女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑前回はナースゾンビだったゾニーは、今回はセーラー服姿。

2013.6.30 Sun at Kinoshita Studio
2013年6月30日(日)東京「木下池袋スタジオ」にて開催
日本が世界に誇るジャパニーズ"フェチ"という共通テーマの元に、AV・エロコスプレイヤー・アーティスト・女優とジャンルの境界線を超えて行なわれる、即売会&パフォーマンスイベント「フェチフェス」。第二回となったこの日は、前回を上回るカオスの様相を呈して一層のパワーが感じられる一日になったとか。当日の現場の模様を、フェチ仲間と共に出展も果たした安田理央さんにレポートして頂きます!!
 | 
今年1月に開催され、好評だったフェチのための即売会&パフォーマンスイベント「フェチフェス」の第二回が早くも開催された。前回は廃病院が会場だったが、今回は池袋のスタジオ6フロアを使用。こちらも撮影スタジオなので、病室だったり、電車の座席だったり、寝室だったりと様々なセットがあってイベント会場としてはかなりユニークだ。

筆者は前回は取材でこのフェチフェスを訪れたのだが、二回目が開催されると聞いて、即座に出展を申し込んだ。こういったイベントは、客として見に行くよりも出展したほうが絶対に面白いからだ。
出展すると決めたものの、さて何を売ろうか。考えていると、周囲の仲間が「フェチフェス、私も出たい」などと言っている。じゃあ、どうせなら一緒にグループとして出展しよう。
それで集まったのが、WEBスナイパーではお馴染みの官能作家・AV監督の小林電人、元S「S&Mスナイパー」編集者で現在もライターとして活躍中のりえ坊、官能作家の大泉りか、そして成人向けTシャツという新しいジャンルを開拓したメーカー思春期マーブルという面々だ。グループ名は「おしどり」にした。打合せをした江古田の飲み屋の店名から取ったという安易なネーミングだ。それぞれ自分の作品を販売すると同時にこのイベント用のDVDマガジンも制作することにした。
これがそのDVDマガジンのPV。



メンバーだけでは保たないので、知り合いのAVメーカーや映像作家からも素材を提供してもらった。「No1 in HEAVEN」以来、久々にDVDマガジンを作ったが、やっぱり楽しい。
せっかく服飾メーカーの思春期マーブルがいるのだからと、おまけにホラー漫画家・神田森莉先生のイラストをプリントしたオリジナルトートバックを付けることにした。
90分収録のDVDにトートバックが付いて1000円という価格は手作りだからこそできた。

さて、当日。開場2時間前の11時に会場入りして自分のブースを設置。われわれは4Fのメーカー/アーチストフロアで、右隣が三和出版、左隣が女優でコスプレイヤーの藤崎ルキノ、向かいがタコシェという知り合いばかりのエリアで楽しい。
思春期マーブルの私物である学校用の机やハンガーラックなどを持ち込んでブースを作り上げる。筆者もコミケや文学フリマなどに出展経験はあるし、思春期マーブルもTシャツイベントなどの常連なので、こうした作業は慣れている。
我々のブースではDVDマガジン「おしどり」の他にも、大泉りかは出版されたばかりの自著『女流官能作家が教える 愛が深まる ライトSM』(スコラマガジン)と手製のヤリマンバッジ、りえ坊も同じく最近出版した処女作『お尻でエッチしたいの ~実践から学ぶアナルセックス入門~』(三和出版)、思春期マーブルはもちろん自社のエロティックTシャツ、そして筆者は顔出しNGの小林電人の代理で彼の監督作DVDを販売した。


↑思春期マーブルTシャツを着て「おしどり」ブース前でセクシーポーズを取る大泉りか。


13時の会場時間になるとお客さんが続々と押し寄せてきた。あっという間にフロアがいっぱいになる。閉場時刻まで、客足が途切れることはなく、前回以上の動員があったようだ。やはり30代前後の成人男性が中心ではあるが、意外なくらいに若い女性客も多く、誰もが興味深げにディープなフェチ商品を手に取って行く。これからは、こういう若い女性客という新しいユーザー層に注目していかなければいけないなというのは、前回のフェチフェスでも感じたことだ。

フェチフェスの開場時間は13時から19時30分。つまり6時間半という長丁場なのだが、こういうブース出展で売り子をやっていると、いつもアッと言う間に時間が過ぎる。色々なお客さんがやって来て、そのやり取りをしているだけで楽しく、飽きるヒマがないのだ。普段、ライターという仕事をやっていると、実際にお金を払って買ってくれるユーザーの人と直接に接する機会はあまりない。こうやって直に販売していると、買ってくれるお客さんというのが、どれだけありがたいのかがよくわかる。全てのクリエイターは、一度即売会の売り子をやってみるべきなんじゃないかと、つくづく思うのだ。筆者も十年前にコミケに参加してから、こうしたイベントの魅力にすっかりとりつかれてしまった。
しかも、このフェチフェス、お客さんに混じってブース参加者のコスプレイヤーやパフォーマーも会場をウロウロしているのだ。その多くが半裸というか全裸に近い格好。目の保養というか、ドキっとする。


↑2Fに出展していたコスプレイヤーの御園くるみ。

↑ふんどし姿が素敵な口枷屋モイラは同じ4Fに出展していた。

↑売るほうも買うほうもコスプレ!


特に前回のフェチフェスでも異彩を放っていたゾンビメイクのパフォーマー、ゾニーがゾンビ歩きでヨロヨロと歩きまわる様はすごいインパクトがあった。

お隣の三和出版のブースでも、AV女優の高沢沙耶がオムツ姿の四つん這い散歩をさせられていたり、販売促進部次長(!)の男性がオムツ姿で呼び込みをしていたのが印象的だった。


↑販売促進部次長自らオムツ姿で三和オリジナルオムツをアピール!

↑会場内を四つん這いでお散歩させられる高沢沙耶。


そんなわけで、自分のブースで売り子をしているだけでも楽しかったのだが、取材目的と好奇心もあり、ちょくちょく他のブースも見て回った。
1Fは受付のみで、2Fではニコ生放送のブースがあり、出展者紹介の番組などを放送していた。


↑司会の三代目葵マリーとAV女優の琥珀うたがニコ生に出演中。


その先には共同撮影スペースがあり、露出度の高いコスプレイヤーやAV女優たちの撮影が行なわれていて目の保養。


↑杏紅茶々を始めとするAV女優たち。


さらにその奥ではコスプレイヤー中心の同人ブースが並んでいる。ここで自らのROMなどを販売しているコスプレイヤーたちも、これまた極めて露出度の高いコスチューム姿なので目のやり場に困るほど。


↑名古屋のコスプレイヤーかえで。

↑電脳小娘のrat桜。咀嚼写真集や付け乳首ROMとかなりマニアックな作品を販売。

↑セクシーな網ランジェリー姿のすぱこすの彩月みほ、金城愛菜。

↑使用済み下着なども販売して、もうほとんどブルセラショップのようなコスプレ同人サークル「ぱるぷんて」。

↑WEBスナイパーナイトにも出演してくれた結月里奈もすごい露出度で。

↑格闘系巨乳レイヤーのコスプレROM写真集を販売していたGLAMOROUS FIGHTERS。

↑こんなSMフィギュアも販売されていた。


そんな中で髭面の男二人で座っていた人気Tシャツブランド「ハードコアチョコレート」は異質で違うジャンルの人のようにも見えた(笑)。


↑映画、プロレス、漫画、エロなどをモチーフにしたTシャツで人気のハードコアチョコレート。


3Fはさらにカオス。バキュームベッド体験や電車の座席、プロレス技体験など、フェチフェスならではのディープなブースが目白押しだ。


↑アヘ声をダウンロードできるシリコン製付け乳首も販売!

↑AV女優のプロダクション、カプセルエージェンシーからは綾瀬みなみと神崎ナオミが参戦。

↑撮影はこんなメニュー。

↑だるま女にされてしまったロリカルトAV女優白玉あも。


そして筆者たちも出展している4Fは、他に異才漫画家・駕籠真太郎の似顔絵描きコーナー、付け牙コーナーに全身タイツ、ドーラーとこちらも混沌。中でも名カメラマン横山こーじが撮影してくれた写真をカレンダーにしてくれるというコーナーが目を引いた。


↑前回も好評だった駕籠真太郎の特殊似顔絵コーナー。カラーで2000円は激安!

↑TOKYOマスク工房のドーラーたち。

↑TOKYO ZENTAI CLUBの全身タイツ娘は、タイツに寄せ描きされていた。筆者は乳房に描いた(笑)。

↑巨匠横山こーじに撮影してもらえる! この時のモデルは地下アイドルの姫乃たま。


5Fは、バルコニーでの自由撮影スペースがメインだが、ドグマなどで監督として活躍している月花、顔面騎乗が体験できるteam凛龍などのブースもあった。


↑月花ブースでは、監督作品の他に、なぜかTOHJIROグッズも(笑)。

↑特別の椅子で顔面騎乗が体験出来るteam凛龍ブース。


そして最上階の6Fでは、伝説のストリッパーであるファイヤーヨーコやポールダンサーTENGAちゃんなどのパフォーマンスが繰り広げられるショーエリアとなっている。


↑フェティッシュなグッズ販売コーナー。UFOキャッチャーも!

↑キャットファイトやフェチ作品をリリースしているCPEブースも女優がいっぱい。


前回に比べると、よりディープなフェチ色が強まった感があるが、それでも動員は上がっているということから、こうしたジャンルを支持する層の厚さを実感できた。
そして、何よりも前回同様、主催側も出展者側も、イベント自体を楽しもうという学園祭感覚が心地好かった。
ちょうど同じ日に横浜でも「ROMケット」というアダルト色の強いコスプレイベントが行なわれていたが、そちらとハシゴで遊びに来たという剛の者も少なくなかった。アダルト系イベントのファンも確実に増えているのである。
我々「おしどり」は、DVDマガジンもほぼ完売し、メンバー各自の商品も好調な売上を見せた。遊びに来た知り合いなどを、どんどん売り子として手伝わせてしまったりして、お祭り感覚を満喫したという感じだ。


↑ 「おしどり」ブース。左から、大泉りか、ベギラマ、りえ坊。

↑ROMケットに出展していた真咲南朋監督たちも参加。


前述の通り、この売り子が楽しくてブースを離れられなかったため、他のブースをあまり見回れなかったのが残念だったくらいだ。
そして閉場間際にあわてて駆け込んだのが、左隣の藤崎ルキノ嬢のブース。せっかくなので、色々なサービスをしてもらえるという「ルキノくじ」(500円)を引かせてもらった。筆者が引き当てたのは「パルプンテ」。ハグ、足で踏まれる、肩を揉んでもらえるなどのメニューから好きなものを選べるという当たり。筆者が選んだのは「ささやき」。ルキノ嬢に耳元でささやいてもらえるというもの。何をささやかれたのかは秘密だ(笑)。


↑ピクニックシート直敷きの藤崎ルキノブースはさすがの人気。あ、パンツ見えてるよ!

↑ルキノくじを引く筆者。

↑ルキノ嬢にささやかれて身悶えする筆者。


やはり見るだけよりも参加する方が楽しかったフェチフェス。次回もぜひ参加したい。しかし、そう思う人も増えるだろうから、次回はさらに規模が大きくなるかも......?

写真・文=安田理央

関連サイト

「フェチフェス 」公式サイト

関連記事

ジャンルの境界線を超えた即売会&パフォーマンスイベント「フェチフェス」レポート!!

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
13.07.04更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
文=安田理央 |