本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

「社会の窓」
(C) copyright 2009 Inbe Kawori★


2009.07.09.thr at 六本木「スーパーデラックス
WEBsniper Special Photo Review
インベカヲリ★ グループ展 『美化されたタブー』

文=小菅智和(『VICE MAGAZINE』)
写真=インベカヲリ★

インベカヲリ★が撮る写真とは何なのか。グループ展『美化されたタブー』において「制服」をテーマに構成された10点の写真から、『VICE MAGAZINE』編集部の小菅智和さんにそのヒントを模索してもらいます。作品から色濃く漂うマイノリティの香り......そして女という性を独自に表現する若き写真家の魅力に迫る!
 | 

先日、六本木はスーパーデラックスにて一日限りで行なわれたアートイベント『美化されたタブー』に足を運んだ。お目当ては写真家・インベカヲリ★の展示作品だ。半切で10点、"制服"をコンセプトに展示が展開されていた。これらを目の当たりにして、「なるほど、そう来たか」と納得させられる自分がいた。


アートイベント『美化されたタブー』での展示風景。

インベの下には多くの女性から連絡が来るらしい。つまり彼女たちは、1人1人がインベに撮られたいがため、思い思いのメールを送ってくるのだ。そうしてインベはメールの中からモデルを抜擢し、まずは一度モデルと実際に会う。そこで繰り広げられるのは撮影ではなく、数時間じっくり腰を据えての会話である。「そのコの人生を撮りたいんです」とインベは言う。

「モデルさんと初めて会う時は毎回3時間ぐらいしゃべって、そのコのコトを聞くんです。それで『インベさんの写真がスキです』と言ってくれるコは必ずと言ってイイほど、なにか抱えてるコが多くて。スゴく複雑な悩みを抱えてたり、話を聞いてもちょっと理解しづらいような、なにか特別な生き方をしている」

モデルの悩みや好き嫌い、あるいは人生観といった"カタチを帯びていないモノ"をインベは会話の中で紡ぎ、それらを元に撮影へと入る。作品『考える葦JK』では"白いモノしか食べない"という少女をとらえるため、ベッドの上に牛乳やヨーグルトといった白い食べ物を揃えて撮影した。作品『好奇心は猫を殺すか』では、ベッドに14台ものケータイを並べた少女がなにやら物思いに耽る様子が写し出されている。ケータイ依存症なのか、はたまた思いを寄せる彼からの連絡を待っているのか。現代日本の若者が依存するケータイへの揺れ動く少女の感情を見事に表現している。

ただ会ってなんとなしに撮るだけでは表現できないようなそれぞれの個性を大事にする彼女のスタンスは、近ごろの若手になかなか見られない〈写真家としての思いやり〉である。それが写真に色をつけるのだ。

さて、本作の展示のテーマについて考えてみる。今回の展示では撮り下ろしによる新作6点を含め、"制服"をテーマに10点の写真で構成されていた。

実は昨年、僕が所属する『VICE MAGAZINE』主催のPhoto Showをロサンゼルスで行なった際、彼女にも参加してもらった経緯がある。その時は彼女の作品を多角的に見せたいという狙いもあって、過去の作品からバランス良く抽出し、展示したのだが、どうしてどうして。あるいは"制服"というコンセプトこそ、インベ作品の醍醐味であったことに今回の展示で気づかされたのだ。

18才という、まさに少女とオトナの女性とを法的に区切る年代を境に着なくなる制服。だがひとたびそれをまとえば、如何なる年齢の女性であっても再び少女へと舞い戻ることが出来る。そうした"永遠の少女"を象徴する制服は、彼女の作品において重要なファクターとして度々登場する。

左:「新しいものたち」 右:「大人のお花畑」
(C) copyright 2009 Inbe Kawori★


今回の展示作品の内容をつぶさに見てみよう。制服という"未成年性"をまとうと同時に、"母性"を象徴する赤ん坊を抱く女性の作品『新しいものたち』。はたまた作品『大人のお花畑』では、少女のような恥ずかしさを表情として露にしながらも、スカートをめくった先に広がるアダルトなアミタイツ。恥部には陰毛すら確認できる。作品『社会の窓』では、なぜかアタマにパンツを被った或る女性が誇らしげにタバコを手にしている。子供がするようなイタズラをしつつも、その表情とタバコを持つ仕草からは「それで? だからアンタはなにが言いたいのよ」といった乾いた感情が感じられる。

その誰もが、身にまとった制服の未成年性と実年齢とのあいだに明らかな差を催した女性ばかりだ。しかしそうしたギャップは、インベの世界観において、極めてすんなりと違和感なくハマッている。もはやインベの世界観は制服なしで成り立たないほど、それは不可欠なツールのようである。

左:「陽の当たらない場所」 右:「魂は雪の中」
(C) copyright 2009 Inbe Kawori★


しかし、オトコの写真家が小道具として制服を用いるのはまだ分かる。だがインベは紛れもない女性。そんな彼女がコレに執着するのは、自身もまた制服にそれなりの思いを馳せる人間だからだろう。作品『日本の文化遺産』において、彼女は自ら制服を身にまとい、セルフ・ポートレート形式で撮影。周囲に風俗誌やAVを散りばめつつ、その手に初代ファミコンのコントローラを持つその姿は、彼女の作品の全てを物語っていた。少女の未熟さと性的な成熟さ、その合間に挟まれたインベ本人。本人そのモノが、そうしたハザマでもがき悩む、等身大の現代女性なのだ。

inbecllection-vice-0002.jpg
「ハロー!キチー」
(C) copyright 2009 Inbe Kawori★


続けよう。キティちゃんのヌイグルミを抱きながら焼きそばパンを食べる女性の作品『ハロー!キチー』におけるその表情は、どこか虚ろでありつつも、しかし存在感を抹消させることなくレンズの先を見つめている。このように、インベの多くの作品においてモデルたちの表情には或る種の統一感が見え隠れする。素に近いそれとも言えるが、なにかがちがう。どこか、女性としての武器を利用しつつも、それでいて撮影の瞬間だけ異性を忘れて孤高の存在へと昇華するかのごとき眼差しだ。

言い得て妙。当たり前の話だが、彼女たちは実作業において異性を必要としない。女、女、女。それこそがインベであり、彼女の作品である。女という性を、しいて言うならこの時代の女性性を、頑なに男性社会を保ち続けるこの日本で表現するインベカヲリ★。彼女こそは、70年代当時に黒人やゲイ、あるいはSMカルチャーといったマイノリティを写真というツールで等しく捉えた写真家・メイプルソープの"ヤマトナデシコ版"なのかもしれない。

文=小菅智和(『VICE MAGAZINE』)


『VICE MAGAZINE VOLUME 5 NUMBER 11(Vice Japan)
THE CONVERSATIONS WITH DISTINGUISHED GENTLEMEN ISSUE

VOLUME 5 NUMBER 11
CONTENTS:
うすのろオタクにフェロモン投与。その成り行きを観察してみたら....../ミサイルを抱えたラストサムライ 羽柴秀吉は北との臨戦態勢万事OK/ドイツのバイブ製作工場/スペインの薬剤廃棄物処理場でウソを探る、他

価格:フリー
ナンバー:VOLUME 5 NUMBER 11
発行:Vice Japan

『VICE MAGAZINE』の定期購読は年間送料として5,000円/10冊分にて受付中。お申し込みはsubscribe@vicejapan.comまで。

「『VICE MAGAZINE』はその独自な視点と、自由でパワーに満ちた表現方法によって、ニューヨークやロンドンといった世界の概存の都市文化に、大きな『?』を提示し、欧米の若者から熱狂的な支持を受けています。 VICEは、欧米において、フリーマガジン、ウェブ、レコードから、TV、映画に至るまで、雑誌の粋を遙かに超えた、エンターティメントとジャーナリズムを追求する総合ライフスタイルメディアグループへと急成長しました。そのVICEの心臓部分であり、VICEムーブメントの根源が『VICE MAGAZINE』です。インターナショナル性、クオリティーの高さ、チャレンジスピリッツあふれた記事等、フリーペーパーの概念を全く壊し、真にフリーマガジンと呼ばれるに相応しい、今までに例をみないマガジンスタイルをVICEは作りあげています。日本においても、ファッション、音楽等、プライベートシーンで楽しめるコンテンツのニーズが高まっており、また、呼応するようにフリーペーパーの種類も増加しています。『VICE MAGAZINE』は、初めての本格的フリーマガジンとして、日本においても新たな読者層を開拓し、概存のユースカルチャーに、大きなインパクトを与えるものとなるに違いありません」(「Vice Japan」より)


関連リンク

「インベカヲリ★」

Tomo Kosuga
VICE Magazine Japan エディター。
 | 
09.08.02更新 | レビュー  >  写真
文=Tomo Kosuga  |