女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
UNDERGROUND CULTURE
FROM ALL PARTS OF THE WORLD


『世界のサブカルチャー(翔泳社)』 監修=屋根裏

文=井上文



世界に散らばるマイナーな本、雑誌、音楽、絵画etc。世には「サブカルチャー」と分類されるものたち(でも分類はどうでもいい)が、てんでバラバラに放つヘンテコなエネルギー!
 | 

『どどいつ文庫』というホームページがあって、古今東西の珍奇かつ味ある品々を大量に紹介&販売してくれているのですが、そこの管理人さんがこの本『世界のサブカルチャー』でも執筆者の一人になっていたので興味を持ちました。

『どどいつ文庫』を知ったのは10年くらい前だったと思います。当時私は古今東西の古いエロ本を集めていて、小さなコラムで紹介したりしていたのですが、親切な読者がわざわざ訪ねて来てくれて『とどいつ文庫』のカタログをくれたのです。カタログと言ってもコピーを束ねただけのもので、最初からコピーだったのかコピーじゃないのをコピーしてくれたのか分かりませんが、私の知らない海外の本や雑誌の表紙がビッチリズラリと並んでいるのを見るのは子供の頃に昆虫図鑑を眺めていたのと同じ楽しさがありました。情報としての価値だけでなく、それ自体がモノであることの快感もあったと思います。

『世界のサブカルチャー』は、『どどいつ文庫』とはまた別のアンテナを持つ老舗ホームページ『屋根裏』で扱われているモノを中心に、やはり世界中の珍奇かつ味ある品々を紹介している本です。メインの著者である屋根裏さんを筆頭に、不案内な人にも親切で分かりやすい解説をしているのがポイントになっています。前書きに「実のところこの本は、世界のサブカルチャーの歴史を振り返ってサブカルチャーとは何かを定義付けたり、体系化するような内容は何もない。(略)サブカルチャーを真面目に勉強したいという人は、はいサヨウナラ」とある通り、集められた品々が自分で語るものを小難しくイジリません。美味しい素材を、軽く塩する程度で、本来の味で食べさせてくれる店という感じです。

「古今東西」というよりは、「今の東西」に焦点を当てています。扱っているモノは多種多様かつ膨大で、そのこと自体がこの本の中にカオスを形成していますが、各品々の作者が今現在も世界のどこかで新食感を生み続けているという事実には、「サブカルチャー」が持つ予知不能なパワーを感じさせられます。結果、お勉強テイストのテキストでは得られない野放図な刺激と、その本自体のモノとしてのオモシロミを味わうことになるのです。

具体的な内容については、余りに多岐にわたっているため一部分だけをピックアップすることができません。はっきり言えるのは、タイトルに「サブカルチャー」とあるからといって、レッテルに囚われなくていい本だということです。ある意味で人間図鑑と言っていいのかも知れず、だとすると食べ物屋というよりはサファリパーク的でもありますね。

ライオンとか興味のあるゾーンだけでなく、最初から最後まで全部見たほうがカオスを感じられてより楽しいです。その点では、敢えて「世界のサブカルチャー」と大きく括った意義もよく分かりますし、ネット(部分だけを切り取ることができる情報)ではない「一冊の本」にした意味も打ち出されているように思います。

文=井上文


『世界のサブカルチャー(翔泳社)


商品番号:113580
ISBN:9784798113586
サイズ:A5
ページ:336
価格:\3,360(本体\3,200)
発売日:2008/02/06
発行:翔泳社

出版社サイトで作品の詳細を確認・購入する>>>こちら

inouebun.jpg

井上文 1971年生まれ。SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。発明団体『BENRI編集室』顧問。

 | 
08.05.01更新 | レビュー  >