本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 worldcryptobinary 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
神秘的なささやきに満ちたスタジオ撮りのイメージ57点!!
(c)2008 Paolo Roversi for the imarge and the text
(c)2008 Steidldangin Publishers for this edition

パリを拠点にして1980年代からポートレートやファッション、インテリア、静物、ヌードなどのフォトワークを制作してきたイタリア人フォトグラファー・パオロ・ロヴェルシが、自分の「人生そのもの」と呼ぶ「スタジオ」への思いを込めて発表した写真集。2005年に限定1000部で刊行されたスペシャル・エディションの普及版!!
 | 
パオロ・ロヴェルシはイタリアはラベンナ出身のファッション、ポートレート写真家で、80年代からパリを拠点に雑誌『ヴォーグ』『ハーパス・バザー』などで活躍する。コムデ・ギャルソン、ロメオ・ジリ、イブ・サンローラン、クリスチャン・ディオール、ヴァレンティノなど有名ブランドの広告を手掛け、ポラロイドによる独特のスタイル(『i-D』などでは洗練された美に若干の毒を混淆した頽廃的ムードを漂わせている)で名を成し、彼以降、その影響でポラロイドを使用するファッション写真家が急増したという。

8×10インチのポラロイドにスタジオ中心というシンプルな撮影態勢というのは、華やかなファッション写真界においてはなんとも禁欲的な印象を受けるが、このたび紹介するポートレート写真集《Studio》(約20年もの間、撮りためたというもの。2005年に限定1000部で刊行された豪華版写真集の普及版)の写真家自身による序文にも修行僧か瞑想家のごとき告白が記されている。その言葉を少し抜粋して訳しておこう。

「毎朝、休むことなく私はスタジオへ向かう。そこは私の仕事場で、私はそこで人生の時間の多くを費やす(中略)
私がそこ(スタジオ)に到着し、カーテンが開けられていない状態のとき、スタジオはまだ眠ったまま、深遠なる闇に包まれている。私は深い黙想の時を得ようと、この暗闇に耽る。あたかも自分がカメラの中にいるような、目が光と新たなイメージを呼び覚ますフィルムの中にあるような、そんな錯覚に陥る(中略)
それからあるイデアが徐々に形をなし始め、夢想が息づき、記憶が呼び覚まされてくる。その時にこそ、私はカーテンを開け、リフレクター(反射板)を用意する。それは微量の光をとり込み、写真を創造する勇気が少しだけ芽生えてくる(中略)
あらゆる真の職人のように、私は自分に忠実な道具類を信頼している。エイト・バイ・テンのディアドーフ・カメラは日々の友であり、私の心の大部分はその中に宿る。12インチのゴールデン・ダガー・レンズは、外皮の内に秘められた何かを見るために魔法の力を授けてくれる魔術師が造った道具だ、と私は信じている(後略)」
『studio』p.12-13 翻訳して抜粋
(c)2008 Paolo Roversi for the imarge and the text
(c)2008 Prosper Keating for the English translation of the text
(c)2008 Steidldangin Publishers for this edition

日々、勤勉なまでにスタジオへ通い詰め、まずは、洞窟のごとき神秘的な闇の中で沈思に浸りながら、イメージを喚起する。やがて、満を持してカーテンを開き、到来する光に己が精神を打ち震わせる。カメラやレンズを魔法の道具と信じるこの写真家の撮影行為は、まさに、小アジアの中央、カッパドキアと呼ばれる荒地の洞窟内聖堂にて祈りを捧げ、瞑想に身を投じた中世(すでに4、5世紀頃から存在したともいわれる)の黒衣の隠修士を髣髴とさせるではないか。まあ、それはいいすぎとしても、派手なファッション界のイメージとは対照的な、好感のもてる姿勢といえよう。

どこにでもある均質な場としてのスタジオ空間は、対象と真摯に向き合う写真家と彼に身をゆだねるモデルの相互作用の循環により、濃密な気配に満たされた不均質な場へと変貌する。スタジオは、その周囲の空間から特異な磁場として切り離される。


『studio』p.35
(c)2008 Paolo Roversi for the imarge and the text
(c)2008 Steidldangin Publishers for this edition

肌、毛髪、唇、乳房などの表層にも豊かさと濃密さがもたらされ、とくに両方の眼球は、しばしば、孤立のうちに謎めいた力を凝縮する。表情と裸体における沈黙は深遠であり、どちらからも感情を読み取ることは容易ではない。エロティックな誘惑とも、拒絶とも決めかねる。あるいは、その両方ともを含んでいるのかもしれない。「私は物事を不明瞭なままにしておくのを好むし、ときには不確定という事態に迷い込むことをすら求める」と写真家自身も語っている。無言のうちに語りかける表情と身体の強度、見る者へ放たれる視線の力が剥き出しにされるかのようだ。

憶測不能なささやきの豊饒は、闇を纏うモデルの表情と裸体に浮かび上がり、沈黙と闇の間には絶妙のバランスが保たれる。われわれ見る者たちをひきつけてやまない、このささやきの豊饒こそ、「写真というものに神秘的で精神的なアプローチを試みる」(ロヴェルシ)写真家が長い露光時間に耐えながらとらえようと切望する「魂」なのかもしれない。彼は次のように語っている。「私は、魂が表層にまで浮かび上がってくるのを待つために、自ら好んで露光に長い時間を与える」と。ロヴェルシは、視覚と聴覚の枠を飛び越えて、直接、われわれの精神に「魂」のささやきを届けようとしているのかもしれない。

文=相馬俊樹

『Studio(Steidl)
著者=Paolo Roversi

価格:6398円
ISBN10:3865217583
発売:2009年10月31日
出版社:Steidl


発行元サイトにて詳細を確認する>>>
(c)2008 Paolo Roversi for the imarge and the text
(c)2008 Steidldangin Publishers for this edition


関連記事

『四コマ漫画―北斎から「萌え」まで 』(岩波新書) 著者=清水勲

『禁断異系の美術館2 魔術的エロスの迷宮(書苑新社)』 著者=相馬俊樹

erosnokikeigaku.jpg
相馬俊樹 1965年生まれ。慶応義塾大学文学部哲学科美学美術史学専攻卒。 エロティック・アート研究家、美術ライター、美術評論家。 「S&Mスナイパー」「トーキングヘッズ叢書」「美術手帖」 その他にアート、漫画、文学などに関する文章を多数発表する。近著に『禁断異系の美術館1 エロスの畸形学』(発行:アトリエサード/発売:書苑新社)がある。
 | 
09.12.13更新 | レビュー  >  写真
文=相馬俊樹 |