ミストレスランド 2 Lovely-Candle 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
争えぬ淫獣の血に縛られて......禁断相姦の魔縄が紡ぐ愛と情痴の寓話『~緊縛~ 9 蓬莱かすみ×原美織』(大洋図書)発売!!
村上裕一のゴーストテラス 第61回
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
特選AVレビュー『肉虐メリーゴーランド いろはめる』(ドグマ)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラーむちむちビキニ天国 松下美織』(HMJM)
特選AVレビュー『絶対的鉄板シチュエーション5 愛音まりあ』(PRESTIGE)
舐めて啜って溶かすが如く、骨の髄まで慈しむ縄。『蓬莱かすみ緊縛写真集』(大洋図書)発売中!!
特選AVレビュー『監禁くいこみ股縄弄虐 蠢く女たち』(シネマジック)
特選AVレビュー『むせかえる女の匂い 俺の嫁の母 したたる 華月さくら 篠宮千明 浦野明美』(Mellow Moon)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【37】『真珠色の残像 家族が寝静まった後で』 著者=clone人間 (コアマガジン)
特選AVレビュー『若妻の匂い それから.../君色花音』 (光夜蝶)
2ページまんが 酒場の女【12】
特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
男女関係において「ヤっているのか、ヤっていないのか、それが問題だ!」の結論を出さずには落ち着けない、これをハメレット症候群と名付けたい 映画『静かなふたり』公開中!!
特選AVレビュー『追撃のイクイク美少女レイヤー 003 香苗レノン』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
アップル写真館 Vol.11(大洋図書)
よろめきSpecial 艶 2018年1月号(大洋図書)
スナイパーEVE Vol.66(ワイレア出版)
着物妻の悶え(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.16(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.51(大洋図書)
よろめき 2017年12月号(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾクEX(ミリオン出版)
投稿キング特別編集 投稿愛奴通信 Vol.2(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

アダルトビデオ監督二村ヒトシ、魂の旅路へ!
An adult video supervisor's Nimura Hitoshi serves as a seeker after truth.
読者参加型体験取材にAV監督二村ヒトシが殴りこみ! 女装美少年を出演させるビデオや、美少女にチンコが生えるふたなりモノなど、数々の新たな性的嗜好の道筋を示してきた鬼才AV監督が、魂の旅路を邁進中です。読者代表の皆さんとは、また一味違った体験プレイをお楽しみあれ! 今回訪ねたお店は東京・渋谷にあるM女専門クラブ『渋谷SM倶楽部エムズ』さん。お相手をしてくれたのは清楚な美貌の持ち主でありながら超敏感体質な「なな」さんです。最終ラウンドはようやく攻守交替。でもこの超濃厚プレイ、簡単には終わりません!!
 | 
↑ねっとりキスから始まる第2ラウンド。二人ともヤル気マンマンです。唾液をたっぷりと飲まされるななさん。

↑「舐めさせて下さい」と乳首を舌でご奉仕。気持ちのこもった、トンデモなくイヤラしい舌遣いです。

↑乳首舐めの次はフェラチオです。二村さんにメロメロになってしまったななさんのプライベート感たっぷりな濃厚口淫。

↑と、獣のような低い唸り声を上げて顎を反らせたななさん。その訳は......

↑二村さんがフェラチオされながらななさんの火照りきった膣口を刺激していたのです。

↑さらに悪戯をしていきます。二種類のバイブで二穴責め! 二村さんのペニスを咥えたまま「むわぅ! むわぅ!」と必死の声を上げるななさん。

↑ついさっき、何度も何度もイカされたばかりなのに、またあっと言う間に絶頂へ追い込まれていくななさん。

↑余りの気持よさに自然発生的にオナニーを始めたななさん。自分の世界にドップリと没入しています。

↑ここで攻守を元に戻します。乳首とペニスの同時攻撃で、今度は二村さんを絶頂へと追い込んでいくななさん。

↑熱のこもったバキューム。粘着音がリズミカルに響き渡ります。

↑超濃厚だったプレイもついにフィニッシュ。口の中に発射された精液を掌に載せて確認するななさん。この後、ぺロリと舐めちゃいます。
こないだのコもそうだけどさ、女のコってすごいね。これでひと休みして、お客さんを1人か2人とるんでしょ? 多いときは1日に3人とか相手するんですよね。今日の彼女は、撮影のためにお昼から出勤してきてくれたのであって、普段は夕方から出勤って言ってた。そしたら1日2人ぐらいかな。女の子ってそれができちゃうんだよね、すごいよね。

冷静に考えるとさ、若手のAV男優なんかも同じようなことをやってるわけで、1日に2回、3回とやってるんですよね。そう考えると、いま我々中年男性が思わず溜息をついた、女のコってすごいねえっていうのは、我々がそういう物語を見たいから見ているだけだという。女のコにはかなわないね、というお話にしたいからそう思ってるだけな気がしないでもないですけどね(笑)。うん、そう思っていたいよね。

団鬼六先生の時代から、男が女をイカせるのって、イカせてもイカせても、男は女にかなわないっていうことでしょ、永遠のテーマは。

今日みたいに僕が自分で潮を吹かせたりするのは久しぶりなんです。最近の自分の作品ではまったく自分が出てないから。で、そうするとさ、女のコのさ、手の上で転がされてるな、って感じる。だってケロっとしてるんだもの、女のコは終わると。

潮を吹かせた後で、ケロっとしてるというのは、上手くいった証拠なんです。男が女のコをイカせる立場で考えるとね。でもケロっとされてる女のコを見ると、やっぱり手の上で転がされてるなと感じるわけなんですよ。

そこでケロっとしてるじゃなくてね、甘えがあったりするのは、それは素人女でしょ。甘えてこられてね、鼻の下を伸ばすのもよいとは思いますが(笑)、イッた後でケロっとしてる女を知ってるわけですからね、我々は。それは戦略ですよ、女子力の高さ。女は魔物ですからね(笑)。

僕がAVをつくっていく作業というのは、萌えカードの切り合いだという話をしたら、早川舞先生がね、私もそう思っていたと言われたことがあった。つまりツボの突き合いってことですよね。みんなそれぞれ手持ちのカードを持っていて、そっちがそれを切るなら、こっちはこれを切るっていうふうにゲームを進めていく。だけど結局手持ちのカードしか切れないんですよ。で、それが相手に反応されないとね、こっちの出したカードが、相手に次のカードを出させることがないと、そのカードはその場から流されてしまうんですよ。

そしてSMクラブという社交の場ではね、私はマゾヒストですって言ってお店に行くとね、私はマゾヒストですっていう相手は出てこないんですよ(笑)、当たり前だけど。私はマゾヒストですって言ってお金を払うと、私はサディストですっていう人が出てきてくれるわけです。これってすごいありがたいことなんですよね。

本当にね、僕としては他愛ない話のつもりだった。セックスって自分がどこが感じるか、自分がどういうのが好きかのカードの出し合いだよねって話をしたら、舞さんが食いついてくれて。ああ、あの人はSMの人だなって思ったわけだけど。確かにSMの人ってそれを考え詰めてやってる人は、本当に考え詰めてやってるんだよね。相手がどんなカードを持ってるのかっていうことを最初に確認しないと、事故が起きたりするんですから。

カードの切り合いって話からすると、自分のカードをよく知っている人のほうがモテるよね。というか事故が起きない。だからやみくもにSMの世界に飛び込まず、田口こくまろ先生の連載で学んでいただいてもいいと思う。やる夫の連載は、やる夫というキャラが自分の手持ちのカードを確認していく作業じゃないですか。何ができる、何ができないじゃなく、自分のNG事項を確認するんじゃなくて、何がしたいんだと。やりたいこと、やれること、それをまず自分が把握しないと。

わかってたほうがいいんだけど、でもそれを忘れて、自分のカードを新たに発見されるのもいいんだよね。それは発見っていうよりは、ポケモンで言うとゲットした、ってことかな。自分にはこの能力があったと。そして改めて強敵と出会った時に、そこで自分のカードをどのように切っていくかというね。

個人的に奴隷を持ってたり、あとプライベートで付き合ってたり、主従関係じゃないにしろ、たとえば会社のサラリーマンと同じ会社に務めるOLが普通に交際していて、結婚を考えるなかでさ、アブノーマルなセックスをしてる場合ってあるのかな。遊びでなら、セフレなら、だいたい女が男に惚れてて男がヤリチンで、ハプバーに行くカップルとか、いっぱいいるじゃないですか。でもそうじゃなく、本当に男女が愛しあっていて、できれば男が女に惚れていて、そして深いSMをやっている人たちね。ハプバーに行くなんてとんでもない、本当に2人の愛の世界。そんな人たちはいないんですかね。

投稿写真の世界ではそういう人がいるのかな。でもそれも男がヤリチンで自慢している場合が多い気がするね。そうじゃない男性の場合は相手は妻だったりするのか。そういう場合ってさ、大体のケースで男が女に惚れてると思うんですよね。

そういうのにね、ちょっと憧れる感じがあるんですよ。真実の愛? それは真実の愛とは僕は思わないですね。むしろ恋だと思うんです。恋というのは愛とはとても遠いものだと思う。恋って単なる憧れというか、1人の人間が1人の人間を求める、執着するってことだと思うので。もちろん恋と愛と両方なければ恋愛にはならないんだけど、その一方で恋というのは非常に愛から遠いよね。

いまはさ、男が女に恋をするってことが少ないじゃないですか。女が男に恋してばっかり。SMとかも、女が自分の寂しさの代替行為というか、自分の寂しさの言い訳として、私Mなの〜っていう女が多いじゃないですか。ただかまって欲しいだけなんですよね。私Mだからとか言ってると、ヤリチンにやられちゃうだけ。俺はSだよとかいう男に。

現実にはね、真実のような恋ですか、現実にはないと思うんだけどさ。男はSで女がMで、だけど男が女に恋をしていて、女は男からどんなにいたぶられても、女は美しいままである、みたいなさ。そういうのがね、大都会東京の、この日本のどこかにはないものかと思うわけですよ。

つまりいま俺が入った構図ってさ、女のほうが偉くて、男のほうが身分が下なんだけど、やってるプレイとしては男がS、っていうね。それってSMの世界ではナチュラルな倒錯だと思うんです。気高いものをセックスの時だけ貶めるというね。

でも男が恋をしだすと、女は逃げるんだよねえ(笑)。なんでそこで踏みとどまって、美しい絵をつくってくれないのかなあ。そこで女のコが逃げたところで、老婆心ながらさ、違う形で自分を痛めつける男のところに行ってしまうだけなんじゃないかと思うわけですよ。それならさ、男の愛をしっかり受け止めてくれればいいと思うんだけど、愛されることから逃げるよね。

SMの小説とか背徳的なジャンルでは心理の綾みたいなさ、人妻に恋をして、人妻のマンコはもちろん旦那のものなんだけど、彼女のアナルは俺のものだ、みたいなさ。それってSM小説じゃないですか。人妻が夫には許さないアナルを僕にだけは許してくれる、みたいなさ。そういうの、いまは流行んないのかな。

古典的なSMの話ではさ、男が女を求めて、女がそれを凛とした姿で受け止めるというのは美しい姿だと思うんです。それができればさ、SMは今みたいに不健康な......いや不健康だからいいんだけど、人を幸せにする不健康さと、人をダメにする不健康さがあると思うんですよね。

みんな愛あるセックスをすればいいのにな。なんでしないんだろう。どうしてみんなボタンを掛け違うんだろうね。
口述=二村ヒトシ
動画を公開中!

とめどなくイキ続ける敏感ボディを戦慄かせて熱烈口淫!
体内のエキスを最後の一滴まで放出させられてしまうのは果てしてどっち!?


関連リンク

取材協力東京 渋谷「 渋谷SM倶楽部エムズ」

●TEL 03-3476-0303
●エリア 渋谷
●営業時間 10:00〜24:00
●料金 70分 25,000円

yuki10-1-prf2.jpg
モデル=「なな」さん

22歳。T158・B85・W58・H85。
「若くて可愛く、実にそそられる素朴で控えめな雰囲気。 SMに非常に興味があって自分から面接に来た女の子です。 年齢よりも若く見え、程良い肉付きの色白の美肌は、控え目で礼儀正しい性格と相まってS欲を掻き立てること間違いありません! 」 (お店コメント)

関連記事

二村ヒトシのSM風俗求道者 第1回 東京・大塚「大塚エネマクリニック」有架さん
【1】>>>【2】>>>【3】

二村ヒトシのSM風俗求道者 第2回 東京・鶯谷「SM倶楽部ラ・マン」りんさん
【1】>>>【2】>>>【3】

二村ヒトシのSM風俗求道者 第3回 東京・鶯谷「葵」椿弥生さん 宮下夕貴さん
【1】>>>【2】>>>【3】

●体験記事希望読者募集中!
このコーナーに出演したいという方は、お名前、ご住所、電話番号、お顔の確認できる写真を添付し、どんな性癖なのかを詳細に明記のうえ、下記までご連絡ください。フェティッシュな性癖をお持ちの方大歓迎です。

▼ワイレア出版株式会社 WEBスナイパー編集部
web@sniper.jp

nimurahitoshi.jpg
二村ヒトシ  AV監督。2001年にAVメーカー「ドグマ」設立に係わり、2008年よりフリーとなる。痴女やふたなり、その他、現在のAV作品が内包しているジャンルの形成に多大な影響を与える。現在は監督業のみならず多方面に活躍中。
AV監督二村ヒトシのブログ「流れよ我が愛液、と女優は言った。」
http://blog.livedoor.jp/nimura_hitoshi/
 |