本家三行広告 1 ミストレスランド 2 Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
A tribute to Yukimura haruki
追悼 雪村春樹
AV界に女子校生ブームの波が押し寄せた90年代中頃、「制服&緊縛」というフェティッシュなジャンルを牽引する名作『女校生緊縛授業』シリーズが登場。伸びやかなナイスバディが眩しい鈴木沙羅を主演に据えた本作は、登場人物たちの関係性が秀逸。心揺れるヒロインの媚と羞恥がエロティックに濃縮された、雪村作品らしい繊細な1本です。
 | 
この作品はビデ倫ナンバーから1995年の作品だとわかった。
主演の鈴木沙羅は初めて見る女の子で、地味ながら可愛らしい顔だちで、制服がすごく似合っている。後半、裸になって、すごくいいカラダ!とびっくりさせられた。
女子校生の沙羅は、日比野達郎扮するカメラマンのスタジオにいて、彼のモデルになっている。しかし日比野は、どうしてもいい写真が撮れず「今日はやめよう」と言い出す。
後日。日比野は秘蔵っ子モデルの沙羅を連れて雪村春樹に会っている。本人演ずる緊縛師とのおなじみの役どころだ。
「上手く撮れない」とこぼす日比野。
沙羅も「どうしたら上手くポーズを取れるようになるんですか?」と雪村に聞く。
「ウチ1回来るか? いろいろ教えてあげる」と雪村が言うと日比野は「ダメだよ、このおじさんのとこ遊びに言ったら。いろいろ危ないから」。
沙羅は日比野のことが好きなのだ。その晩、2人はソファにいる。
「いいか沙羅、あのおじさんのとこ絶対遊びに行っちゃダメだぞ」
「何で?」
「危ないからさ」
日比野は制服を脱がし、チ○ポを咥えさせる。沙羅は愛しげにフェラをする。
セックスになると「あっ、んっ」といたってうぶな喘ぎを漏らし、胸に精液を浴びる。
次のシーンでは、沙羅が1人で雪村のもとを訪ねてきている。
「彼にいい写真を撮ってもらいたいんです。どうしたらいいポーズを作れるか教えてください」
「ええよ。俺にまさぐられてるの、客観的に見てみ」と愛撫する。
ここはパンティの上からおさわりするにとどまる。
時間経過。「ちょっとはリラックスしたか?」と沙羅にお茶を出す。
「もっと手の先から足の爪先まで神経行き届かせたら、もっとええポーズ取れるよ。まだ恥ずかしがってるやろ?」
お茶には睡眠薬が入っていたようだ。眠ってしまう。
仰向けにし、眠る沙羅を雪村は半裸にして麻縄で縛る。
彼女は少しずつ意識が戻り、バイブに淡い反応を見せるが、しっかりイッたようだ。
次のシーンではブラとパンティだけの恰好。
手足が長くスタイル抜群! 色っぽい身体つきをしていて、天然の美乳が映える。肌もすべすべだ。こんな綺麗な身体と出会えるのは1年に1回くらいと言っても過言ではない逸品だ。
「腰をいやらしくクネらせてみ」といわれ、クネクネさせる。
「上手になった。君がもっとカメラマンを挑発せんとええ写真は撮られへんで」

雪村春樹監督に去年初めて取材させてもらった時に聞いた言葉を思い出す。
「女の子を脱がして縛れたらええやろなぁ、から始まって、口説いて自由に縛らせてくれるまでが大変やん? そこの過程がAVは全部飛んでる(省略)やん? 俺はそこを見せたかった」

さて、ここから沙羅がお股と心を開いてゆく。
全裸になって麻縄緊縛。綺麗なおっぱいがキリキリ縛られて突き出している。
土手にまで分厚いモザイクが乗っているが、どうやらパイパンだ。
やはり、淡い喘ぎのまま、自身を頭の中で客観的に見て羞恥心を鼓舞しているようだ。
続いてはおっぱいをぐにゃりと潰した恰好の緊縛。
「おっぱい見てみ。君のおっぱいこんな潰れてるわ。可哀相になぁ」
と囁かれ、指でマ○コをほじられて「あーイクッ」と小さく。
次は、目隠しと首輪をされ、四つんばいの犬状態から。雪村に抱き寄せられ、乳首とマ○コをいじられ、切なそうな喘ぎ声を漏らす。言葉はなく愛撫しながら、じらしと放置の要素も混在。こうして煽られ、責められ、そりゃ女の子は濡れ濡れになってしまうわけだ。
最後は全裸で仰向けになっての拘束だ。バイブで股間を激しく責められる。
「気持ちええか?」
「気持ちいいッ」。ついには「イクッ」と身体を震わせる。
エピローグ。変貌した沙羅がいて、「沙羅、どうしたんだ一体!?」と日比野を唖然とさせる。
いやしかし、なんていいカラダなんでしょう!
そして昔の60分作品って過不足なく、やはり一番僕にはしっくり来ます。

雪村監督はこうも語ってくれた。
「どんなパンツ履いてるの?いうて『ハーイ』て見せられたら困る(笑)。ええかげんにしいやと。そういうときにはカメラを止めて『キミな、羞恥心て知ってるか?』から話さなあかん。そういうこともありつつ、頑張って縛って、股を開かせるわけや」
雪村監督は「4.5ミリくらいの細い縄」を好んで使用している。理由は「これを使っているのは俺だけちゃうかな」と言ってから「これ以上太いと、女の子の手首と足首を縛った時にラインが隠れる。ボンデージはライン出すことも肝心なわけや。ただ拘束するだけなら、太い縄でもガムテープでも何でもええけど」
縛り方についても明かしてくれた。
「攻めの縄は、捕縛やから感じようが感じまいが関係ないわな。けど、羞恥の縄は拘束したらあかん。緩める」
地味なビジュアルなれど、緩急つけて攻められている感情の流れが女性側にはあるのだ。
「間(ま)が大事。『縛られて、アソコがべちゃべちゃやろ、見たろか?』。イヤに決まってるやん。けど、すぐに見たら面白くない。見たろか?いうてから、じらす」
娘はじらされてよけいに濡らす。
「それが楽しいわけやんか。じらしを演出するのが縄や。向こうは支配されてるからじらされても抵抗できないから『イヤイヤ』って。マゾを演じられたらええわけや。だから『この男に縄1本で支配されてる』って演じさせる時間が必要なわけや。縛られて放置されてるほうが、マゾをやってる時間が長いわけやん? こんなに私は嫌がっているのにもかかわらず、今から触られて感じてしまう私、って演じられるわけや。縛っておいてすぐ攻めても何の面白みもない。だから、その間(ま)を見るのがこっちの仕事」
うん、なるほど!
「ピンと張る縄やなく、ちょっと緩めるから女の子がマゾのリアクションをできるんや。ひょっとしたら逃げられるかもわからんから。逃げられそうなのに逃げられない。ここでマゾのリアクションができるわけや。縛ってる最中のシーンはいらないというメーカー側の注文が多いけど、女の子の中身がものすごくヒートしてるのはその最中なんや」
動物が獲物を捕らえて、すぐ食べずにもてあそんでる生殺し状態に近いものがある。
「そういうふうに縛ってあげないと楽しくないやろ? というのが俺のAVです」。そして「もうこの歳になったら射精せんでもええの。見て楽しむだけでええ。川上ゆうなんか縛って放置してたら30分でももつよ。裸になってなくても、見ながらオナニーできる。欧米のマニアックなものは30分くらいずっとフィックス(固定)で撮ってる。今後、俺もやるつもり。自分に正直に。さらにシンプルに、撮りたいものだけを撮っていきたいです」

もっと作品を観たかったです。
雪村春樹監督、さようなら。インタビューの最中、実際に僕の手首を緊縛しながら説明していただけたのには縄酔いいや感激しました。忘れません!

文=沢木毅彦

『女校生緊縛授業 3 鈴木沙羅(シネマジック)

監督:雪村春樹
制作年:1995年
品番: CN-179
収録時間:60分
定価:16,524円(税込)
メーカー:シネマジック


関連記事

【訃報】 雪村春樹さんが永眠されました

沢木毅彦 1961年生まれ。フリーライター。AV創世記より専門誌にレビュー、取材記事を寄稿。ロリから熟女まで可愛らしいAV女優が好物。香港映画と香港街歩きマニア。好きなビールは香港の海鮮屋台で飲むサンミゲル(生力)とブルーガール(藍妹)。食事は自炊派ですが、外食ならラーメンは天下一品のこってり、カレーはcoco壱番屋の7辛。巨人ファン。
 | 
16.04.29更新 | 特集記事  >  追悼 雪村春樹
沢木毅彦 |