本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
読者代表 豊田がイク! 第28回 東京・池袋「無我」ゆらさん【3】
読者代表 豊田がイク! 第28回 東京・池袋「無我」ゆらさん【2】
読者代表 豊田がイク! 第28回 東京・池袋「無我」ゆらさん【1】
ディープ&ラグジュアリーな本格Fetish空間 SMバー「赤坂Dominatrix」特別フォトレポート
特選AVレビュー『青春と陵辱の肉便器式カリキュラム アヘ顔ダブルピース学園』(ROCKET)
特選AVレビュー『レスボスの掟 束縛羞恥マジックショウタイム』(シネマジック)
特選AVレビュー『ずっと好きだった1 柚木N'』(メディアバンク)
特選AVレビュー『ロシアで見つけた女が全員アナルマニアだった件 』(素人onlyプラム)
特選AVレビュー『挑発面接室/春菜はな』(ワープエンタテインメント)
肛門版The Who!史上最悪のパンクス、GGアリンはなぜ連続殺人犯にならなかったのか 映画『ジ・アリンズ / 愛すべき最高の家族』公開中!!
特選AVレビュー『うまなみの兄にめろめろにされた弟嫁 羽生ありさ』(タカラ映像)
生クリーム味のご奉仕メイド調教ア・ラ・カルト『雪村春樹継承緊縛Vol.2 七海ゆあ Y'S PLAY BONDAGE』発売!!
クラブのフロアはいつだって落ちこぼれの聖地!落ちこぼれというのは例えば、テスト中に窓の外を眺めている人間 映画『ノーザン・ソウル』公開中!!
特選AVレビュー『今日これから...君の乳首、犯しにイクね 星奈あい』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『ボイン温泉旅 羽生ありさ』(GLORY QUEST)
2ページまんが 酒場の女【28】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年2月号
特選AVレビュー『中出しスキャンダル 青の夕陽 蓮美なお』(HMJM)
特選AVレビュー 『スーパーヒロイン裏コード 華翔戦隊クリスタルファイブ』(GIGA)
特選AVレビュー『おなら少女 まなかかな こんなにおならが止まらないのって変かな?お兄ちゃん!』(RADIX)
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.19(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.16(大洋図書)
好色妻が悶えるエロドラマ(大洋図書)
漫画ポルノ夫人 Vol.3(大洋図書)
ト-キョウ バッド ガールズ Vol.59(大洋図書)
昭和の不思議101 2019年 陽春号(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.7(大洋図書)
よろめき 2019年4月号(大洋図書)
素人生撮りBEST COLLECTION Vol.7(ワイレア出版)
封印発禁TV DX 2019年 春号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑素晴らしいメイクに驚かされるフェ血スのゾンビ看護婦。女性客にも大人気だった。

2013.1.27 Sun  at Hatsudai Tamai Studio
2013年1月27日(日)
東京・渋谷「初台玉井病院スタジオ」にて開催
日本が世界に誇るジャパニーズ"フェチ"という共通テーマの元に、AV・エロコスプレイヤー・アーティスト・女優とジャンルの境界線を超えて行なわれた、即売会&パフォーマンスイベント「フェチフェス」。マニアならずとも楽しめるというその現場では、いったいどんな光景が繰り広げられていたのか!? 当日の模様を安田理央さんにレポートして頂きます!!
 | 
↑病院ドラマの撮影などでよく使われている玉井病院スタジオ。外見は完全に普通の病院だ。


老朽化し、すでに廃墟となったその病院に足を踏み入れると、いきなり現われたのは看護婦姿のゾンビ! 血まみれの白衣に腐り落ちた顔面。そして、その手には「ゾンビと撮影 500円」というボードが......。

ここは、フェチをテーマにした即売会&パフォーマンスイベント「フェチフェス」。会場になっているのは、病院を丸々使った撮影スタジオ。会場もユニークだが、販売している商品や、売り子、そしてパフォーマンスも当然一筋縄ではいかない。

ゾンビ看護婦がいたのは、スカトロや唾液などのディープなDVDを販売するフェ血スのブース。その隣では、フェチに造詣の深いライターの下関マグロ氏が自作のパイ投げDVDを販売している。反対側のブースでは、女の子の口腔内にこだわったグリップAVや足フェチ物や金蹴りのパンプスプランニングが。そんなディープなメーカーばかりかと思いきや、その奥にはブルセラ系AVメーカーの老舗みるきぃぷりんが、巨乳コスプレイヤーのchieちゃんを伴ってコスプレ系AVを販売中。さらに廊下の先のブースでは、カルト漫画家の駕籠真太郎さんが似顔絵を描いてくれるという......。


↑あの駕籠真太郎氏が似顔絵を描いてくれる。当然、普通の似顔絵には終わらなかったようだが......。


これは地下階であり、その上の3階までの合計4フロアでこのフェチフェスは開催されているのだ。病院という建物の特質上、幾つもの部屋に分かれていることもあって、即売会と言ってもコミケや文学フリマよりも、学校での学園祭のようなムードとなっている。廊下にゼンタイの女性や、着ぐるみのドーラーがウロウロしているといったシュールな光景も、いかにもお祭りっぽい。


↑パッと見には混雑している病院の廊下なのだが、そこにゼンタイの女性がいるだけで時空が歪む。

↑オブジェや張り紙が無造作にディスプレイされているのが学園祭気分を盛り上げてくれる。


1階はコスプレ系のブースが充実。ブルマー姿の田中まなちゃんの田中やさん、シースルー姿のあきとんさんのはいか×らびっちなど、セクシーな姿のレイヤーさんたちが自ら販売していて、目のやり場に困るほどだ。DVDを購入すると、撮影もできるというのは嬉しいサービス。
このフロアで面白かったのが、元は薬局だった部屋で、ビールの販売をしていたこと。飲みながら会場を見まわれるというのは、なるほど大人の学園祭ならではの楽しみだ。ちなみにハイネケンの小瓶にうまい棒が2本ついて600円だった。


↑様々なイベントで活躍するコスプレイヤー田中まなちゃんの個人サークル、田中屋さん。

↑大胆なシースルーコスチュームが素敵なあきとんさんのサークル、はいか×らびっち。

↑薬局で薬ならぬビールを販売。おつまみのうまい棒が嬉しい。


2階に上がってみると、このフロアでは、マザーズエンターテイメントが北川エリカちゃんを、ベイビーエンターテイメントが奥田咲ちゃんを、ティークラフトが有村千佳、初美沙希を、と売れっ子AV女優を連れてきていて、一段と華やか。こちらでもDVDを購入すると撮影することが出来るのだが、普段のショップイベントや撮影会よりも、グッとお得になっていた。また過激プレイで知られる月花監督や、ストリップや演劇でも活躍する若林美保さんも自らの作品を販売していた。
さらにこのフロアでは、アクリル椅子越しに巨尻女性の顔騎が体験できるデカ尻ドットコム、鞭や拘束具の銀龍堂、全身タイツのTOKYO ZENTAI CLUB、アニメマスクの東京マスク工房、フェチ写真の口枷屋モイラなどのフェチ系も充実していた。



↑二村ヒトシ監督のマザーズエンターテイメントのブースでは北川エリカちゃんが。個人撮影も60 秒千円でDVD 付と激安! 露出度もサービス満点。

↑奥田咲ちゃんはベイビーエンターテイメントのブースに登場。制服姿で撮影できた。

↑ドグマなどで監督している月花さんと、幅広く活躍するパフォーマー若林美保さん。

↑デカ尻ドットコムでアクリル式顔面騎乗ビジョンを体験をする筆者。......すごい迫力だった。

↑TOKYO ZENTAI CLUB には当然、全身タイツの女性たちが。くっきりと浮かび上がるボディラインが艶かしい。

↑東京マスク工房のドーラーさん。エレベーターなどで出会うとドキっとした。

↑オリジナルのアヒルちゃん口枷や写真集を販売していた口枷屋モイラ。

↑ナードでフェティッシュなコンセプチュアルエロリガール、口枷少女モイラちゃん。


最上階展示フロアとなる3階にも、エナメルファッションのRouge、フェイクタトゥーの世之介☆桃色浮世、その場で付け牙を作ってくれる牙師SUMIOのFANG SHOP、レイヤー同人のすぱこすなど、ディープなフェチ系ブースが目白押し。
美術家・蜂谷実奈子がfanfanパーラー所属の吉瀬リナにボティペイントするパフォーマンスも素晴らしかった。


↑エナメル素材のみにこだわったエナメルファッション専門ブランド「Rouge」。オリジナリティあふれる商品の数々。

↑キュートなモデルさんが揃った「すぱこす」ブース。

↑蜂谷実奈子さんによる吉瀬リナさんへのボディペイント。ブースを覗く度に描き込みが増えていく。


地下にはイベントステージもあり、緊縛ショーや、ボディペイントパフォーマンスも行なわれた。筆者が見た時は、三代目葵マリー、駕籠真太郎、下関マグロによるトークショーだった。飛び入りゲストとして、V&Rプランニングの総帥、安達かおるも登場。
客として、豊田薫、松本和彦、ターボ向後といったAV監督の姿もあり、業界人も大集合と言った状況だった。


↑三代目葵マリー、駕籠真太郎、下関マグロというフェチの重鎮たちによる濃密なトークショー。

↑客として来場していた豊田薫監督と松本和彦監督。フェチのパワーに圧倒されていたようだ。


しかし、なによりも興味深かったのは、来場客(コミケに習って一般参加と呼んでいた)の女性率の高さだ。三分の一くらいは女性だったのではないだろうか? ストレートなアダルトイベントでは、あまり見られない光景だ。そう言えば、先日、ギャラリー新宿座で開かれた都築響一氏の「新宿秘宝館」も女性客のほうが多いくらいだった。
アダルトメディア市場は、頭打ちどころかパイがどんどん小さくなって来ていると言われているが、これまでの通常のアダルトジャンルでは取り込めなかった層がまだまだいるのではないか。画一的ではない、もっとユニークなアダルト表現を求めている層が相当数存在するのではないか。そんなことを考えた。
ここに上げたのは、イベント参加のうちのほんの一部のサークルに過ぎない。なにしろ今回参加したのは約50サークルに上るのだ。日本のオルタナティブ・アダルトのパワーを実感させられたイベントだった。
いや、そんなことよりも、とにかく楽しめたイベントだったのである。病院というロケーションを活かした学園祭のような手作り感覚とお祭りムード。サークル参加者も、来場客も、売ること、買うことよりも、まず楽しもうという感覚が伝わってきた。
大きくなりすぎて企業化してしまった日本のアダルト産業は、一度こうしたスタンスに立ち返るべきなのかもしれない。
フェチフェスが定期的なイベントとして定着するかどうかは、まだ未定だが、ぜひ続いて欲しい。個人的にも、昨年あたりからアダルト業界に強く感じていた閉塞感に、パッと光明が見えたような気がした一日だったのだ。

写真・文=安田理央

関連サイト

「フェチフェス 」公式サイト

関連記事

ファン待望の特別イベント「日常フェス2012」特別レポート!!
2012年12月16日 都内某カフェにて開催
異端の祭典「サディスティックサーカス2012~10年目の大逆襲!~」レポート!!
2012年9月29日(土) 新宿FACEにて開催
「アダルトビデオ30周年記念[AV30]感謝祭」特別レポート!!
2012年6月21日 「新宿ロフトプラスワンにて開催 
yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
13.02.02更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
文=安田理央 |