ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
法廷ドキュメント されど俺の日々
法廷ドキュメント

されど俺の日々  第六回

文=法野巌
イラスト=笹沼傑嗣


次々と凶悪な犯罪を繰り返す正太の犯罪者的性格は中学の頃から如実に現れていた。
houtei15_title.jpg

逆上と衝動の法廷ドキュメント、第八回をお届けいたします。
 | 

凶悪犯人

天野美代子は恋人の山田一雄の愛撫を股間に受けながら、ため息の出るようなディープキスに応じていた。
一雄の舌は美代子の口の中を蛇のように散策し、彼女の舌を絡め取り、吸い、執拗な密着による刺激を加えていた。
そして、彼の右手は彼女のスカートの下に差し込まれ、パンティストッキングとパンティをその甲に受けて、指は彼女の深奥の湿地帯をまさぐっていた。

彼女がその部分の愛撫を一雄に許したのは今日が初めてだった。
今まで何度かあったデートの時、彼女が彼に許した肉体的接触は抱き合ってのキスまでであった。
抱き合い、興奮した一雄が、片方の手を股間付近にまで伸ばしてくると、美代子は、「だめ」とか、「もっと後で」とか言いながらそこへの愛撫を断わってきたのだった。

美代子は今年の春高校を卒業し、地元の短大に進学していた。
家政科が美代子の選んだ学部であった。
大人しい、優しい性格の女性であった。
目鼻だち、外見も地方都市では上の部類であったろうが、温厚な性格のため並み外れの美人という印象はなく、男から見れば声をかけたくなるようなタイプ、近所の女の娘といった感じの娘であった。

一雄は美代子よりも二年上級であった。
都内にある私立大学へ通っていた。
勿論、家から定期的に通学するのは無理だから、下宿はしていたが一月に一度位は故郷に戻ってきていた。
美代子と会うのがその大きな理由であったことは間違いない。
houtei15_04.jpg
この日は二人にとって運命の日になるはずであった。
美代子はもし一雄が求めるならそのすべてを許しても良いと決心していたのだった。
ただ、彼女はまだ処女であり男を迎え入れるには多少の恐れもあった。
優しくしてくれるかな、と美代子は興奮の中で念じていた。
一雄は美代子が彼の手の動きに合わせて腰を浮かし、指の侵入に協力していることを感づいていた。

――おや、今日は調子が良いぞ――

彼はキャバレーのホステスやトルコ嬢などのその部分を触ったことは何度かあったが、素人の女性の暗黒部分をその指に感じるのは初めてのことであった。
そこは想像以上に柔らかく、温かく、そして潤っていた。
彼は自分の行為によって、彼女が十分に潤いを示していることが誇らしかった。
他人によってはここまで彼女は気分を出すことはない、僕だから彼女はこんなに濡れているのだ。
彼女も僕のことが好きなんだ。

――そうだ、パンティを外してみよう、彼女は拒否するだろうか――

一雄は彼女の尻の方に手を差し入れ、パンティとパンストの縁に指をかけた。
何と彼女は腰を浮かしてくるではないか。
OKなのだ。
外してしまえば思い切り彼女の部分に触れることが出来る。
今日は素晴らしい日になるぞ。

――ねえ、ここじゃ嫌。

何か人に見られているような気がして。
そう美代子が一雄に囁いた時だった。

(続く)

 | 
07.08.14更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス