本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1983年8月号 
編集者突撃モニター
「重役秘書の密かな愉しみ」
文=N.本村

プレイ志願の素人女性を読者の中から募集し、編集部員が実地にプレイを行なって現場の模様をレポートする人気企画「編集者突撃モニター」。何が起こるか分からない、筋書きのないドラマが見せてくれるSMのエロティシズムとは……。『S&Mスナイパー』1983年8月号に掲載された同コーナー「重役秘書の密かな愉しみ」を再編集の上、全5回に分けて再掲載いたします。
 | 
プレイ志願者紹介〜マミ&菅原〜
マミ=♀・21歳。某大手企業勤務のOL。19歳の時から付合ってきた彼との間でSMプレイの経験がある。ハードなプレイは苦手だが縛られるのは好き。「マゾっぽい気分が好き」という“ムード派”M女である。ただし現在はその彼とは絶縁中。菅原=♂・27歳。スナック経営。マミとその彼の共通の友人。SM歴6年のサディスト。マミとは今回のプレイのほんの少し前まで、ただの友達だった。

【1】蒲田行進曲

ある日、本誌の愛読者だという若い男か編集部を話ねてきた。

1年ほど前のことだ。応待した編集音か用件を訊ねると、一度編集部というところを覗いてみたかった、というようなことをその男は言う。そういう客は珍しい。編集者のほうが面喰らってひとまずコーヒーなどいれて応待していると、彼は当の編集者を相手にSM談義を始めた。

それか延々と続く。しかも編集者が仕事で席を立ってもいっこうにかまう様子はない。それはかりか今度は他の編集者に親しく話しかけてまた、愉しそうにSM談義を始める。

不思議なことに、だが、それが少しも図々しいとか小うるさいとか思えないのだ。むしろそのうち編集部全員が、“おもしろい男だ”という印象を持った。

こういうのを持って生まれた人徳、と言えば持ち上げすぎのきらいがあるが、この男の特異性かもしれない。

そうして彼はその日3時間余りも編集部に居つづけて帰っていったのだが、それが縁でそれからも時おり編集部に顔を見せるようになり、われわれ編集部も彼の店に飲みに行ったりして、その後、親しみをこめて言うところの“腐れ縁”がつづいている。

その男か、実は今回の「編集者突撃モニター」の仕掛人、菅原なのである。

彼が編集部に持ち込んできたのは、こういう話だった。

自分とプレイするところを撮彩されてもいいという女性がいる。その女性にはSMマニアの恋人かいるのだが、現在、彼のほうは他の女性に夢中になっていて、2人の仲は冷えきっている。

そのためだろう、先日、彼女のほうから自分を誘ってきた。ところが自分は彼のほうもよく知っていて2人とも友達なのだ。おいそれと誘いに乗るわけにはいかない。が、本当のことをいえば自分は以前から内心彼女に好意を抱いていた。 悩んだすえ、彼女には内緒で彼に、彼女に誘われているけれど誘いに乗ってもいいのかと、きいてみた。すると彼は、かまわないという。

それで彼女とプレイした。そしてその後、本誌のこの企画のことを彼女に話してみた。

彼女はあっさりOKした。恋人へのあてつけの気持もあったのかもしれない。もっとも彼女は根暗なタイプではなく、どちらかといえば好奇心旺盛な、跳んでるタイプの女性で、興味から撮影をOKしたのかもしれない。

菅原はそう言った。

その話をきいていてふと私の頭に浮かんだのは、あの、つかこうへいの『蒲田行進曲』だ。これでいこうと思った。

それなら場所も蒲田にすべきだとその思いつきに固執し、プレイルームのあるラブホテル「W」に決めた。

そうして菅原のいう彼女、マミに会ったのは、2日後のことだった。

待合わせの喫茶店、蒲田駅前の「M」に、菅原と一緒に現われたマミは薄手のセーターに白いパンツというラフなスタイルだった。

どうせ菅原の連れてくる女性だから……と高をくくっていたのだが、意外や意外、丸顔で顔立ちの整ったマミは、眼もとの涼しげなキュートな美人であった。

菅原の紹介で初対面の挨拶をかわした後、ひとまず昼食を取ってからホテル「W」に向かうことにした。

食事中、マミは多くを喋らなかった。といって気遅れとか緊張している様子もなかった。訊けば、ふだんから必要以外のことは余り喋らない、無口なタイプなのだという。

それでも、「お酒を飲むと、とたんにお喋りになるの」と言い、「ね」と菅原に相槌を求める。

「もう一つあるんじゃないか?」

と、菅原。

「え? 何が?」
「オトコ、出てこい」

菅原は某ビール会社のCMコピーをもじって言い、「オトコが欲しくなる」とからかう。

うん、もう、と言うように菅原を笑って睨むと、マミはぶつ真似をする。なんのことはない二人でジャレあっているのだ。

そんな二人を妬ましく思いながら小生、彼らを促してレストランを出た。

小生の後から恋人然としてついてくる二人――蒲田の街を歩きながら小生は思ったものだ。マミと恋人の彼と菅原の関係もそうだが、今の小生と二人の間も、まさに『蒲田行進曲』の世界じゃないか、と。

(続く)

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
11.12.27更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |