本家三行広告 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
WEBスナイアーカイブスセレクション  特選AVレビュー『おぼこ娘に手を出す前の覚悟と昂ぶり(バルタン)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【6】矢と愛
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第5講 浣腸器製作法【1】
イキたい盛りのボディが痙攣エビ反りトルネード!『チャレンジ!タイマー電マ あや』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 山本美和子』(デカ拳)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【6】『人妻を輪姦す8つの方法』 著者=葵ヒトリ (一水社)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『再婚相手の連れ子』(思春期.com)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【8】どうか笑わないで
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『スペルマ妖精20 美女の精飲 川崎亜里沙』(S.P.C)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【6】
リアルな「エロ拷問」で連続マジイキする敏感度MAXボディ『チャレンジ!タイマー電マ まい りこ いぶ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【5】飛田新地
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ネトカノ-柊るい-』(TMA)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第4講 尻穴覗き製作の極意【3】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『食べられる女 養女・宮原愛子 星奈あい』(FAプロ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【5】「さくらだくん」著者=れゐぢ(『アクションピザッツスペシャル 2012年12月号』/双葉社 所収)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『ひとつ屋根の下...目があうとサルのように無言で求め始める性欲悪魔な姉と弟の不埒な日常。枢木あおい』(クリスタル映像)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【7】ひろげてくれない太腿
ベロが口から飛び出して白目剥いちゃってガチンコ感情崩壊『チャレンジ!タイマー電マ くるみ うい さな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ヒロイン討伐Vol.81 ~カイザーイエロー 打ち砕かれたプライド~』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
腸内環境を自力で整える方法(大洋図書)
giri giri SP Vol.10(大洋図書)
よろめきSP Vol.18(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2021年3月号(大洋図書)
君の隣で眠る理由(大洋図書)
千夜に咲え(大洋図書)
いろいろつれづれ(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年3月号(大洋図書)
花と蜜SP Vol.17(ワイレア出版)
28日間で「上品な大人の女性」に生まれ変われる(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

ついに読者がスナイパーSNSから飛び出した!
読者様の読者様による読者様のためのSM体験
絶好調の読者参加型企画、今回は童貞ながらに豊かな性体験を持っているフェチ心の旺盛なM男性・変態仮面さんに体験取材を担当していただきます。訪ねたお店は東京・六本木にあるデリバリー型のSMクラブ『奴隷の館』さん。お相手をして下さったのは「16才の時からプライベートで遊んでいました」という真性美人ミストレス「藤崎真里亜女王様」です。予想のつかない責め展開の果て、変態仮面さんが見る景色とは!? 超ホットなプレイ動画を全3回に分けてお届けします!!

 | 
↑真里亜女王の美しい瞳に射抜かれて、やや緊張した様子の変態仮面さん。

↑言葉遣いを間違えて挨拶のやり直しを命じられてしまいました。

↑脇腹をフェザータッチで撫で回しつつ、時にギュっと爪を立てる真里亜女王。

↑羽で背中をくすぐっています。敏感な変態仮面さんは声を抑えられません。

↑続けて足裏をコチョコチョ。

↑さらに太腿の毛をサワサワ。「ああっ、くすぐったいです!」と身悶えする変態仮面さん。

↑くすぐりを基調とした執拗な嬲りが続きます。

↑敏感な乳首を抓り上げられると、今度は快感の声が漏れ出しました。

↑お尻を突き出すように命じられてブリーフを剥かれています。

↑長い一本鞭が振り下ろされました。体重をのせた重い打擲が連続します。

↑真っ赤になった尻を平手で叩かれ、揉まれています。

↑黒革のスパンキングラケットによる激しい連打。「どんどん赤くなっていくよ~」と楽しそうに打ち下しています。

↑「まだ頑張れるよね?」と耳元で囁かれた変態仮面さん、「が......頑張れます......」と息を乱しながら答えました。

↑両手首を頭上で拘束されました。

↑無防備な裸身に一本鞭がビュンビュンと風を切って襲いかかります。

↑痛みのあまり焼けた鉄板の上で踊っているような状態になる変態仮面さん。

↑ラスト10発を数えています。

↑ご褒美としてたなごころで乳首を弄ってもらえました。ただし、10秒間だけ。

↑そしてさらなる鞭打ち。先ほどよりも長い一本鞭が腰を回り込んで肌を打ちます。

↑電気の流れるクリップを両乳首に装着されました。

↑「ああっ、乳首が狂っちゃいそうです!」と変態仮面さん。

↑電流で乳首をピクピクさせたまま、蚯蚓腫れだらけの脇腹をいじめられています。

↑ダメ押しとばかりにコンパクトな乗馬鞭で太腿を連打。

↑頑張ったご褒美は顔面騎乗です。
「本日は、ご調教よろしくお願いします。藤崎真里亜女王様」
「『いたします』でしょ? もう一回!」

しょっぱなから注意を受けてご挨拶をやり直した変態仮面さん。土下座するように床へ額を擦りつけます。
真里亜女王がその脇をフェザータッチで撫でまわすと、変態仮面さんの口から「ああっ、あぁっ」と早くも喘ぎ声が漏れだしました。

「よかったねぇ、最初からご褒美もらえて」

言いながら、さらにくすぐる真里亜女王。

「んあぁっ、うれしくて......おかしくなりそうです......」

次第に身悶えし始める変態仮面さんですが、真里亜女王は続けて足裏をくすぐりだしました。

「ひぃぃっ! くすぐったいです!」

叫んだ瞬間、太腿に平手打ちが炸裂。そしてすぐにくすぐり再開です。

「あはははははっ」
「何笑ってんの!」

今度は乳首がつねられます。時折、引き毟るように引っ張ります。

「あぁぁっ、あぁぁっ!」
「優しくしてほしいの?」
「は、はい!」
「するわけないじゃん」

変態仮面さんの頭が引き起こされ、両手を頭の後ろで組むように命じられました。

「こうやって触られるの、うれしいんでしょう?」

乳首をソフトに刺激され、「はい!」と身を震わせる変態仮面さん。

「じゃあ、お尻を突き出して」

従うのと同時に白ブリーフが引き下ろされました。

「いっぱい見えてるよ、お前のオケツ。恥ずかしいねぇ」

ニヤリと笑った真里亜女王がバラ鞭を手に取り、連続して尻に打ち下していきます。

「ああっ、ああああっ」
「こんなんで痛いの?」
「は、はい!」

答えた途端、より強烈な打擲が炸裂しました。
変態仮面さんが遠吠えのような声を上げて必死に耐えています。

「あと何発耐えられる?」
「あ、あと......10発です!」
「はぁ? それだけ? お前をいじめる道具はまだいっぱいあるのに。じゃあ10発、大きな声で数えてね」

一打一打、体重を載せた鞭が変態仮面さんの尻肉を波打たせていきます。

「......ろく! しち! はち......きゅう......じゅう!」

数える声は震えていたものの、何とか10発耐え抜きました。

「痛いの嫌い?」
「あぁ......苦手です......」
「でもご褒美欲しいんだよね? 乳首いっぱい触られたいんでしょう?」

バラ鞭を置いたその手にはすでにスパンキングラケットが握られています。

「は、はい」
「じゃあ頑張るしかないね」

言い終わるなりスパンキングの連打が始まりました。

「かわいい、どんどん赤くなってくよこのお尻」
「ああっ、痛いですぅ!」
「まだ頑張れるよね?」
「が、頑張れます......」
「じゃあ立って」

バンザイの恰好で両手首を拘束された変態仮面さん。その背後で真里亜女王が長い一本鞭を振り始めました。
ヒュンヒュンと空気を裂く鞭の先端が尻で鋭く弾けます。そのたびに変態仮面さんが悲痛な声を上げて身をよじり、焼けた鉄板の上にいるように足踏みをします。

「もっとお尻出して」

見れば双臀はすでに真っ赤です。

「欲しがってばっかじゃダメなんだよ! ほら踊って踊って!」
「ぎゃああぁぁッ!」
「じゃあ、前向こうか」

冷徹な指示に変態仮面さんがゆっくりと体の向きを変えました。たちまち、巻きつくような打擲が腰を襲います。

「ぐふうっ、ぐはぁっ!」
「今、何発?」
「ああっ、数えてないです!」
「はぁ? なんで数えてないの?」

鞭の威力が強まりました。

「ごめんなさぁい!」

ラスト10発を数えることになり、変態仮面さんが必死に声を搾り出します。

「ごあぁぁっ(いち)、ぐひぃぃぃっ(に)」
「何のために頑張ってるの?」
「ち、乳首をいじめてもらうためです!」
「そうだよね」
「だあぁぁぁぁっ(さん)......」

どうにか10発を耐え抜いた変態仮面さん。真里亜女王が約束通りに両乳首を責めて下さいます。

「あはぁ......うれしいです!」
「でもお前が10発って言ったから10秒だけね」

ご褒美タイムはあっと言う間に終わってしまいました。

「もっと欲しかったらどうするの?」
「む......鞭を耐える......」
「そうね」

にっこり笑った真里亜女王が、先ほどよりもさらに長い一本鞭を手に取りました。
これがまた10発見舞われ、変態仮面さんの腰回りは長い蚯蚓腫れで縞模様に。

「よし、ご褒美だね」

変態仮面さんの乳首にコード付きのクリップが装着されました。

「ああっ......こ、こねくり回されてるような......」
「これね、電気が通ってるんだよ」
「ぐむっ......ぴ、ピリピリしてきました!」
「気持ちいいでしょ?」
「は、初めての感覚です......乳首が、狂っちゃいそうです!」
「よかったねぇ。じゃあ、まだ頑張れるかな」
「あへあへぁああっ」

真里亜女王が短い乗馬鞭で変態仮面さんの太腿を連打し始めました。

「ああっ、地味に痛いです!」
「足を開きなさい」

内腿の間を往復させて無数の打擲を見舞う真里亜女王。

「痛いの苦手なのによく頑張ったね」

ひとしきり鞭打ちが続いた後、変態仮面さんの手枷が外され、ご褒美としての顔面騎乗が施されました。

(続く)

動画を公開中!


取材協力六本木「奴隷の館」
●TEL 03-5771-5778
●エリア 東京 / 六本木
●営業時間 10:00~5:00
●料金 Mコース60分¥20,000~

モデル=「藤崎真里亜女王様
T157 B85(D) W58 H85。「新しい世界を一緒に見てみませんか?」

関連記事

読者代表変態仮面がイク!
第7回 五反田「AMANDA」斑鳩宮ゆりさん

●体験記事希望読者募集中!
このコーナーに出演したいという方は、お名前、ご住所、電話番号、お顔の確認できる写真を添付し、どんな性癖なのかを詳細に明記のうえ、下記までご連絡ください。フェティッシュな性癖をお持ちの方大歓迎です。

▼株式会社大洋図書 WEBスナイパー編集部
web@sniper.jp

yuki_prof.jpg
変態仮面
女性が身に着けているブーツ、手袋、ボンデージ等の衣装、また女性発する様々な匂いに強いフェティシズムを抱く童貞のM男です。最近は男性の性器やザーメンにも興味あり。
 |