女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
法廷ドキュメント 闇の中の魑魅魍魎
法廷ドキュメント

闇の中の魑魅魍魎  第八回

文=法野巌
イラスト=兼田明子


身を挺して子供を守るべき両親は意外な行動をとった。
houtei20_title.jpg

久しぶりの登場、法廷ドキュメント第九回をお届けいたします。
 | 

殺害教唆

父親の暴力がすべてを物語っていた。
何ということだ。
男の言ったことは本当だったのだ。
まさかとは思い、そんなことはない、信じたくないと思っていたことが本当のことだったのだ。

この日を境に誠子は一変した。

男は一週間に一度、誠子の家にやってくるようになった。
男がやってくると、父や母は二階に黙って立退いていった。
父も母も誠子も、男も全員が、金利のかわりに誠子の肉体を提供するという取引に参加したのだった。

誠子は、自ら男の首に腕をかけ接吻を求めて行った。
淫らになってやる。
最高に淫らな女になってやる。
淫らになることが大人に対する復讐だ。

誠子の女は急速に開発されて行った。
男が驚くほど、誠子は淫らになっていった。
男に教わることなく、男のそれを口に含み、舐めまわし、自分が上になって男を下半身に収め腰を使い、呻き声をあげた。
二カ月もすると誠子は、自ら積極的に性交をリードするようになっていた。

高校を卒業すると、誠子は男の紹介で、大阪で質屋を営業する男の愛人となった。
質屋からは相当多額の謝礼が男に手渡されたはずだった。
ことあるごとに質屋は、お前には金がかかっていると言っていた。
今度の男は六十五歳拉の年齢であった。
大利根とは大分年の差があり、それだけ、誠子との交渉においては、道具や器具を用いることが多かった。
二号になって半年も過ぎる頃、誠子は緊縛やアヌスの味を覚え込まされていた。

そんな生活か五年間続いた。
誠子は二十五歳になっていた。
肉欲だけの毎日を送っていた誠子は、もう通常人の感覚はなくなっていた。
大人に復讐するために没入したセックスの世界だったが、今や当初の目的は喪失して、誠子の肉体だけが独立して歩き出していた。

質屋は年老い、若い誠子の言うことなら大抵のことは聞き入れてくれた。
五年間のうちに、主客転倒していた。

そんな時、街を歩いていて偶然にあったのが大利根であった。

大利根とはこの五年間、全く音信不通だった。
誘われるまま誠子はラブホテルに入り、大利根に身を任せた。
質屋よりも三十歳も若い彼の体は、誠子を夢中にさせた。

そんな誠子を見て、大利根は自分の連絡場所を教え、再会の約束をしたのだった。
どうやら大利根は組に不義理を働いて追われているらしく、誠子に老人の殺害を教唆し、金品を奪い一緒に外国へでも行ってしまおうと言い出したのは、再会してから三度めの情交を持ったときだった。
その時の大利根の目は、八年前の、誠子を女にした時のあの蛇の目だった。

誠子が久しぶりの性交で、興奮している老人の首を絞めて殺害したのはそれから一週間ほど後のことだった。

(続く)


 | 
07.11.08更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス