ミストレスランド 2 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's book review
膨大な作品群から監督自らがセレクトした35本を詳細解説
3年連続入選を果たした「ぴあフィルムフェスティバル」時代、コアなAVファンを狂喜させたAV時代、『由美香』をはじめとする自転車三部作、そして『監督失格』まで――。平野勝之氏の軌跡を「映像作家」という視点から捉えた1冊。
 | 
サブタイトルは「映画監督・平野勝之の軌跡」である。AV監督としての平野勝之の本ではなく、あくまでも映像作家として平野勝之をとらえ、彼の作品の背景を追った本である。

平野勝之と言えば、2011年に劇場公開されて話題を呼んだ『監督失格』、あるいはその前編とも言える1997年公開の『由美香』を真っ先に頭に浮かべる人も多いだろう。というか、そちらしか見ていない人のほうが多いのかもしれない。
しかし本書で触れられている大量の作品のほとんどがAVであり、筆者の認識もAV監督・平野勝之だ。
彼が1992年に撮った『水戸拷悶』は衝撃的だった。そのアナーキーな作風はAV業界にも衝撃を与え、当時はバクシーシ山下、カンパニー松尾、ゴールドマンといった監督と共にAVの新しい旗手として注目された。
以降も数々の異色作を発表。そのずば抜けた才能は高橋源一郎、庵野秀明といった他業界の鬼才からも注目された。
しかし、80年代の平野勝之はぴあフィルムフェスティバルで3年連続入選を果たすという自主映画界の風雲児であり、そして現在は『旅用自転車ランドナー読本』(山と渓谷社)などの著作も書く自転車ライターでもある。

そんな彼の軌跡をあえて「映像作家」という視点から、映画評論家である柳下毅一郎がとらえたのが本書なのだ。
メインとなるコンテンツは、高校生時代に8ミリカメラを手にして自主映画を撮り始める1982年から2011年の『監督失格』に至るまでの代表作について、柳下毅一郎が平野勝之に聞くロングインタビューだ。ネタバラシ的な要素も多分に含みつつ、どうしてあんな作品が生まれたのかが詳細に語られる。ここでは自主映画も、AVも、そして劇場公開された映画も、全て並列に扱われている。そしてそれらが全て密接につながっていることが、明かされていく。
ぴあフィルムフェスティバルで入選した『狂った触覚』(1984年)で自転車で走りながら夜景を撮るシーンは、『監督失格』のラストシーンにつながる。同じく二回目の入選作である『砂山銀座』(1985年)での、道路の真ん中で迫り来る自動車にカメラを向け続けるスリリングな映像は、その後の無謀なドキュメンタリー志向へとつながる。
ヒッチコックやペキンパーなどの映画を分析して意識的に手法を取り入れていることも、ここで語られている。前述の同期の監督たちが映画には距離をおいているのに比べると、やはり平野勝之は映画の人間なのだなと再認識させられる。
そして平野勝之の「作品」を作る強い信念は言葉の端々から伝わってくる。全ては「作品」のために。
平野自身による序文「図工以外全滅人生」では「実は『作家』という意識もない」と語られる。作りたくて作品を作っているのではなく、作ることしかできないから、作っているのだと。
「レベルの高いものさえ作っていれば、道は開けると、今でも信じている」
それが、平野の強さだ。いや、本来はそうした信念のない人間が創作をしてはいけないのかもしれない。

本書には平野勝之へのインタビュー以外にも、関係者による文章や座談会が収録されている。特に、林由美香や小室友里、そして元妻である平野ハニーなどの彼をめぐる女性たちの言葉は興味深い。
そして何よりも面白く感じられるのは、90年代のAV業界の異様なまでのおおらかさだ。「あ、カラミ入れるの忘れた」「(美人キャスターが台風の中でレポートするシーンは)5秒もあればいいから。そうしたらパッケージもウソじゃなくなる」といういい加減さ。だからこそ平野勝之のような才能を受け入れることが出来たのだ。
だからといって今のAVが間違っていると言う気はない。むしろ90年代のほうがおかしかったのだ。
しかし、平野勝之のようなスタイルの作品を代わりに受け入れる場が存在しないという状況だけは、なんとかならないものだろうか。

文=安田理央

『「監督失格」まで: 映画監督・平野勝之の軌跡』(ポット出版)

著者=平野勝之・柳下毅一郎
価格:2,800円 + 税 (この商品は非再販商品です)
ISBN-13: 978-4780801989
発売:2013年4月16日
出版社:ポット出版

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

BOOKレビュー『お尻でエッチしたいの ~実践から学ぶアナルセックス入門~』(三和出版) 著者=りえ坊

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
13.04.28更新 | レビュー  > 
文=安田理央 |