女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『元カノデスマッチ』
『元カノデスマッチ』

監督・脚本: ラスタドン
主演: 琥珀うた
発売日:2013年8月9日
品番: TKM-01
収録時間:カラー55分
定価:3,980円(税込)
企画・プロデュース:東京ミックス  
主演:琥珀うた『元カノデスマッチ』2013年8月9日(月)発売決定
WEB SNIPER Special Photo Report
格闘プレイに特化したM男性向けのマニアックな映像作品が制作される――その名も『元カノデスマッチ』。監督・脚本はその筋のコアなマニアとして知られ、且つ広告業界で活躍するプロのクリエイター集団「東京ミックス」を率いているラスタドン氏。骨のあるマニア性、制作技術の確かさに加え、主演に話題の人気女優・琥珀うたを迎えるなど様々なレベルでクオリティの高さを期待させてくれる本作。はたしてその実際は......。気になる撮影現場の模様をWEBスナイパーが独占レポートいたします!!
 | 
■プロのクリエイター集団が手がける本格格闘マニア作品!



マゾ男性向け本格格闘プレイ作品『元カノデスマッチ』の撮影情報が編集部へ寄せられた。

M男性向けのアダルトコンテンツは数あれど、格闘プレイに特化したものは非常にマニア性が高い。その手の嗜好がなければ、存在こそ知っていても観たことのある方は少数派だろう。

またこの種の作品は、格闘プレイを得意としたSMクラブが手がけていることも多く、昨今のアダルトビデオにおける著しい映像の高品質化を思うと、内容的なマニア度はともかく、映像品質が高いとはお世辞にも言えない。

だがこの作品の制作に携わるのは、そうしたSMクラブではなく、クリエイター集団「東京ミックス」。彼らの表の顔は、広告業界で活躍するプロフェッショナルの制作集団であるという。

さらに撮影現場はプロレスなどで使われる本物のリングを備えており、その道のマニアには有名な場所とのこと。しかも主演はAV女優の琥珀うた。元AKB48の前田敦子似で、テレビ出演もこなす人気女優だ。

マニア性の高い特殊なジャンルの作品に、有名なAV女優を起用。しかも制作を担当するのは広告業界で活躍するクリエイター集団。こうした情報だけでも、今まで観てきたマニアものとは異なった今作への期待が高まる。

では早速、撮影現場の様子をお届けしよう。

■テレビで観たあの臨場感溢れるリングが出現!



スタジオへ入ると、まずは格闘の舞台となるリングの大きさに驚かされた。プロレスのテレビ中継で見る本物のリングである。すでにライティングが施され、リングだけでも充分な存在感を放っている。備え付けられているゴングも場の雰囲気に華を添える。

主演の琥珀うたが着用しているのはレスリングスーツ。彼女のスレンダーな肢体がこれでもかというほど強調され、その麗しいスタイルに目を奪われてしまう。そしてリング上にはもう1人、筋肉質ながら適度に締まったスタイルの男性が、マスクを被ってレスラー然とした格好で立っていた。

このリングの様子だけで、プロレスや格闘技が持っているある種の臨場感が、ひしひしと伝わってきた。狭いマンションにマットを敷いただけの空間や、天井が狭い空間に無理矢理設置されたリングとは決定的に異なる、闘いの場と言っていい特殊な舞台が、スタジオ内に現われていた。

こうした場の雰囲気の形成には、彼らが身に着けている衣装や小物もさることながら、ライティングによって生み出される効果が非常に大きい。
よくよくスタジオ内のスタッフに目を配ると、照明のスタッフが多いのだ。話を聞いてみると、広告の製作現場を主に手がけている照明専門会社のチームだという。ライティングディレクターは「テレビで観るような臨場感、あの雰囲気を目指した」とのことだが、ものの見事に再現されていて、「東京ミックス」というプロのクリエイター集団の実力を実感する。ちなみにこれまでリング上のライティングを設営した経験はないそうなのだが「いつもやっていることなので」と笑顔で返されたのだった。

またカメラを担当するスタッフにも話を伺ったが、こちらもやはり格闘SMプレイの撮影は経験されていないらしい。カメラマンの方いわく、「締め技をじっくり捉えたいという思いもあるし、技をかけている琥珀うたさんの身体の全体感、そのどちらもきちんと撮影したい」とのこと。「何度もやり直しができない撮影だからこそ、狙っていく瞬間を絞っていく」とのことで、そうした撮影の妙の実際については、作品の完成を待ちたいところだ。

■マゾヒスト男性必見! 密着と苦悶のせめぎあい



リング上では琥珀うたと男性が、技術指導のスタッフから丁寧に指導を受けながら、様々なプロレス技を披露していく。足4の字固めやコブラツイストといったひと目でわかる有名な技から、見たことのない技まで本当に様々な技を男性へとかけていく。技によっては2人の肌がぴたっと密着したりする技があるのだが、羨ましいと思う間もなく男性から苦悶の声が上がるのだ。まさにアメとムチ、いやM男性の場合はアメとアメだろうか。

主演の琥珀うたも、ここまで本格的な格闘作品への出演は珍しいとのことだが、身体を動かすことや男をいじめることが大好きだそうで、端で観ていてとても楽しそうに技をかけている。
特に男性のマスクが取られるシーン、物語上では試合の相手が元カレと露見する場面だが、彼女の見事なまでの嘲笑がアドリブ全開で炸裂。男性に対して思わず気の毒になってしまうほど。琥珀うたのこうした役柄の作品を筆者は観たことがないのだが、これは予想以上にマッチしたキャスティングではないだろうか。

撮影は順調に進んでいく。顔バレした男性は、ついにはリングロープにくくりつけられてしまう。そして下半身を露出させられ、このあと何をされるかと思いきや、性器にオナホールを被せられてしまった。つまり手コキさえしてもらえないのだ。そして射精の際には、これまた見事な罵倒である(もちろん全部アドリブ)。何とも哀れで、被虐的な劣情をもよおさずにはいられないクライマックスとなっているので、是非とも作品で確認していただきたい。



■まさにプロレスならでは、驚愕の入場シーン!

撮影も終盤になり、琥珀うたの入場シーンの撮影となる。これまでのリング上を照らすライティングから大幅な変更となるため、この日の撮影の最後に予定されていたのだ。
プロレスの入場シーンといえば、独特のテーマソングが流れる中で颯爽と選手がリングに上がる、あのイメージが思い浮かぶ。照明チームが手早く新たな照明を組み上げていく中で、監督とカメラマンが何度もカメラワークの確認を繰り返しており、現場にはおのずと緊張感が張り詰めていく。
するとそこにプシューッ!という異音が響くと同時に、辺り一帯には煙が立ち込めていた。なんとスモークマシンである。しかも用意されていたのは2台。この入場シーンのためだけに用意されたものだという。また琥珀うたが入場する花道の両サイドにはフロアライトが置かれ、またたくように点滅を繰り返している。こうした規模のセットは、普通のAVでは使われない。いかに監督がこの入場シーンに力を入れているのかが、よくわかる。

そして照明が徐々に組みあがり、いよいよ本番の収録だが、この模様についてはいち早く予告編の動画が公開されているので、是非ともこちらを確認していただきたい。



M男性向け格闘プレイという、マニアジャンル作品とは思えない規模で制作される『元カノデスマッチ』、その撮影現場レポートをお送りしてきたが、今後WEBスナイパーでは、制作を担当する「東京ミックス」代表で、今作の監督でもあるラスタドン氏のインタビュー掲載を予定している。『元カノデスマッチ』の発売とともに是非とも楽しみにしていただきたい。


取材・文=編集部

『元カノデスマッチ』
監督・脚本: ラスタドン
主演: 琥珀うた
発売日:2013年8月9日
品番: TKM-01
収録時間:カラー55分
定価:3,980円(税込)
企画・プロデュース:東京ミックス

先行予約をする>>

スペシャルサイトにて詳細を確認する>>


関連リンク

「東京ミックス」公式サイト

「元カノデスマッチ」スペシャルサイト
 | 
13.07.05更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
WEB SNIPER編集部 |