Lovely-Candle 2 本家三行広告 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年3月号
特選AVレビュー『ショタに乗り輪姦されて.../笹倉杏 (光夜蝶)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第53回
特選AVレビュー『可愛い顔してとんでもないオッパイ!! 超乳ホルスタインギャルを好き放題ねぶり尽くす! 北嶋あん Lカップ(110)cm ヒップ95cm (マザー)』
特選AVレビュー『艶熟レズフェロモン 二階堂ゆり 加藤あやの(レズれ!)』
特選AVレビュー『マッサージで男性施術師を挑発して感じちゃった私 「こんなスケベで積極的なお客さんじゃ理性が持ちません」(アロマ企画)』
特選AVレビュー『LOVE トラップ/吉澤友貴 (ワープエンタテインメント)』
ヴァニラ画廊【展示室B】「縄のあわれ」開催!!
特選AVレビュー『天然成分由来 加藤ほのか汁120% 加藤ほのかの体液(PRESTIGE)』
特選AVレビュー『アナタのヨガリ顔も撮ってアゲル 二階堂ゆり(NON)』
ヴァニラ画廊【展示室A】椋陽児展「春琴抄」開催!!
特選AVレビュー『最強属性05 小西まりえ(最強属性)』
絵を描く人々 第11回 絵を描くおばあさん
特選AVレビュー『婦人会のBBQ大会で全裸羞恥芸をさせられていた僕の妻(ROCKET)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第52回
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第3話/鬼束寅子の憂鬱
触れるもの全てを台無しにしていく嫌すぎるヴァンサン・カッセルを観ているうちに、でも待てよと思う 映画『たかが世界の終わり』公開中!!
特選AVレビュー『誘惑 美容室 吉澤友貴(ドリームチケット)』
2ページまんが 酒場の女【4】
なぜダメ探偵の出てくる映画はこんなに愛おしいのだろうか。キメ顔してるのにバカに見えるゴズリングが最高! 映画『ナイスガイズ!』公開中!!
アクセスアップ
新刊情報
美熟女密会 Vol.10(ワイレア出版)
まちがいさがしファミリー 2017年5月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2017年5月号(大洋図書)
BITTER 2017年5月号(大洋図書)
細身なのに巨乳美女 Vol.4(大洋図書)
G-COLLECTION 2017年5月号(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2017年5月号(ワイレア出版)
続 IN THE APARTMENT(大洋図書)
青春を呪うな(大洋図書)
MAZI! 2017年5月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

ついに読者がスナイパーSNSから飛び出した!
読者様の読者様による読者様のためのSM体験・大阪編2012
読者参加型企画、大阪スペシャル編!! 厳選した大阪のSM店全7軒を一挙紹介して参ります。怒涛の第6弾を担当してくれるレポーターは、ロマンティックな初心者M男性にして大阪在住会社員のyamakuniさん。大阪・日本橋のM性感&ソフトSM店「Fin」さんを訪ねて、2人の女王様からゴージャスに責めて頂くという夢のプレイを満喫してもらいます。お相手は大胆なタトゥとダイナミックなボディが眩しい「蓮見沙楽」女王、そして妖艶な笑みと話し口調が何とも言えないエロスを醸す「華乃」女王です。果たして、yamakuniさんが体験する目くるめく世界とは......。ホットなプレイ動画を全3回に分けてお届けしています!!
 | 
↑縄を解かれて直立の姿勢をとらされたyamakuniさん。沙楽女王が新たな縄を掛けている間、華乃女王が様々なちょっかいをかけてきます。

↑いつしか屹立してしまった肉棒をこね回され、羞恥と快感に当然とするyamakuniさん。

↑「暑くなってきちゃった......」と胸元をはだける華乃女王。yamakuniさんの股間にますます血液が集中します。

↑パンツを下ろしされてお尻を突き出すyamakuniさんに革製のスパンキングラケットが見舞われました。パンパンと高い音が密室に響き渡ります。

↑沙楽女王が施しているのは、ブラジャー風の緊縛。縄で肉が絞られることにより、まるでおっぱいのような膨らみが出来てきました。

↑縛りが終われば再び2人掛かりでのイタズラが始まります。

↑当然、yamakuniさんの股間はこれ以上ないというほどに大膨張。大量の先走り汁がトロトロと溢れ出していました。

↑「自分で自分の乳首を舐めてごらん」と、沙楽女王にそそのかされているところ。できるわけはないのですが、素直に舌を突き出してチャレンジするyamakuniさん。

↑せっかくブラジャー風の縛りをしたということで、赤い蝋を垂らして色をつけていくことに。yamakuniさんの口から悲鳴が迸り出ています。

↑ところが、股間はこのありさま。さすがですね。

↑暑い蝋を垂らされて喜んでいるんだろう......ということで、亀頭に熱蝋を垂らし始めた沙楽女王。これはキツそう!

↑乳首と亀頭のダブル熱蝋責め!

↑息つく暇もないyamakuniさん。蝋責めの後に待っていたのは、沙楽女王によるペニバン挿入でした。上手く入るんでしょうか......。

↑先端が直腸内部に埋まり込み、沙楽女王がゆっくりと腰をグラインドさせています。そのハードな刺激に「うわああっ!」と悶絶寸前のyamakuniさん。

↑やはりアナルはまだまだ初心者。顔を真っ赤にして謝りながらのギブアップです。

↑本当は二人の女王から交互に犯してもらう予定でしたが、ここはイラマチオだけで許していただくことに。プレイはまだまだ続きます。

剃毛が終わった後、華乃女王様の指が僕のアナルのまわりをゆっくりと愛撫しはじめました。沙楽女王様は僕の手足をぎゅっと押さえて僕のアナルが広がるような体勢にしています。

恥ずかしく広げられた僕のアナル。そこに華乃女王様の指が少しずつ入っていくのでした。上を見れば沙楽女王様を見上げる状態で、下を見ると華乃女王様がいやらしい表情で僕を責めている様子が見えます。視界だけをとってもすばらしい光景がそこにあるのでした。

アナル責めの間も、沙楽女王様は、また僕の乳首を苛めます。僕はまた大きな声を上げてしまいます。今日は乳首責めはずっと続くみたいです。

華乃女王様は指を抜いた後、今度はおもちゃを僕のアナルに挿入しました。するっとおもちゃが僕のアナルに入った後、スイッチが入れられ、振動が僕の直腸を刺激します。恥ずかしい声を出してしまう僕を見て楽しそうに笑う2人の女王様。僕のアナルの感度はお2人に気に入って頂けたようです。

今度は沙楽女王様が僕のアナルを責める番のようです。まず沙楽女王様の指が僕のアナルにすっぽり入りました。

「絞めつけてみてごらん。できなかったら、ぐりぐりするから」

沙楽女王様の指は華乃女王様よりも激しく僕のアナルを刺激します。僕はアナルに力を入れてみますが、絞めつけられたかどうかはわかりませんでした。その間に華乃女王様が、僕の頭のほうにいました。そしておもむろに僕の顔の上に座られました。

顔面騎乗です。華乃女王様の秘部が僕の口元に当たります。華乃女王様はしっかりと腰を下ろしてくださったので、息ができない状態になりました。でも僕は苦しいというより、気持ちがいいのほうが思いが強かったです。

華乃女王様はさらに向きを変えての顔面騎乗もしてくださいました。これもとても気持ちが良かったです。

この間も僕のアナルは沙楽女王様に責めて頂いてました。「指2本入れちゃお」と言った沙楽女王様は素早く指を2本にして僕を責めました。僕のアナルは沙楽女王様をすんなりと受け入れいていました。

「じゃあ私は乳首さわっちゃおう」

華乃女王様は顔面騎乗のまま乳首責めもプラスしました。僕は本日2度目の幸せを感じていました。

アナル責めが終わり、いったん縄を解くことになりました。手際よく縄を解く沙楽女王様。華乃女王様はその間も僕の乳首を責めます。普通はインターバルになるようなこんな間も、お2人にかかればプレイになってしまうようです。

僕がここまでで見せた反応からこの後のプレイ展開が決まってしまったようで、僕の乳首責めのことも考えて次の縛りは沙楽女王様のお得意のブラ緊縛になりました。

立たされて沙楽女王様にブラ緊縛を施して頂いている間も、華乃女王様は休みません。僕のチンポをぎゅっと掴むような感じに苛めます。

「ほら、何もしていないのに、ココどうなってるの?」

華乃女王様が聴きます。僕は2人の女王様が近くにいるだけで興奮して勃起するようになっていました。僕のそのはしたない姿にビンタする華乃女王様。さらに勃起してしまう僕。この後もずっと勃起しているのは、2人の女王様が休むことなく僕に何かをし続けているからです。

「毎日こんなことばかり考えてオナニーしているの?」

華乃女王様がいやらしく囁くような声で聴きます。僕は小さな声で「はい」と答えましたが、内心「逆に今日のことでこれからいっぱいオナニーできる」と思いました。

僕の激しく勃起しているチンポを見て沙楽女王様が「いやらしいね。クリチンポだね。僕の恥ずかしいクリチンポですって言ってごらん」とおっしゃいました。僕はもう恍惚として言われるがままの行動をとっていました。

なぜなら、とても気持ちいいので、2人の女王様にもっと何でもして欲しいと思っていたからです。僕が言われるがままに答えると、華乃女王様がご褒美として、僕のチンポを激しくしごいてくださいました。

やがて沙楽女王様によるブラ緊縛が完成しました。やはり乳首責めが始まります。僕の背後から手を伸ばして乳首を責める沙楽女王様。前からは、華乃女王様が乳首を責めたり僕のチンポを責めたりしてきます。

僕のチンポからは液が垂れてきました。

「これ何?」

と華乃女王様。僕が「ガマン汁です」と答えると「ガマン汁じゃないでしょ変態汁でしょ!」と沙楽女王様が罵ります。僕は「はい、変態汁です」と訂正しました。僕の素直な態度に2人の女王様の責めはさらに激しくなるのでした。


「乳首に蝋垂らそっか?」

沙楽女王様が蝋燭を用意してくださいました。その赤い蝋を僕の胸に垂らす華乃女王様。どうやらブラ緊縛はこの赤い蝋燭でブラを作って完成のようです。

赤い燭が僕の乳首に当たると、熱いのですが、それよりも変態的な行為による興奮が勝りました。蝋を垂らされるたびに興奮して勃起してしまう僕。それを見逃す筈のない2人の女王様。ついに蝋燭は僕のチンポにも垂らされました。

チンポの先端に垂らされる蝋。赤く色が変わっていく僕の亀頭。何とも言えない興奮が僕の感情を波立たせました。

沙楽女王様は赤く染まった僕のチンポをしごきます。動画ではモザイクで解らないかもしれませんが、僕のチンポは反り返るほど勃起していました。

「どんな気分? 幸せ?」

沙楽女王様が聞きます。僕は声も出せずにただ頷くことしか出来ませんでした。

(続く)
動画を公開中!

巧みな言葉責めのコンビネーションに身も心も熱く火照って......
休む間もなく繰り出される責めの数々に昂揚感が止まらない!! 


関連リンク

取材協力大阪 日本橋「Fin」

●TEL 06-6211-7722
●エリア 大阪 日本橋
●営業時間 12:00〜LAST
●料金 60m ¥15,000

yuki10-1-prf2.jpg
モデル=「蓮見沙楽」女王様

26歳。T160・B9(H)・W60・H86。アナル調教・緊縛・言葉責め。「ペット募集中」 (本人コメント)

yuki10-1-prf2.jpg
モデル=「華乃」女王様

26歳。T170・B85(D)・W56・H85。得意なプレイはナル調教・ペットプレイ。「是非、愛に来て下さいね♪」 (本人コメント)

関連記事

読者代表SM体験レポート大阪スペシャル2012!!
第1弾 大阪・日本橋「Fetishi-sm」綺羅-Kira-さん・しょうさん レポート=編集部
第2弾 大阪・十三「奥様クラブ」」はづきさん レポート=yuki
第3弾 大阪・日本橋「夢楽園」カレンさん レポート=yamakuni
第4弾 大阪・梅田「プライベートSM クラブCarma」一色真珠さん・西条まりもさん レポート=yamakuni
第5弾 大阪・十三「Soft SM Piass」ありすさん レポート=yuki
読者代表SM体験レポート大阪スペシャル2010!!
第1弾 日本橋「Fin」綺羅さん・琥珀さん レポート=yamakuni
第2弾 日本橋「大阪ヌード学園」るいさん レポート=ジュリアーノなにわ
第3弾 梅田「プライベート SM カルマ」森山倫・村川流果・宇梶ねねさん レポート=yuki
第4弾 西中島「新大阪秘密倶楽部」メイさん レポート=yamakuni
第5弾 梅田「梅田人妻秘密倶楽部」ねねさん レポート=ジュリアーノなにわ ※掲載を終了致しました
第6弾 大阪・谷町「谷町秘密倶楽部」ケイトさん レポート=yuki
第7弾 大阪・谷町「谷町人妻ゴールデン倶楽部」雅さん レポート=ジュリアーノなにわ
●体験記事希望読者募集中!
このコーナーに出演したいという方は、お名前、ご住所、電話番号、お顔の確認できる写真を添付し、どんな性癖なのかを詳細に明記のうえ、下記までご連絡ください。フェティッシュな性癖をお持ちの方大歓迎です。

▼株式会社大洋図書 WEBスナイパー編集部
web@sniper.jp

yamakuni-prof.jpg
yamakuni

ある堅めの企業に勤める38歳の会社員。SM経験はほぼゼロ(ハプニングバーでほんの少し体験したのみ)。まだ何もわからないながら、初めて開く扉の前で若干緊張気味......。読者代表として、普通の感覚、普通人(M男だけど)にとっての感動を丁寧にお伝えできればと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。
 |