Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『人気女子アナ無限痴獄 極上雌犬暴辱TV局』(シネマジック)
未成年に出会おうとするカメラおじさんの細かい手口がいま明かされる! 映画『はらはらなのか。』公開中!!
特選AVレビュー『これが本場のMajor Lady's BOIN!! 大統領もびっくり!日米棒液摩擦(Mellow Moon)』
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【4】後編
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第54回
2ページまんが 酒場の女【6】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年4月号
特選AVレビュー『接吻ヨダレ飲まされ調教/通野未帆 (光夜蝶)』
純粋培養されたカルト家族出身の青年の唇にゴスガールの唇が触れた瞬間いままで積み重ねられてきた全ての書物・訓練・芸術が爆散するのがいい 映画『はじまりへの旅』公開中!!
特選AVレビュー『人間羞恥博覧会 奴隷パドック』(シネマジック)
特選AVレビュー 『Aカップ未満 -従順いいなりいもうと- つるつるぺったん娘 宮沢ゆかり(18)』(K-Tribe)
特選AVレビュー『縄奴隷を望んだ親友の娘 吉川あいみ』(大洋図書)
特選AVレビュー『制服美少女と性交 あまねめぐり(ドリームチケット)』
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【4】前編
特選AVレビュー『キスで理性が崩壊!(ラハイナ東海)』
特選AVレビュー 『経験人数たったの1人! 某有名大学でミスコン準グランプリに輝いた現役女子大生AVデビュー!!/橋口りおな (ワープエンタテインメント)』
とりあたまちゃんシーズン3 わたしのすきなこと【10】「冬には不倫女が自殺する」
特選AVレビュー『AVアイドルどすけべ研究所 file.01 皆野あい(HMJM)』
絵を描く人々 第12回 日本・お絵描き・女の子
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第4話/祇園祥子~偽りの仮面~
アクセスアップ
新刊情報
五十路密会 Vol.10(ワイレア出版)
お絵かきパークminiDX Vol.10(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2017年6月号(ミリオン出版)
蜜濡れ女ざかり Vol.4(大洋図書)
着衣巨乳のお姉さん(大洋図書)
淫らにまぐわう夜這い(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2017年6月号(大洋図書)
BITTER 2017年6月号(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.28(大洋図書)
ナンプレパークmini Vol.8(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑『元カノデスマッチ』(東京ミックス)より。

WEB SNIPER Special Contents!!
『元カノデスマッチ』(東京ミックス)2013年8月9日(月)発売決定
格闘プレイに特化したM男性向けのマニアックな映像作品――その名も『元カノデスマッチ』。監督・脚本はその筋のコアなマニアとして知られ、且つ広告業界で活躍するプロのクリエイター集団「東京ミックス」を率るラスタドン氏。今回は、主演を務めた女優・琥珀うたさんをゲストとしてお迎えし、ラスタドン氏と共に熱い撮影現場を振り返っていただきます。脱線(場外乱闘!?)もありのスペシャル対談。前後編に分けての掲載です。
 | 
―― 本日はよろしくお願いします。まずはおふたり、それぞれの自己紹介からお願いします。

琥珀うた(以下「うた」) 琥珀うたです。うーたんって呼んでください。AV女優をやっています。よろしくお願いします。

ラスタドン(以下「ラス」) ラスタドンです。東京ミックスというクリエーティブユニットをやらせていただいております。よろしくお願いします。

―― 琥珀さん、普段とは勝手が違う撮影だったことと思います。まずは無事に撮影を終えた感想を伺わせてください。

うた 普段やっている撮影と全然違っていて、まず人数の多さにびっくりしました。スタジオへ入る前に、機材がぶわーって外に出てたんですけど、これから映画を撮るのかな?ってぐらいに多くて。私、ここに来て正解だったのかな?って思いました(笑)。びっくりしました。

ラス ピンク映画にも出ていらっしゃるから、もう慣れてるかなと思っていました。

うた 全然。あんなに凄いたくさんの機材があるのは見たことないです。だから朝イチから凄く焦りました。私で大丈夫?みたいな。スタッフの方も気がきく方ばっかりで、現場には私の好きなものばかりそろえて下さって。ホントにないんですよ、そんなこと。ヤバい、頑張らなきゃ!みたいな(笑)。衣装もね、ブーツも特注で作っていただいていて。大丈夫かなこれ......って心配になりました。ありがとうございました。

ラス いえいえ。普段色んな広告を作ってるんですけど、そういう現場はちゃんと仕切らないとモデルさんが怒られてしまうんですよ(泣)。怒って帰られちゃったこともあって(笑)。

うた えーっ、そういう世界なんですか。

ラス そういう一面もあるかも知れません(笑)。お花を用意して、お肌対策に加湿器とか。ケータリングの中身についても予め事務所に伺いました、何が好きですかって。納豆巻きとじゃがリコ、野菜スティックが大好物って伺いまして。

うた そうなんだ(笑)。超うれしかったです。現場でジャスミン茶を置いてくれるところが少ないんです。じゃがリコもあって野菜スティックもあって、テンションめっちゃあがっちゃいましたね。ありがとうございました。

ラス とんでもないです。

―― プロレス技を実際に何度もかけないといけない撮影だったと思うんですが、これまでに似たような撮影を、琥珀さんは経験されているんですか。

うた Mの男の人をボコボコにする撮影とか、女の子相手に技をかけたことはあります。でも自分ではあんまり得意じゃないと思ってたんです。

ラス そうなんですか。

うた 楽しいとは思ってたんですね。だからそういう作品をやってから、酔っ払ってプロレス技をやる時があるらしいんです(笑)。

ラス 酒乱ですね(笑)。

うた 友達に「怖いよー!」って言われて(笑)。

―――技をかけること自体は楽しかったですか。

うた メッチャ楽しかったです。体のこともあるから無理しなくていいよ、って言われてたんですけど、本気でやってました。本気で足4の字固めとかやってたから、私も踵でグリグリしすぎてこの辺が若干痛いなって帰りに気づいたり。途中も思いっきり腕を振り回してたから、めっちゃ楽しかったですね。

↑『元カノデスマッチ』(東京ミックス)より。琥珀うたさんが仕掛ける華麗でダイナミックなプロレス技の数々。

―― 今回の『元カノデスマッチ』という作品のシナリオ自体は、長い間ずっとラスタドンさんが温めてきた物語なんですが、ご存知でしたか。

うた ええっ、そうなんですか?

ラス 高校2年くらいから。

うた ヤバイ(笑)。それヤバい!(笑)

―――それが、琥珀うたさんという女性で実現されたわけですが、実際に琥珀さんが演じている時のイメージ、その印象を教えて下さい。

ラス 想像を超えてましたね。もともとこの格闘ビデオ系では、バトルさんというメーカーがあって。そこでゼミナールみたいなものを開講されているみたいなんですね。脚本を書いて、撮影の現場を仕切ってという。そこでの作品募集に、そういえば僕、撮りたいって思ってたなということで応募したんです。1回は審査を通過したんですけど、僕は色々と凄い細かく書くから、後からごめんなさい、ラスタドンさんの作品はできませんって言われて。その連絡が来たときに落ち込むとか全然なく、じゃあ自分で撮ればいいやって。僕が思い描いてる世界観とか映像美みたいなものはありましたので。難しいかなと感じたのは作品のキャスティングくらいだったんですね。まさか出てくださるとは思ってなかったけど、うたさんのプロダクション、ハスラーさんに直接お伺いしてお話をさせていただきました。本当にハスラーさんは、このような得体の知れない人間がいきなり来てワーワー語って、よくOKしてくださったなって思います。とても感謝しています。MYUさん(琥珀さんが所属するハスラー2代表)、本当にありがとうございました!

↑『元カノデスマッチ』(東京ミックス)パッケージ撮影の様子。

■男優は素人さん(※失神AV出演歴アリ)

うた 相手の男優さん、私お会いしたことがない人でしたね。

ラス あれは素人の方なんですよ。東京ミックスのサイトで募集をかけまして。

うた そうなんだ!

ラス 撮影中に琥珀さんが「おまえ、プロだろ!」って言った時、実は冷や汗かいてて......。プロじゃないんだよなあって(笑)。

うた (笑)。私、知らなくて、勝手に男優さんだと思ってたんです。言って下さいよ! それだったら違うことがいっぱいあったのに......。かわいそう!

ラス いいんです。出演している時点で、プロとしてやっていただかないと(笑)。

うた でもかわいそうだった......。結構私、当たりが強かった。プロだからいいやと思って。マジかよ!

ラス 二人とも、絞め落とされるビデオの経験はあるそうです。

うた あ、そうなんだ。じゃあ生粋のMではあるんですね。

ラス そうです、そうです。

うた じゃあよかった。ああびっくりした。

ラス 今回の募集で何名かにお会いしたんですけど、本当に異常な性癖を持ってる人を求めてたのですが、当初心配していたような、うたちゃん目当ての応募者はいなかったですね。女優さんの事を前もってお伝えしていなかったので当たり前なのですが。女優さんお目当ての人が来たらいやだなと思っていたので。女優さん、こういう方なんですけどって伝えたら、そうなんですかって反応でした。むしろこっちが琥珀さんのこと知ってるんですかって聞いても、女優さんで見てないから分からないって(笑)。

うた 応募される人ってだいたいそうですよ。実際に会ってみて「あっ、そう言えば見たことあります」みたいな。本物の素人さんを呼んだ素人モノの撮影......昨日まで私、素人と一緒に行くバスツアーの撮影に行ってたんです。

ラス 興味深い内容ですね(笑)。

うた それも女優はシークレット。全国から何千通って応募が来て、そこから250人に絞られて、面接して16人が参加できるんです。

ラス えーっ!

うた それはもう完璧な素人さん。彼らはシリーズの過去作品を観て来てるから、そのシリーズのファンなんですね。この作品に俺も出たいって応募されるんですけど、当日にならないと女優は誰が来てるかわからない。だから2日目になって「琥珀さんだったんですね!」って言われたり。そういう人もいるから、ちゃんと女優として見てる人って少ないですよ。

ラス 企画モノだとそうなんですね。

うた わかんないと思います。だから今日の人たちがプロじゃなかったことにびっくりしてるんですよ。めっちゃ上手かったですよね。

ラス 上手かったですね。途中で止めようかと思いましたよ、本当にヤバいのかって。怪我だけは気をつけてましたから。

うた ヤバかったですね、びっくりしました。私、最初はずっとブタブタって言ってたしね。本当に自由にやらせてもらいました。特にこうして欲しいって指示もなかったじゃないですか。だから好きにやっていいんだと思って。いろんなネタをぶっこんで(笑)。

ラス いいんです。本当によかったです。

↑『元カノデスマッチ』(東京ミックス)より。


■女も気になる!?"元カノ"の存在

―― 『元カノデスマッチ』の主人公の男の子からすると、琥珀うたさんは元カノだったわけですが、琥珀さんの中で「元カノ」という響きとか、実際の元カレという存在とか、男の人から元カノとして扱われるみたいな、元カノにまつわる思い出や、印象があれば教えてください。

うた なかなかないんですよ。ホントの元カレとは、別れて友達になることはないんです。

ラス ないですか。男のほうは、ずーっと覚えてるものなんです。

うた 覚えてますけど、でもあんまり別に......。どっちかって言うと私も引き摺ってる人はいます。いまだに引き摺ってる人はいるんですけど、でも引き摺ってる途中で、思い出って美化されるじゃないですか。そうなった時にもう置いておこうって気持ちになる。たぶんさっぱりしてるんですよ、女のほうが。

ラス そうですよね。

うた 前を向くのは早いと思います。

ラス 僕、ホントに、遅くって。

うた そうなんだ(笑)。

ラス 付き合うと長いんです。でも女性の方は別れたら、遅くとも1カ月くらいでちゃんと卒業して次に行くわけです。でも、もうずっとダメージを受けてるじゃないですか。するとそれが、興奮に変わるんですよ。

うた おかしいぞ! 様子がおかしいぞ!

ラス これはNTRですか(笑)。

うた はいはい、なるほど~。

ラス 届かないものが好きなんですね。

うた 女は、元カノの存在は気になるんですよ。

ラス それ、言いますよね。僕は全然、過去は気にならないですけどね。

うた 男って最初の男になりたいって言うじゃないですか。

ラス そうですね。

うた 女って、最後の女になりたいんですよ。そういう性質があるから、最後の女になるには、前の女を超えなきゃいけない。そうなると、前の女はどういう女だったんだろうって気になり始めるんです。

ラス なるほどね。

うた でも負けず嫌いだから、あからさまには「気になる」って言いたくないんです。プライドがあるから。だからなんとなく探るんですよ。友達は元カノのことを知ってるかもしれないから、ちょっとそこと仲良くなってどうのこうのとか、いろいろあります(笑)。男の人は、逆に前の男は気にしないじゃないですか。女はぶっちゃけ自分の前の男なんかどうでもいいと思ってるから、たとえば新しい彼とドライブデートした時に「この道ね、元カレと一緒に来たことある」みたいなことを、頭悪いからちょろっと言っちゃう。結構ぽろっと言っちゃうけど、意外とそれで傷つく男の人もいることを、最近知りましたね。

ラス いるんだ。

うた いるんですよ。やっぱり男的にも、元カレは超えたいんじゃないですかね。

ラス でも、付き合えた時点でもう超えてると思ってますよ、僕らはばかだから(笑)。

うた なるほどね(笑)。でも女はちょっと喧嘩したりすると、そういえば元カレはこういう時こういうふうにしてくれたなとか、思っちゃったりする時があるんです。

ラス なるほど。でも男が連れてくところも、大抵2回目、3回目ですから。

うた (笑)。そうか、絶対そうだよね。だからそこはお互い上手くやればいいんですよ、たぷんね。でも女の子的には、最後の女になりたい。男は一番の男になりたくて、女は最後の女になりたい。たとえばディズニーランドに行ったとしますよね。「私、彼氏と一緒にディズニーランド来るの初めて」って言われたら嬉しいでしょ。

ラス いや、僕はあまり嬉しくないですが。。。。

うた うそ、うそ! ちょっと待って、おかしいよ!

ラス イヤ、特に嬉しくないです。。。

うた なんで(笑)。分かりやすく言えばですよ。友達とディズニーランド来たことはあるけど、彼氏っていう存在の人とディズニーランドに来たのは初めてって言われたら嬉しいじゃないですか。

ラス ああ、それは嬉しいかも。

うた ほらね、一番の男になりたいわけ。この女とディズニーランド来たの俺が一番だぜみたいな。そういうことです。

ラス そういうことですか。

うた はい。何の経験にしろ、俺が一番最初に経験させてあげたっていう感じになりたいんですよ。

ラス あれも一緒? 処女とか。

うた そう、男は処女が欲しいじゃないですか。

ラス いや、絶対ない。

うた それは面倒くさいからでしょ?

ラス そうなのかなあ。僕人生で一回も経験ないですよ、初めての人を抱いた経験。

うた マジですか。私もないです(笑)。作品ではありますけどね、童貞の男の子と、何人か。プライベートではないですね。
(続く)

『元カノデスマッチ』(東京ミックス)
監督・脚本: ラスタドン
主演: 琥珀うた
発売日:2013年8月9日
品番: TKM-01
収録時間:カラー55分
定価:3,980円(税込)
企画・プロデュース:東京ミックス

先行予約をする>>

スペシャルサイトにて詳細を確認する>>
AKIBACOMの特集ページにて詳細を確認する>>

『元カノデスマッチ』発売記念! コミックマーケット84(8月11日、東京ビッグサイト)にて【"元カノデスマッチ コミケ特装盤"オリジナル描きおろしイラスト版ジャケット】販売!!

内容:
・ラスタドン書き下ろしDVDイラスト仕様ジャケット
・元カノプロレスブックレット(元カノプロレス完全版の挿絵16点の中から厳選した8点のイラスト集)
以上をコミックマーケット特別仕様として特別に委託販売する予定。

日時:8月11日(日) 会場:東京ビッグサイト(コミックマーケット84) 東E29a

詳細はブログ・ツイッターにて随時情報を更新!

東京ミックス ブログ:http://mixedfight.blog.fc2.com
東京ミックス ツイッター:https://twitter.com/mixedfight

関連リンク

「東京ミックス」公式サイト

「元カノデスマッチ」スペシャルサイト

販売サイトAKIBACOM 「元カノデスマッチ」特集ページ

関連記事

マゾ男性向け本格格闘プレイ映像作品『元カノデスマッチ』発売記念
クリエイター集団「東京ミックス」代表・ラスタドン氏インタビュー!!
マゾ男性向け本格格闘プレイ作品『元カノデスマッチ』とは何か!? 撮影現場独占レポート!!
 | 
13.08.09更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
WEB SNIPER編集部 |