ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
編集者突撃モニター
東京SM見聞録 第一回

プレイ報告=本村夏彦


スナイパーアーカイブ、数回にわたって当時の記事をご紹介します。
 | 

●プレイゾーンへ●

「編集者突撃モニターを見て撮影に出演したいとおもっているのだが、夫婦でもかまいませんか?」

という電話をO氏からいただいたのは、前々号(3月号)が出た直後のことだった。

じつはこのときO氏と相前後して同じような電話を何本かいただいたのである(前号のミツコさんもその一人だった)。

皆さん、3月号の神戸のY夫人弘美さんの『好色妻のG腺オーガズム』をごらんになっての電話があった。

『そのうち撮影に出演したいとおもっている』
『ただ今、妻を説得中……』
『撮影のようすについてききたい』

などといった出演希望や問い合わせの電話で、正直言って編集部でもおもいがけない反響で驚いた。驚きよりも嬉しさのほうが大きかったのは、勿論、いうまでもない。この種の雑誌作りには読者の参加が不可欠であり、編集者にとっても何より心強いことだからである。

電話は大半が夫婦や恋人の関係にある男性からだったが、なかには先月号のミツコさんのように女性からのものも二、三あった。

ただ、いざとなるとなかなか決心がつかないのか、いまのところ出演が実現したのは、そのうち前回のミツコさんと今回のO氏夫妻だけである。もっともなかには編集部の撮影だからその点は安心しているといって近々出演してくださる可能性のある方もいる。電話をくださった方たちは勿論、それ以外の方もプライバシーは編集部が責任をもって保持しますので、ぜひあなたやあなた方のプレイをモニターさせてくださるようお願いします。




ところで今回のプレイ志願者、というよりプレイヤーのO夫妻だが、夫君のO氏から編集部に電話があったときはまだ夫人の了解が得られていなかったのである。

だが、O氏の口ぶりには充分に説得の自信が窺え、電話の応待をした私としても大いに期待していたところ約半月後の二月なかば朗報が届いた。裏を返せば約半月かけてO氏は夫人を説得したことになる。

その代償として夫人が求めたのが、東京のSMクラブやSMショーの探訪、観賞とか。

だが、実際は、それは好奇心旺盛な夫妻で計画したことで、それとはべつに夫人の求めた代償というのは都心の一流ホテルに最低三泊はして旅行者気分を満喫したいということだったようである。

O夫妻と会ったのは、そのホテルのロビーだった。

O氏はコールテンの上下にノーネクタイでシャツとベストというラフスタイル。広い額に人なつっこい眼、容貌にマッチした鼻の下にたくわえた髭――役者でいえば渋い性格俳優といった感じだ。

一方の由紀さんと紹介された夫人のほうはセミロングの髪の生え際、そして額がきれいで曲眉豊頬、チャーミングで色っぽい雰囲気をもった女性である。薄い色のファッショングラスをかけ、すらりとした体に黒いシックなドレスがよく似合う。おしゃれが身についている。

そんな魅力的な夫人に、私の気持はもう夫妻のプレイのほうに飛んでいた。が、そんなことはオクビにも出さず夫人にきいてみた。

「東京はいかがですか? 昨日はどこかいかれたんですか?」

夫妻は前日から上京していたのだ。

夫人はO氏のほうをチラッと見ると、

「それが……」

といって微笑んだ。笑うととてもチャーミングで二十九歳の人妻とはおもえない。

昨夜は某劇団主催のSMショーを観てきた、ところがホテルに帰ってきてからO氏だけふたたび外出したという。

「じつは、そのためにもう一泊延ばす約束をさせらたんですわ」

O氏が苦笑しながらいう。そこからはO氏がかわって話した。某SMクラブのSの女性とMプレイを愉しんできたのだという。

O氏はSとMの両刀使いなのである。
訊けばO氏のMプレイは相手が他の女性でも夫人公認らしいのだ。

その理由を、夫人は、

「主人が何かするわけではないし虐められるだけでしょ」

といい、O氏が補足して、

「つまりファックまでいかなければいいってことなんですよ」
「だけど、奥さんもときどきSを演じるわけでしょ?」

私が訊くと、

「ええ。でもわたしは本物じゃないから不満らしいの」

夫人はチャーミングな微笑を浮かべてO氏のほうを見ていう。夫婦が円満にやっていくにはどんな場合でもそこにそれなりのルールがある。ことさら気づかなくてもそういうものが自然に生じているといっていい。

O夫妻の場合は、それがルールということなのだろう。それも夫妻にとっては少しも不自然ではない取り決めなのだろう。それはおたがいの信頼から生まれたことにちがいない。

仲睦まじい夫婦を見ているとそうおもえた。そうおもいながら私は夫妻にふさわしいプレイゾーンへお二人を案内した。

そこは六本木にあるSMサロン『サム』である。経営者の賀山氏にご無理をいって昼間の店内をお借りしたのだ。

(続く)

monitor8305_plyer.jpg プレイヤー紹介
O氏夫妻=夫36歳、妻29歳(当時)。名古屋在住。自営業。結婚7年。SM歴は夫13年、妻7年少々(結婚前から夫と)。夫はS,M両刀使い。妻はM、ただ時々夫の要求でSも演じる。共に好奇心旺盛。今度の上京は東京のSMクラブやSMショーの探訪、鑑賞も目的の一つとか。勿論、第一の目的は今回の本誌への出演。すこぶる人柄のいい、息の合った夫妻である。
目次に戻る

関連記事

編集者突撃モニター
1983年4月号 女子大生は蝋燭がお好き
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【最終回】


mobile_qr.jpg S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!

http://sniper.jp/i/

 | 
09.03.04更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス