女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
kanikousen.jpg web sniper's book review
「ワーキングプア」の真実がここに!!

『蟹工船 1巻(新潮社)

漫画=原恵一郎
原作=小林多喜二


文=さやわか


新潮文庫累計150万部突破、戦前の過酷な労働者たちの姿を、遂にバンチが緊急漫画化!!
 | 

小林多喜二の『蟹工船』がコミックになった。たしかに、原作の小説が売れているというのは話題になっている。コミック版のオビによると「160万部突破!」とのことである。その前に小さく小さく「累計」と書いてある。何から数えて「累計」なのだろうか。調べてみたら「104刷138万部」とのことで、どうやら新潮文庫での初版から数えた数字のようである。しかしそうだとしたら、別に広告に偽りがあるとは言わないが、この本が今年の上半期だけで40万部売ったという事実を安く見積もらせるものになっているのではないか。派手な数字を躍らせたのと引き替えにして、この本がたった今売れる要素を備えているということを見失わせる、あまり質がいいとは言えない広告である。

もっともここで、この本はロスジェネとか格差社会がどうしたというような現代の労働問題に照らし合わせて読む価値があるのだというような話をする気は全くない。どちらかというとこのように政治的なテーマを持たされた小説が急にヒット作となり消費材化しその流れでコミック化されるという事態のキッチュさが面白いと思う。ようするに労働問題なんてほとんど興味がなくたって楽しめるように今この物語は流通しているのであるから、ならば読者も物語の思想的な部分に一切こだわらず、ただ楽しんで読んでしまうということができるのである。本に対するそのような態度が悪趣味なものかどうか分からないが、まあそうだとしても初版からの累計部数をオビに書くセンスと大差ないのではないかと思う。

さて、読み始めてみるとこの物語は、前半部分が『ナニワ金融道』(講談社/1990年)あるいは『闇金ウシジマくん』(小学館/2004年)のような「職業・お金モノ漫画」として読むことができる。社会には悪質な労働の実態がある、しかしそこで人々は虐げられながら頑張っている、というわけである。これはこれで面白く読める。ところがこの物語は今どきの職業・お金モノ漫画ではあり得ない面白い展開を見せる。まず労働の現実が一通り語られてすぐに、ロシア人が出てきて「お前達はプロレタリアートだ、金持ちを打倒すべきだ」という直球の政治的メッセージを語るのだ。ほとんど宗教の勧誘パンフ並みの乱暴さであって、ほとんどあっけにとられる。しかしこの物語が巧みなのはここで、主人公達は「これが『赤化』だ―――これで――この手で露西亜が日本をマンマと騙すんだ!!」と言って、労働運動をいったん否定するのだ。そして、その後も続く劣悪な労働環境に耐えかねたあげく「俺ァこれが本当だと思う」と言ってストライキに立ち上がるのだ。つまりロシア人から言われるがまま与えられるがままの思想ではなく、あくまで労働者達の自発的な行為として運動は発露するのだという運びになっている。このプロットはなかなかうまい。

しかし、このような巧みな流れで持ち出される政治的メッセージが今ひとつ胸に応えないのもまた事実ではある。なぜだろうか。この物語は「力を合わせる」「何があろうと仲間を裏切らない」「俺たちは一つなんだ」という具合に、最終的にはやけに強固な団結が必要だということを主張してくる。読者は蟹工船における労働者の問題に共感したり、ひょっとしたら自分の労働の現実に置き換えて理解することができる。職業・お金モノ漫画というのはそういうものであり、また原作の小説もその一種として売れているのではないかと思われる。しかし、だからといってその問題への処方箋として提出される「団結」もまた現代の読者にマッチするかといったらそうではない。今の読者に、この物語が奨励するような強固すぎる団結を求めるのは重すぎる。そのような団結はむしろ自由の制限、画一化の強制と見なされてしまう。現在の我々の社会は個人とその自由を認めるように発達しているし、またあらゆる人間の考え方を調停した団結などありえないということがもはや明らかになっているのだ。我々はもはやユートピアを夢想してそのくびきを逃れることはできない。そのような考え方を強いているのは資本主義や自由主義などという現行体制だからそれを打倒すればいいと安易に考えられる人は今や幸せではある。

文=さやわか


『蟹工船 1巻(新潮社)

漫画=原恵一郎
原作=小林多喜二
ISBN:978-4-10-603062-8
価格:620円
発売日:2008年11月21日
発行:新潮社

出版社サイトにて詳細を確認する>>


関連記事

たとえそれがウソでもホントでも、神様を名のるやつなんてみんな、絶対どこか変わってる――。
『かんなぎ/ 1(一迅社)』 著者=武梨えり

私だって『青春』したい!! 神大寺サキ、高校では仮面かぶります!
『青春パンチ(上) (集英社)』 著者=小藤 まつ

叙情マンガ家・今日マチ子、待望の処女作
『センネン画報(太田出版)』 著者=今日マチ子

ちょっと変わったエッセイ漫画家の偏執的な不安
『生活 / 1(青林工藝舎)』 著者=福満しげゆき

一話完結形式で次々現れる制服美少女たち
『世界制服 / 1(小学館)』 著者=榎本ナリコ

豊穣な想像力とエモーショナルな描写
『大金星(講談社)』 著者=黒田硫黄

平坦な戦場で僕らが生き延びること
『リバーズ・エッジ 愛蔵版(宝島社)』 著者=岡崎京子

なぜこんなにも息苦しいのか?
『不可能性の時代(岩波書店)』著者=大澤真幸

いまの日本は近代か、それともポストモダンか?
『リアルのゆくえ おたく/オタクはどう生きるか(講談社)』著者=大塚英志/東浩紀

一生かかっても見られない世界へ。
『漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点 (1)(ピアノ・ファイア・パブリッシング)』著者=泉 信行/イズミ ノウユキ

あゆ/郊外/ケータイ依存
『ケータイ小説的。“再ヤンキー化”時代の少女たち(原書房)』 著者=速水健朗

NYLON100%“伝説”の全貌を探る
『NYLON100% 80年代渋谷発ポップ・カルチャーの源流』 著者=ばるぼら 監修=100%Project

時代を切り拓くサブ・カルチャー批評
『ゼロ年代の想像力』 著者=宇野常寛 【前編】>>>【後編】


sayawaka_prof.jpg さやわか ライター/編集。『ユリイカ』(青土社)、『Quick Japan』(太田出版)等に寄稿。10月発売の『パンドラ Vol.2』(講談社BOX)に「東浩紀のゼロアカ道場」のレポート記事を掲載予定。

「Hang Reviewers High」
http://someru.blog74.fc2.com/

 | 
08.12.07更新 | レビュー  >