女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
小田ひで次の最高傑作、上下巻同時発売!

『拡散 上・下(エンターブレイン)

著者=小田ひで次


文=さやわか



孤独な少年・東部克彦は、自らを繋ぎとめておくことが出来ず、世界中に“拡散”する現象に翻弄されている。幼馴染みの瀬下あざみは克彦を必死にとどめようとするが……。アフタヌーン誌に年に1話ずつ掲載され、6年かけて完結した傑作が、ここに復活!
 | 

小田ひで次は寡作だ。それはそうだろう。あれだけの入念な描き込みがなされる絵柄と深遠さを湛えた物語は、月刊連載レベルで描き続けることのできるものではないように思う。少なくとも、生き馬の目を抜く勢いの週刊・月刊誌によく見られるようなものではないだろう。しかし出世作となった『拡散』が掲載された頃の『アフタヌーン』(小学館)誌は、このようなイレギュラーな作家や作品を大切に掲載し続けるような雑誌だった。まあ別に今の同誌からその姿勢が失われていると言いたいわけではさらさらないが、しかしこの雑誌はわずか7話のこの物語を6年を費やして完結させることを許している。それが採算の取れることであるかということを読者は考える必要がないから、この希有な姿勢を素直に賞賛しておくべきだろう。

ともあれ『拡散』がメジャー誌にはあまり見られない作風であることは疑う余地のないところだ。世界に生きがたさを感じた少年が身体を保つことができなくなり、霧のようになって拡散し世界中に遍在してしまうという物語自体が、哲学的と言ってもいいような観念的で内省的な雰囲気を持ったものになっている。しかし今回復刊したこの作品を読み直してみると、この主題はストレートな成長物語そのものとして読むことができるという印象の方が強かった。しかも、世界の理不尽さに耐えることができない少年が死を選ぶことも生に立ち向かうこともせず拡散し10年間も放浪してしまう様は、ドラマを描くことに逡巡しながら6年間苦闘した漫画家の姿にぴったり重なるものだ。だから最後に訪れるドラマティックな帰結は主人公のものであると同時に、作家がそれを描けた、物語を掴むことができたというゴールとしてあるものだ。もっとも、作者があとがきで述べているように、それはこれまでの自分を清算してしまうことであり、その先で作品を作っていけるかどうかという新たな課題を生み出すものではあったが、デビュー当時の前衛的な作風の漫画家がどのようにして物語を捕らえていくかという課程として、この物語はとても美しい。

しかし小田ひで次はいつもそうだが、アウトサイダーのセンシティブさを描きつつも、同時にその人の「ダメさ」を描き切っている。『拡散』における少年も見方を変えれば再三さまざまな少女達に生に立ち向かうべきだと追い立てられ、ぐずぐずし、ただダラダラと何となしに状況に流されていっていると言っていいのである。小田ひで次は決してそのことを隠そうとしない。彼はダメ男を描くのがうまいのだ。彼の描き方はドロップアウトしてしまう人を単にセンシティブなものとして描くよりもずっと真に迫っている。人間が生きることに迷ったり、生きる希望を得たりする姿は、別段きれいなものである必要はない。世の中が汚いと言う若者は、別に彼自身が美しいからそう思うわけではないのである。小田ひで次は絵柄や観念的な台詞の多さから、どこかファンタジックで清廉な作風であるようにも思われがちなように思う。実際、昨年『ミヨリの森』(秋田書店・2003年)がアニメ化されたのもそのような作風が求められてのことなのかもしれない。しかし彼の作品にはむしろ人間の内面を清濁合わせて正しく描こうという意志があるし、またそれは見事に成功しているのだ。だから読者にはどうか『拡散』を、ただの観念的で哲学的な、高尚さを求めた作品だと思って欲しくないものである。この作品は、ボンヤリした若者がダラダラと生きることに迷う姿を正しく描いているのだから。

文=さやわか


『拡散 上(エンターブレイン)

著者=小田ひで次
ISBN:978475774528
価格:798円(税込)
発売日:2008年11月28日
出版:エンターブレイン


出版社サイトにて詳細を確認する>>
『拡散 下(エンターブレイン)

著者=小田ひで次
ISBN:9784757745292
価格:798円(税込)
発売日:2008年11月28日
出版:エンターブレイン


出版社サイトにて詳細を確認する>>


関連記事

「ワーキングプア」の真実がここに!!
『蟹工船 1巻(新潮社)』漫画=原恵一郎 原作=小林多喜二

たとえそれがウソでもホントでも、神様を名のるやつなんてみんな、絶対どこか変わってる――。
『かんなぎ/ 1(一迅社)』 著者=武梨えり

私だって『青春』したい!! 神大寺サキ、高校では仮面かぶります!
『青春パンチ(上) (集英社)』 著者=小藤 まつ

叙情マンガ家・今日マチ子、待望の処女作
『センネン画報(太田出版)』 著者=今日マチ子

ちょっと変わったエッセイ漫画家の偏執的な不安
『生活 / 1(青林工藝舎)』 著者=福満しげゆき

一話完結形式で次々現れる制服美少女たち
『世界制服 / 1(小学館)』 著者=榎本ナリコ

豊穣な想像力とエモーショナルな描写
『大金星(講談社)』 著者=黒田硫黄

平坦な戦場で僕らが生き延びること
『リバーズ・エッジ 愛蔵版(宝島社)』 著者=岡崎京子

なぜこんなにも息苦しいのか?
『不可能性の時代(岩波書店)』著者=大澤真幸

いまの日本は近代か、それともポストモダンか?
『リアルのゆくえ おたく/オタクはどう生きるか(講談社)』著者=大塚英志/東浩紀

一生かかっても見られない世界へ。
『漫画をめくる冒険―読み方から見え方まで― 上巻・視点 (1)(ピアノ・ファイア・パブリッシング)』著者=泉 信行/イズミ ノウユキ

あゆ/郊外/ケータイ依存
『ケータイ小説的。“再ヤンキー化”時代の少女たち(原書房)』 著者=速水健朗

NYLON100%“伝説”の全貌を探る
『NYLON100% 80年代渋谷発ポップ・カルチャーの源流』 著者=ばるぼら 監修=100%Project

時代を切り拓くサブ・カルチャー批評
『ゼロ年代の想像力』 著者=宇野常寛 【前編】>>>【後編】


sayawaka_prof.jpg さやわか ライター/編集。『ユリイカ』(青土社)、『Quick Japan』(太田出版)等に寄稿。10月発売の『パンドラ Vol.2』(講談社BOX)に「東浩紀のゼロアカ道場」のレポート記事を掲載予定。

「Hang Reviewers High」
http://someru.blog74.fc2.com/

 | 
08.12.21更新 | レビュー  >