本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
ベストセラー『キャラクター小説の作り方』『物語の体操』姉妹編!!

『ストーリーメーカー 創作のための物語論
(アスキー・メディアワークス)



文=井上文



5つの理論で物語の構造を学び、30のQ&Aに答えていけば、誰でも物語が作れる。クリエイター志望者必読のオリジナルストーリー制作マニュアル決定版!
 | 

神話や民話の構造分析から導き出された物語論を概観し、30の質問に回答していくことで物語のプロットを作成する(紹介文より)――本書の半分以上を占める第一部では『昔話の形態学』(ウラジミール・プロップ)、『千の顔をもつ英雄』(ジョゼフ・キャンベル)、『神話の法則』(クリストファー・ホグラー)、『英雄誕生の神話』(オットー・ランク)など有名な物語論の著作がポイントを押さえた形で解説されます。

まずこれが、それらの著作を読んだことのない人にとって目から鱗が落ちる発見になるはずです。神話や民話と対応させる形で『スター・ウォーズ』や『崖の下のポニョ』など、より親しみのある作品が分析されていることで実感が得られ、退屈もしません。構造だけを取り出して眺め直すことは、これまで無意識にノセられていた仕掛けの存在とその仕組みを知ることになり、(紹介されているのは創作に使えそうな部分だけとのことですがそれでも)物語論自体の価値や面白さを楽しみながら学べます。そしてこの結果、実践編とでもいうべき第二部の作業(質問に答えて自分のプロットを作る)が虚しくならないようになっています。

この本を読む過程で、物語をシステムとしてのみ解釈することに対して抵抗を覚える人は少なくないと思います。著者の大塚氏も書いているように、物語が機械のように作られ得るという考え方は、「固有性」や「私」の不在を想像させるからです。事実、この本の第二部は「あなたが漠然と抱えているストーリーの種のようなものや、あなた自身が自覚していない形であなたの内にあるものを(第一部で示された)『物語の構造』に強制的にはめ込んで出力する」という、身も蓋もないようにも思える作業のマニュアルです。物語ることで自己実現を図りたいという人の多くは、物語というものが誰にでも半ば自動的に作れてしまうようなものであってはたぶん嫌なんじゃないでしょうか?

この本は、物語にまつわるそうした価値観をやんわりと説得して、そうではない物語の有り様を読者に受け入れさせようとします。この点で(大塚氏はこの本をハウツー本として「使っていただきたい」と強く書いていますが)、挑発的なくらいに実用性の高さがある分だけ、読み物としてもスリリングです。また、実は決して書き手のオリジナリティを否定しているのではないところに、物語論について一層考えさせられる面白さがあります。「構造の中で語る不自由さが逆に『私』に根差した物語を生み出す」というのが大塚氏の考えです。

この本は大学教授である大塚氏が授業で使うレジュメを元に書かれていて、第二部の実践編では、ある女子学生が授業の中で提出した「回答」が例として取り上げられています。その学生が30の質問に答えながら模索している物語は、思春期の少女が母親との関係に悩みながらやがて理想の母親像を捨てて大人になるという、「私」の不在どころか彼女個人の興味が色濃く窺える問題がテーマとして据えられています。読者は彼女と一緒に悩みながら、同時に自分自身の物語を詰めていくことで、「『構造』は容器にすぎない」こと、「そこに補填される個別の物語によって時に『構造』は歪み、変形し異質のものに変わりさえ」するという大塚氏の考えを自ら証明していくことになります。その体験はちょっとした知的冒険であり、このハウツー本を通じて「物語論的に物語る」ことを納得していく経験は、それ自体が一つの物語の読後感をもたらしているかのようでもあると思います。

姉妹編とも言える大塚氏の創作論『物語の体操』(朝日新聞社刊)と『キャラクターメーカー』(アスキーメディアワークス刊)も大学の講義用レジュメを元にして書かれているとのこと。わずか数百円で自宅にいながら受けられる面白い講義だと考えると、しみじみとお得感があります。誰もがインターネットで気軽に文章を発表できる今、書くと言うことについて学ぶ機会はライターや作家にとってだけ重要なものではありません。また、構造というものは学ぶことで知り得るものです。この機会にその一端を勉強しておくことは、あなたが今後何を書いていくにせよ邪魔になるものではないはずです。参考書としても、一つの読書体験としても有意義な一冊だと感じました。

文=井上文


『ストーリーメーカー - 創作のための物語論 - (アスキー・メディアワークス)


著者:大塚英志
定価:790円 (本体752円)
発売日:2008/10/10
形態:新書 (256ページ)
ISBN:978-4-04-867415-7
発行:アスキー・メディアワークス

出版社サイトで作品の詳細を確認・購入する>>>こちら


関連記事

Striptease de Japan 『SdJ 4(Round Stage)』 編集人=樫間慎一


inouebun.jpg

井上文 1971年生まれ。SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。発明団体『BENRI編集室』顧問。

 | 
08.12.19更新 | レビュー  >