本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

スナイパーアーカイブ・ギャラリー 1981年2月号【1】

8102_01_01.jpg 法廷ドキュメント

晒された秘部  第一回

文=法野巌
イラスト=笹沼傑嗣


男の目の前で白い裸身が顫え、秘唇が引き裂かれる

前回掲載してご好評をいただいた法廷ドキュメント第二弾です。挿絵ともどもお楽しみ下さいませ。
 | 

不意の暴漢

昭和35年12月16日、中国地方の有力都市を主たる拠点にしている地方新聞の一面に、35歳の男が首吊り自殺をした旨の記事が載った。原因は病弱な体を苦にしてとのことであった。紙面を占めるスペースの小さなことがその記事の重み、新聞社における取り扱いの程度を示していた。地方新聞なのだから地方で起こったことは一応記事にしておこう、そんな気持ちで事件記者が書いたと思われる型通りの文章であった。

死んだ男の名は等々力一平、年齢は35歳、市内のはずれで小さな雑貨商を営んでいた。一平には妻がいた。早夜、33歳、二人の間には子供がなかった。一平が死んで、早夜に残されたのは、たった今まで2人の住んでいた、旧造りの広い、寂しい暗い家だけであった。

H署が強盗に入られたという被害者からの急報を受けたのは、一平の自殺記事が載った日の約半年前の蒸し暑い晩のことだった。

一平と妻の等々力早夜、この2人が被害を受けた夫婦であった。

後で裁判所に採用された一平の供述調書によって、強盗に押し入られた時の模様を詳細にしよう。「私は、妻と2人で、雑貨商を営んでおります。店はいつも夜の8時頃まで開けております。その日も夜8時頃店を閉めまして、妻と2人で食事をし、店の売り上げを計算し、ラジオを聴いておりますと11時になりましたので、床に就きました。妻も台所の片付けをし、11時頃寝たと思います。30分もたった頃でしょうか、台所の方で、がたがたという妙な音がしますので、泥棒猫でも入ってきたのかなと思い、布団を脱け出して、台所へ行き電気を点けますと、何とそこに男がたっていたのです。ハンチングを被り、マスクをしていましたので人相はよくわかりませんが、身長は六尺ほどあったと思います。体つきもがっしりしておりました。

私が何ですかあなたは、と驚いて尋ねますと男は、いきなり出刃包丁を突きつけまして“大人しくしろ、金を貰いに来た”というのです。私が起き出して行ったきり帰って来ないので妻も布団から出て、台所へやってきました。男の出刃包丁を見て妻も私のように、恐怖のあまり、声も出せない状態でした」「そんな私ら2人を見て男は、用意してきていた麻のロープで私の腕を後に回して縛りつけ、足も縛りつけ身動き出来ないようにしてしまいました。それから女房のことも縛りつけました。そして、包丁を私の頬にピチャピチャと叩きつけて、金はどこにあると言いますので、押入れの中にある手提げ金庫を教えました。鍵は私の昼間着ている服のポケットにありました。男は、その鍵を使って中に入っていた現金10万円を奪って逃げました」手提げ金庫についていた指紋が検出され、指紋照会の結果、強盗犯人は、強盗、強姦など前科3犯白木継夫であることが判明し、直ちに全国に指名手配された。

継夫は1週館ほど前に、刑期を終えて、刑務所を出てきたばかりのところであった。

継夫が大阪市内で交番の署員による不審尋問の結果逮捕されたのは、全国に指名手配されてから2週間後のことであった。逮捕後、直ちに身柄がH署に移され、係官により取り調べが開始された。

継夫が不審に思い、又、安心もしたのは、彼の逮捕の理由となった罪、及び追及の対象となっていた罪が「強盗」のみであったことだ。早夜への「強姦」の罪は欠落していた。

強姦罪により実刑を受けたことのある継夫は、強姦罪が親告罪であることを知っていた。たとえ、強姦の事実がどんなに明らかであっても、被害者からの告訴がない限り、何ら訴追を受ける虞れのないことを継夫はよく知っていた。

だから、自分が強姦罪で追及を受けていないことを知った時、彼は夫婦が告訴をしていないのだと考えた。

事実はほぼその通りだった。「ほぼ」である訳は、告訴だけでなく、夫婦は、早夜が暴行を受けた事実それ自体も捜査員らに申告していなかったからだ。捜査員は事件直後の晩、早夜が茫然自失となっているところから、強盗犯人により早夜が暴行を受けたことを直感したのであるが、その旨示唆したところ夫婦は強く否定したことでもあり、それ以上は突っこんで訊くことは出来なかったのだった。

事件は強盗一罪のみで処理された。つまり逮捕され、勾留され、起訴され、有罪とされた罪名は「強盗」のみであった。警察や、検察庁では、早夜が暴行されたのではないかとの疑いを捨て切れないでいたが、夫婦二人とも否定し、又、告訴されていないことを知った継夫が、取り調べ官や裁判所の心証を害することを虞れて暴行の事実を否定していたことから、それ以上無理な追及をすると、夫婦の関係に微妙な影響を与えると判断し、強盗一罪で処理したのだった。

(続く)


 | 
07.06.02更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス