹謗中傷の書き込みを続けた人間が一斉検挙された事件は、記憶に新しい。

ネットでの悪質な書き込みが摘発の対象となったのは、ここ2年ぐらいのことで、それまではネットに書き込む程度のことで捕まるなど誰も予想していないことだった。ゆえにスマイリーキクチの誹謗中傷における被害も、事件そのものより、ネットの書き込みで立件できたというほうが注目を浴びる出来事だった。

しかし本書を読むと、この一連の誹謗中傷における被害がただ事でないことに気づく。被害は10年という長期にわたるもので、立件までの道のりは実に険しいものであるからだ。

「あなたが犯人だなんて誰も信じてませんよ」
ハイテク犯罪対策総合センター、生活安全課、警視庁......。ほとんどの場所で真剣に取り合ってもらえず、藁をも掴む思いで向かった、ネット被害者を救うボランティア団体にすら門前払いを受けている。書き込みされたサイトへの削除依頼はことごとく拒否され、加害者を特定する手段はなく、民事訴訟も難しい。自身のブログのコメントを承認制にすれば叩かれ、ブログを休止すれば怪しまれる。全てが裏目に出る形で誹謗中傷だけが過激化していく。

一方でネットの住人は、叩いて憂さ晴らしする瞬間を待ち受けている。ターゲットは誰でもいいが犯罪者であれば好都合だ。罪悪感が正義感にすり替わり、心置きなくターゲットを虐めつくすことができる。彼らにとって、事実無根は不都合であり、ストレス解消の格好の道具として、スマイリーキクチは犯罪者でなければならなかったのだ。

「犯人じゃない証拠? 証拠なんてどうやって出すのか?」
ターゲットにされた人間は逃げることが出来ない。それがネットの怖さである。

本書では「A」と書かれた元警視庁刑事の肩書きを持つ著名人が、自身の著書の中で「犯人の一人は出所後、お笑いコンビを組み、芸能界デビューしたという」と書いたことで、スマイリーキクチが犯人であることの信憑性は一気に増した。

名前が書かれていなくても、ネット上の騒ぎを知っていれば、誰でもスマイリーキクチと結びつけることが可能だ。ネット上での一人歩きは、思わぬ形でリアルな世界へと転化され、白いものも黒とされる。

放っておけばエスカレートし、対処しようとすれば火に油を注ぐ。顔も名前も分からない、悪意だけを剥き出しにした人間たちに集団で襲われたらどうすればよいのか。

おそらく今この瞬間にも、インターネットによる被害を受けている人は、何百人、何万人といるだろう。かくいう私も、ホームページの掲示板を炎上させられた経験がある。彼らは道徳やモラルを振りかざし、会った事もない私を執拗になじるが、その本意は正義感から来るものではなく、叩くこと自体が目的であることは明らかだった。

ネットはもはや「自由な発言の場」という名の無法地帯になりつつある。このまま放っておけば、ネットの治安はどんどん悪くなるだろう。判例が出来た現在でも、悪質な書き込みを立件するのは容易ではない。しかし、スマイリーキクチの栄光により、一歩前進したことは間違いない。

本書はスマイリーキクチが被害を受け始めてから、立件に至るまでの過程を細かく記しているほか、特別付録として「ネット中傷被害に遭った場合の対処マニュアル」を具体的に掲載している。警察の対応から、誹謗中傷の書き込みに依存する加害者の姿、インターネットをやる人間とやらない人間との間にある大きな隔たりなど、様々な方向から、ネットにおける中傷被害と、その対処法を見ることができるだろう。

また、これだけの被害を受けていても、スマイリーキクチはインターネットそのものを否定するようなことはしていない。ネットでたくさんの人に励まされ、ネットの情報に感謝し、さらに最終的に行動を起こしてくれた担当警部補が、自らパソコンオタクであったからこそ救われたと強調している。

本書は、お笑い芸人が書いたタレント本などでは一切ない。あるネット被害者が体験した、10年にわたる戦いの記録であり、ネットを正しく使い、ネット被害から身を守るためのバイブルである。

文=東京ゆい

『突然、僕は殺人犯にされた〜ネット中傷被害を受けた10年間

著者=スマイリーキクチ

価格:1365円
ISBN:9784812445044
発売:2010年03月22日
出版社:竹書房

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

『狂人失格(太田出版)』著者=中村うさぎ

tokyo_yui.jpg
東京ゆい 他人の人生を覗き見するのが趣味。聞き役なら、愚痴、ぼやき、自慢話、何でもこい。サブカル系と思われることが多いが、実際はサブカルをほとんど知らない。休日は動物と触れ合っていることが多い。
 | 
11.05.08更新 | レビュー  > 
文=東京ゆい |