本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
アクセスアップ
新刊情報
ihr HertZ 2018年11月号(大洋図書)
ナンプレパーク&ファミリー 秋晴特別号(ミリオン出版)
おとなの点つなぎ100問 Vol.9(ミリオン出版)
疼く母悶える嫁DX(ミリオン出版)
制服少女COLLECTION Vol.2(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2018年11月号(ワイレア出版)
MAZI! 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
法廷ドキュメント されど俺の日々
法廷ドキュメント

されど俺の日々  第五回

文=法野巌
イラスト=笹沼傑嗣


次々と凶悪な犯罪を繰り返す正太の犯罪者的性格は中学の頃から如実に現れていた。
houtei15_title.jpg

逆上と衝動の法廷ドキュメント、第八回をお届けいたします。
 | 

犯罪の匂い

正太は一週間ほど次郎のマンションに居候をし、故郷の町に戻った。
戻った理由は新たなる仕事を開始するための準備であった。
次郎は再び手形パクリの仕事を始めようとしていた。
そのためには当然、犠牲者となる手形所持人あるいは手形振出入の存在が必要となる。

次郎が正太に依頼したことは正太の町で資金繰りに困っている会社はないかどうか調べて欲しいということであった。
次郎は正太からの報告があり次第現地に乗り込み、得意の口舌を稼働させて手形をパクッてしまうという段取りになっていたのである。
次郎の命を受けた正太は一路故郷に向かう。
当面の軍資金として、正太は次郎から相当の金を受け取っていた。

次郎の女は、バーかクラブのホステスをしており、彼にどうやら生活費を貢いでいるようだったから、本来の金の出所は、そのホステスということになろうが、正太にとってはそんなものはどうでもよいことであった。
houtei15_03.jpg
一週間ほどの滞在中、女は殆んど毎日次郎の部屋を訪れた。
夜遅く帰ってくると、正太の存在など全く無視して、よがり声をたて始めるのである。
長い刑務所暮らしの禁欲生活の後の独身の正太にとってはたまったものではない。
最初は何と図々しい女だと思っていた正太も、女のあまりにも堂々とした喜悦の声を壁越しに聞いているうちに、どうやら二人は自分の存在を意識して、刺激を感じながら交わっているらしいと気付いた。
そうでなければあれほどあからさまに、

「いく」

とか、

「そこよ、もっと」

とか、

「舌でして」

とか言えるはずがない。
故郷への電車に揺られながら正太は夜毎の次郎と女の交わりを思い浮かべ、一人で興奮していた。
いい女だったな、小柄で腰の所がきゅっと締まって。
俺の好みだったな。
俺の顔を見てにっこりしてたな、しかし、どうして女というものは夜あんなことをしているくせに、朝になると、何にも無かったような顔が出来るのかな。

二時間ほどの車中、正太は女のことばかり考えていた。
そう言えはしばらく正太は女に接していなかった。
よし、今夜は女を見つけるか。
これで今夜の行動は決まった。

(続く)

 | 
07.08.13更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス