女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
2009.2/20 Fri.
Reception「CLASKA 2009」

「新しいスタイル提案の融合」を掲げる
リノベーションホテル『クラスカ』の新機能と
東京人による東京案内『Tokyo by Tokyo』の冒険


取材・文=井上文
取材協力=CLASKA

←リノベーションホテル「CLASKA」。前に立つと圧迫感のない可愛らしい外観。屋上からの景色がオススメだ。


外観も個性的&可愛い目黒のホテル「クラスカ」が提供する
ユニークなカルチャーの交差点を散歩してみる。
単なる「オシャレ」で処理するわけにはいかない
客と作り手のバトルロワイヤル的展開に期待を込めて――。
 | 

東京・目黒の「クラスカ」は、築35年の古いホテルをリノベートして2003年に誕生したデザイン性に溢れたホテル。コンセプトは「新しいスタイル提案の融合」とのことで、「最新のカルチャーを知り尽くしたコンシェルジュ」が質問されるのをウキウキしながら待っているそうである。もちろん、それは作った側が言っていることなので、行く側は行く側で自分なりの楽しみ方を見つけたって構わない。コンシェルジュという生き物を知らなくたって展示物は楽しいし、レトロな階段は趣があるし、屋上からグルッと見られる夜景はとてもきれいだ。今回、初めて訪ねてみてなんとなく思ったのは、このホテルはあんまり自らオシャレ感を強調しないほうが面白い雰囲気になるんじゃないかなーということだった。

『Tokyo by Tokyo』という、この3月に「クラスカ」から出される本を読んでもそう思った。この本は東京に暮らす人たちが自分のオススメスポットを簡単に紹介(ひとり1ページ)するという、内側発信のガイドブック。すべてのスポットにGoogle Mapsで検索できるように緯度経度情報が書き込まれていたり、外国人が読めるように英訳も載っていたりしていて、親切。あるいはスタイリッシュ。写真がほとんどないのはGoogle Mapsで自分で調べたほうが楽しいという提案があるのだろう。


バイリンガル東京ガイドブック
“TOKYO BY TOKYO”

国内、海外から幅広くホテルゲストを集めるCLASKA が東京のガイドブックを作りました。「東京のことは東京の人に聞く」。人と場所のネットワークを通じて浮かび上がる、人それぞれの風景の中を、この本がスムーズに誘導します。

●ピープルガイドのようなシティーガイド
●70 人近いクリエイター達による200ヵ所の東京案内
●紹介スポットすべてに緯度経度情報(Google Maps 対応)
●完全バイリンガル使用 (日本語/英語)
●3月以降、一般書店にて販売予定(販売価格\1,200+税)
↑人と場所のネットワークを通じて浮かびあがる、人それぞれの風景へ読者を誘導。読むだけじゃつまらない。足かGoogleで気になる場所をチェックしよう。


「作品の中に泊まれる」7Fの新客室シリーズ「D.I.Y rooms@CLASKA」。Room701は寺山紀彦氏デザインの“someone’s atelier”は、アーティストの作業場をそのまま置いてきたイメージ。客室料金:¥13,650(1名利用、サービス料・宿泊税別)


「Mix room」にも参加しているさとうかよ氏デザインのroom702。タイトルは“パジャマ(pa jama)”で、テーマは「夢で見たことの断片」。客室料金:¥13,650(1名利用、サービス料・宿泊税別)


岡嶌要によるRoom707“scar”。「この部屋に使用されている材料は、古道具、倉庫で眠っていた物、捨てられようとしていた物、また再生可能な物です。客室料金:¥15,750(1名利用)、¥21,000(2名利用、サービス料・宿泊税別)
今回、「クラスカ」は新たに4つの機能を追加するリニューアルを行なった。案内の言葉をそのまま使えば「最上階に展開するクリエイターズマーケット=Mix room」「デザイナー自らハンドメイドした新客室シリーズ=D.I.Y room」「オリジナル企画を発表する場としてのギャラリー=room 302」そして『Tokyo by Tokyo』の出版である。

「クリエイター」も「デザイナー」も客からしたら裏方でいてくれればいいもので、それが前面に押し出されていることへの戸惑いが個人的にはある。しかし「クラスカ」が面白いのはジャンルを超えたボーダーレスな「場」として機能しようとしていることで、別に表面的なオシャレ感なんかに捉われて欲しいとは思っていないはずである。

「親切」なのか「スタイリッシュ」なのかという点で、たとえば『Tokyo by Tokyo』で発言している人の中にネクタイを締めて居酒屋で飲んでいるようなサラリーマンが出てこないことに、同じ戸惑いを覚えた。東京を知る上で、「70人近いクリエイター達による200箇所の東京案内」とある中の「クリエイター」にどんな意味があるのかと個人的には考えてしまう。それでもこの本で紹介されているマイナースポットの情報自体はそのまんま興味深いし、気になった場所をGoogle Earthのストリートビューでチェックするのは楽しいのだ。



左:3階にあるギャラリー&ショップ「DO」。文房具から食器、バッグなど様々な作品を見て楽しみながら購入できる。意外にリーズナブルなのでつい買いすぎそうに……。

右:デザイン、クラフトからアート、映像まで、ジャンルを問わず様々なクリエイターが3カ月サイクルで作品の常設展示、販売を行う「Mix room」。製作者自身がブースに立つこともあり、人が入るとフリーマーケットみたいになる。


「Mix room」の一隅にあるさとうかよ氏の作品。パッと見は可愛い。よく見るとネズミの標本。しばらく眺めた後、「うーん……好き!」と言ってしまう。おもろいです。
「クラスカ」が「場」としてあり、且つその素材の一部になっている「クリエイター」や「デザイナー」を主人公にしたいのではないのなら、ボーダーレスな状況はまだ、これから出来るということだろう。今回のリニューアルで作られた「場」は、人がガンガン往来し、活用されるためにあり、飾り物のオブジェとして処理されるわけにはいかないもののはずだ。様々なレベルの情報がインターネットに並列に掲げられ、脳内が常に情報のボーダーレス状態と化している今、そのボーダーレス自体を編集して能動的に提示するという挑戦は単純に面白くて、ワクワクさせる。評価が待たれているのは作品ではなく、これからの人の動きだと思って見ないともったいない。

その上で今回、個人的にやたら惹かれたのは、「Mix room」に展示されていた「さとうかよ」という作家のヘンな作品。白い壁に小さいネズミのぬいぐるみを大量にピン留めしてある。色とりどりで、よく見るとそれぞれに個性のある可愛いネズミたちなのだが、標本みたいだから死んでいる感が凄く出ている。でもやっぱり可愛いという……。

ちなみに「さとうかよ」は「D.I.Y room」の企画にも参加しており、客は「さとうかよ」の作品としての部屋(こっちのテーマは死体とかではなく夢の中みたいなファンシーな世界)に泊まることができる。料金は13,650円(1名利用、サービス料・宿泊税別)。

値段との兼ね合いで急にオシャレ感やハイソ感が大事なものに思えてきてしまったが、ここはやはり、「クラスカ」が秘めている冒険的な面白さへの期待をこそ強く上げておくことにしたい。

文=井上文


関連リンク

CLASKA

inouebun.jpg

井上文 1971年生まれ。SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。発明団体『BENRI編集室』顧問。

 | 
09.03.09更新 | レビュー  >  その他