女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
アクセスアップ
新刊情報
ihr HertZ 2018年11月号(大洋図書)
ナンプレパーク&ファミリー 秋晴特別号(ミリオン出版)
おとなの点つなぎ100問 Vol.9(ミリオン出版)
疼く母悶える嫁DX(ミリオン出版)
制服少女COLLECTION Vol.2(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2018年11月号(ワイレア出版)
MAZI! 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1981年11月号 読者空想プレイ
「甲子園に燃えて」
作= 輪島市朗(29歳・会社員)

グラビアページに登場したモデルの姿からオリジナルストーリーを膨らませ、読者による妄想プレイ報告を募った『S&Mスナイパー』80年代初頭の名物企画「あなたならどう責める?」。人気モデル森下亜矢嬢の回で当選作となったのは輪島市朗氏のユニークな一編。ロリータな魅力を放つ亜矢嬢を明るくネチこく責める主人公はとても活き活きとしています。実在の人物がフィクションの中で嬲られる……人気の高かった1本を再編集の上、2回に分けて掲載します。
 | 
ネッチリとした脅迫

「もしもし、森下さんのお宅でしょうか? 私、205号室の輪島ですが、今から8月分の家賃を持って伺いたいのですが……」
「なーんだ、輪島さん。ヨソ行きの話し方するから誰かと思うじゃないの。えーと、今ネエー、お母さん出掛けているのよ。ええ、お店のほうだけど……」

亜矢ちゃんの可愛らしい声が私の耳をくすぐりました。

私が川崎市内にある、こじんまりしたアパート「葵荘」に引っ越して来たのは、2年前の4月のことでした。私は、もともと東京の蒲田駅近くに住んでいたのですが、同駅近くの行きつけの赤ちょうちん「亜矢」で、そこのママから今の葵荘を紹介されたのです。実はこのママが森下亜矢ちゃんの母親で、葵荘の経営もしているのでした。 

毎月末になると、私は葵荘にそれほど遠くない亜矢ちゃん宅へ家賃を届けるのが習慣になっています。

「そうか、お店のほうに行く時間だったねえ。いや、実は近々出張して留守にするんで、払うものは払っておこうと思ってね。それじゃ今から伺うから亜矢ちゃん預かっててよ」
「いいわ、じや待ってる」

亜矢ちゃんと私は、もうすでに顔見知りでした。最初に会ったのは「亜矢」に手伝いに来ていた時でしたが、その後も家賃を払う際に数回顔を合わせて、お茶を御馳走になりながらママと3人で言葉も交わしていたのです。もっとも2人きり、というのは、この日が初めてということになりますが……。

私はさっそく麻縄、イチジク浣腸、バイブ、それに『S&Mスナイパー』9月号をバッグに入れて亜矢ちゃんの家へ行きました。

亜矢ちゃんはダブダブのTシャツに、豊かなお尻の線がはっきり見てとれる白のホットパンツ姿でTVを見ていました。TV画面は熱戦にわきかえる高校野球中継でした。

「亜矢ちゃんの卒業した高校はどうだったの?」

家賃を渡しながら、さり気なく聞きます。せっかくのチャンス、このまま何もしないで帰る手はありません。それに小道具をぎっしり詰め込んだバッグまで用意しているのです。

「あーら、私、女子高なのよ。だから野球部はなかったの。でも近くの高校の応援にはよく行ったわよ。ところで輪島さんの学校は?」
「いや、ウチの学校は全然ダメだね、毎年地方予選の緒戦敗退組の常連だから。今年? もちろん今年も例外じゃなかったようだね」
「あ、そうなの……」

亜矢ちゃんは気のない返事をしながら、再びTVに見入るのでした。私はちょうど彼女のななめ後ろからTVを見るような位置に座っていたのですが、もちろん私の目はTVなど見てはいません。

汗がにじんでいる亜矢ちゃんのうなじから肩、そして健康的に灼けたスラリと伸びている脚を粘るような視線で舐め回していたのです。

亜矢ちゃんの美しい脚は、おそらく日舞のたまものでしょう。ママは亜矢ちゃんに相当期待をかけているようでした。

ママの店に行った時など、「いっちゃん(私は市朗なのでママからこう呼ばれていた)、亜矢は、今に素晴らしいスターになるわよ。ええ、踊りのお師匠さんからスジがいいといわれてるのよ」とよく聞かされたものでした。

性格の不一致とかで10年ほど前に離婚して以来、女手ひとつで亜矢ちゃんを育ててきたママにすれば、亜ちゃんに期待するのも当然といえば当然でしょう。お店の名前を「亜矢」と名付けていることからも、十分それがうかがわれます。

日舞はもとより、歌謡学院で歌のレッスンもさせているということでした。

「ね、ね、輪島さん、ホームラン、ホームランよ。それもサヨナラホーム……」

亜矢ちゃんが歓声をあげて振り向いた拍子に、私が彼女の身体にいやらしい視線を投げかけていることに気づいたのでしょうか、亜矢ちゃんが語尾を飲み込みました。

しかしここで何か間違ったことを喋るとますますマズイと思ったのかどうか、彼女はまるで気づかぬふりで、

「私、お友達と約東があるの。プールに行くことになってるからもうすぐ出掛けなくちゃ……」

そうひとりごとのように呟き、いかにも帰ってくれ、という意向を私に匂わせるのでした。

「プールか、こう暑くちゃプールも混んでいるだろうな」

私のほうは私のほうで、わざと無頓着に呟きます。別に彼女に聞いてくれ、という調子ではなく、呟きを続けました。

「プールってずい分汚いんだってね。かわいい顔した子が、平気でシャーシャーとオシツコしながら泳いでるらしいし」
「まあ、いやねえ、輸島さんたらずい分汚いことを言うのネ」

軽蔑したように私を見つめる眼、そして口調は、私の言うことをつぶさに聞いていた証拠でした。

私はここにきて、はっきりとSM行為を仕掛ける時がきたことを確信したのです。

「いや? 汚い? 亜矢ちゃんは、そんなことを言える資格があるのかな。亜矢ちゃんに比べりゃ、プールでオシッコする娘のほうがずっとかわいいんじゃない?」
「ど、どういうことよ輪島さんッ。お母さんがいないと思って変なこと言わないで頂戴!!」

彼女はピシャリと言いました。それは女性特有のヒステリックな物言いでした。

それでも私は平気でした。もっともっと怒れ、今にその鼻をあかしてやる、といった気持ちだったと言えましょうか。

「たしかにお家賃をいただきましたから、もう帰って。私、これからプールに行くんだから」

プイとふくれっ面をした亜矢ちゃんは、さも不機嫌そうに私を追っ払おうとします。美人は何を着せてもさまになる、とはよくいわれることですが、これは仕草についても言えるようです。この時の亜矢ちゃんの不機嫌そうなふくれっ面も、私にはとても綺麗に思えましたし、魅力的でもありました。

思わずそんな彼女の頬に、熱い私の唇を押しつけて吸ってやりたい衝動にかられたほどでした。

「亜矢ちゃん、亜矢ちゃんはとっても綺麗だし、おまけにスタイルもいいからモデルにスカウトなんかされるんじゃない? 特に雑誌なんかにね」

雑誌なんかに、というのをわざと大きい声で私が言いますと、亜矢ちゃんは一瞬、ピクンと慄えたようでした。

「わ、私、モデルにスカウトされたことなんかありませんッ!!」

自分に言いきかせるような強い調子で亜矢ちゃんは言い、そして私をにらみつけるのです。

「ほう、そうかねえ、私だったら亜矢ちゃんほどの美人は見逃さないんだけどねえ……。特にSMなんかのモデルには、最高じゃないのかな。ロープでぴっちり縛りあげたオツバイのふくらみ……ゾクゾクするだろうなあ……」

私はネチネチした感じで彼女に言いました。もちろん舌なめずりしたりして、わざとイヤラシク言ったのです。

彼女の顔は紅潮して、もう真っ赤でした。唇が怒りにワナワナと慄えています。そして、「帰ってッ、もう帰って!!」と繰り返すのでした。

「それじゃこれは一体誰なのかな。私の目の前の娘とそっくりに見えるけどねえ……」 

いつ何時他人が訪れるかわかりません。そんなことがふと私の頭を掠めると自然に性急な気持ちにもなってきます。

「や、約束してッ、変なこと、変なことは絶対にしないって」

亜矢ちゃんは半ばべそをかいたような表情で私に哀願しました。

しかし、これとて変な話です。すでに“変なこと”は始まっているというのに。やはり彼女の頭の中は恐怖と羞恥で混乱しているのに違いありません。

「それから……」

彼女は上目遣いに私を見ながら言いました。

「それから? それから何んだい。早く言いなよ」
「ママに、ママには黙ってて。私、ママに内緒でモデルのアルバイトしたから……」
「どうせそんなことだろうと思ったぜ。わかった。わかったから早くそのTシャツ……そう、それとスキャンテイもとっちゃいなよ」

亜矢ちゃんは私の言葉を聞くと安心したのか、それとも腹を決めたのか、わりとスピーディーに着ていたもの全てをとりました。

(続く)

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
11.04.26更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |