ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
ちょっと変わったエッセイ漫画家の偏執的な不安

『生活 / 1(青林工藝舎)

著者=福満しげゆき


文=さやわか


ちょっと、戦いが始まる!! 福満しげゆき初の長編ストーリーマンガ。
 | 

福満しげゆきは『モーニング』で連載中の『僕の小規模な生活』によって「ちょっと変わったエッセイ漫画家」としてすっかり一般に認知されたように見える。彼の漫画の「ちょっと変わった」部分とはもちろん、日常に対する、あるいはエッセイ漫画を描くという行為自体に対するほとんど偏執的と言ってもいいような不安の持ちようである。それは今やメジャー誌においてすら彼のエッセイ漫画を魅力的なものとして輝かせているが、しかし、この作家が持つ生に対する圧倒的な強迫観念がエッセイ漫画においてしか読者に楽しまれないのはもったいないことだ。彼自身も執筆意欲をよく見せている『生活』のようなストーリー漫画も、ぜひ多くの読者に読んでいただいて、この人は本当にちょっと変わった、どっかおかしい漫画家なのだ(ホメ言葉)ということをご理解いただきたいと思う。

非常に自己中心的で衝動的な理由で行なわれる暴力。自分からすれば不条理な理由で襲われる不安。『生活』という作品を貫いているのはそれである。作中には刃物を持って街を徘徊する頭がアレな人や、キレて他人を殴ったりするヤンキーなどがよく目立つ描かれ方をして登場するが、彼らが怖いのは「何を考えているか分からない」からである。街を見回してみれば「何を考えているのか分からない」人たちだらけであり、究極的には誰の考えていることも分からない。我々が生活を行なっているのはそういう場所なのだ。

しかし実際に『生活』の物語はこうである。コンビニ店員としてフリーターを続ける主人公が、ふとしたきっかけで地元の性犯罪者や凶悪な若者などを暴力によって「せいばい」する仕置き集団のようなことをはじめる。しかし活動が拡大して市内全域をパトロールする自警団のようになってからは組織のやり方に疑問を覚えてドロップアウトし、今度は目に余る暴力で市内を牛耳るようになった自警団に対して対立姿勢を示し、逆に彼らを襲い始めるところで第一巻は終わっている。

筋書きだけを見れば、主人公たちの仕置き活動や自警団の発足、あるいは古巣の変質に対する反逆というのは、すべて社会的義侠心とか正義感に基づいて、「何を考えているのか分からない」人たちから身を守ろうとして行動しているようにも思える。しかし実際に読んでみると主人公たちの行動の根拠は希薄で、ほとんど思いつきによって暴力行為に及んだり組織を拡大している。それどころか彼らは、ちょっと好きだった組織内の女の子を別のメンバーに奪われたからというどうしようもない理由で組織を辞めたり、辞めた後で見た組織の活躍に嫉妬心を抱いて逆襲を企てたりする。

「何を考えているか分からない」のは自分も一緒なのだ。暴力事件を起こしたり性犯罪者だったりするのはテレビのニュースに登場する人物だけでなく、一歩間違えば自分がそうであったかもしれない。実際、自分たちは明確な正義などなく、大義名分もなく暴力に身を投じていて、自分の行動の理由がよく分からない。よく分からないということも分からないまま、ただ暴力だけを連鎖させていってしまう。たしかに犯罪者は何を考えているのか分からないが、しかし自分も犯罪者と同じかもしれない、むしろそれそのものであるという不安。この作品にあるのは、そういう他者と自分の両方に対する脅迫症的な不安である。

『僕の小規模な生活』などのエッセイ漫画においては、その不安は作者のみが受け入れていればよかった。現実をベースにしたエッセイ漫画という形式であるがゆえに、かえって読者は作者を自分とは違う人物、つまりは神経症的に心配性な人物、そういうキャラクターなのだと安易に理解して、安心して作品を楽しむことができた。だが『生活』では作者はその不安を読者に預けようとする。読者はその漠とした巨大な不安を自らに受け入れなければならない。他者と自分が共に、得体の知れない、制御できない暴力性を持ってこの世界で生活しているという不気味さ。この作品は、福満しげゆきが本質的に持つそのような狂気の根源に触れさせてくれるものなのだ。

文=さやわか


『生活 / 1(青林工藝舎)
seikatsu_s.jpg

著者=福満しげゆき
ISBN:978-4-88379-256-6
価格:1050円
発売日:2008年1月
発行:青林工藝舎

出版社サイトにて詳細を確認する>>


関連記事

一話完結形式で次々現れる制服美少女たち
『世界制服 / 1(小学館)』 著者=榎本ナリコ

豊穣な想像力とエモーショナルな描写
『大金星(講談社)』 著者=黒田硫黄

平坦な戦場で僕らが生き延びること
『リバーズ・エッジ 愛蔵版(宝島社)』 著者=岡崎京子

なぜこんなにも息苦しいのか?
『不可能性の時代(岩波書店)』著者=大澤真幸

いまの日本は近代か、それともポストモダンか?
『リアルのゆくえ おたく/オタクはどう生きるか(講談社)』著者=大塚英志/東浩紀

一生かかっても見られない世界へ。
『漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点 (1)(ピアノ・ファイア・パブリッシング)』著者=泉 信行/イズミ ノウユキ

あゆ/郊外/ケータイ依存
『ケータイ小説的。“再ヤンキー化”時代の少女たち(原書房)』 著者=速水健朗

NYLON100%“伝説”の全貌を探る
『NYLON100% 80年代渋谷発ポップ・カルチャーの源流』 著者=ばるぼら 監修=100%Project

時代を切り拓くサブ・カルチャー批評
『ゼロ年代の想像力』 著者=宇野常寛 【前編】>>>【後編】


sayawaka_prof.jpg さやわか ライター/編集。『ユリイカ』(青土社)、『Quick Japan』(太田出版)等に寄稿。10月発売の『パンドラ Vol.2』(講談社BOX)に「東浩紀のゼロアカ道場」のレポート記事を掲載予定。

「Hang Reviewers High」
http://someru.blog74.fc2.com/

 | 
08.10.26更新 | レビュー  >