本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPERspecial Report!! 
2012年12月16日 都内某カフェにて開催
youtubeにアップされたサンプル動画から火がついた、嵐山みちる監督のAV作品『日常 神谷まゆのリアルな生活を覗き見することができたなら(h.m.p)』の超人気。ついにはファンたちの熱い思いがメーカーや監督本人に伝わり、待望の特別イベント開催が実現することに! 司会・雨宮まみ、嵐山監督はもちろん、ゲストとして出演男優も登場した、ホットな会場の模様を遠藤遊佐さんにレポートしていただきます。
取材協力=h.m.p
 | 
皆さんは『日常』という作品をご存じだろうか。
あまりにも普通のタイトルなので、すぐにそうとはわかりにくいけれど、れっきとしたアダルトビデオである(※WEBスナイパーでのレビューはこちら)。
今年10月にh.m.pからリリースされたこの作品に火がついたきっかけは、ツイッター。ある日h.m.pの広報さんが『神谷まゆの「日常」が凄くイイですよ! オススメ!』とYoutube動画を紹介したところ、普段はそれほどAVを観ないであろう女性たちから数十件を超えるリプライやリツイートが殺到したというのだ。
反応はどんどん広がり、そのYoutube動画はあっという間に再生2万回突破。『日常』ファンを自負し毎日のようにこの作品を観る人や、監督である嵐山みちるのファンになり他の作品にまで手を伸ばす人が急増しているという。





「男性向けのAVが一般女子に浸透するには、まだまだ時間がかかる」と思い込んでいた私にとってはそれだけでもちょっとした驚きなのだが、今回その動きの一環として、なんと女性限定の観賞会が行なわれるというではないか。
妙齢の女子達が一か所に集まってAVをガン観する......うーん、これは気になる!
というわけで、イベントにお邪魔させていただいた。

会場である都内の某カフェに足を踏み入れてまずビックリしたのは、和気藹々としたムード。
私がこれまで見たことのあるAV鑑賞イベントは、だいたいみんな恥ずかしそうに押し黙って開演を待っているのが常だった。でもこの日はそんな気負いなどまったく感じられず、イベント前から隣の人と楽しげに話したり、飲み物を持ってきてあげたり、まるで普通の女子会のよう。
それもそのはず、よく観ると参加者の胸元には手書きの名札が......。
そう、参加者達は元々ツイッター上では顔見知りなんである。この日はAV観賞会というよりも『日常』ファンのオフ会イベントと言ったほうがいいかもしれない(なんと、はるばる北海道から参加したファンもいたとか。すげえ!)。
会場に集まった女の子たちが股間を濡らし、生ツバをこらえながらAVを観る......というエロティックな図を想像していたので一瞬肩すかしをくらったような気になったが、イベントが始まったらそんな気持ちはすぐに消え去ってしまった。
楽しそうな参加者たち、ノリノリの監督、そして男性向けのイベントでも滅多に見られないようなスペシャルゲスト。んまー、楽しいの楽しくないのって!

まず第一部は、『日常』のダイジェストを観ながらのトーク。
嵐山みちる監督がこの日のために編集したという『日常フェスまでの道のり』の映像が流れると会場は黄色い歓声に包まれ「やだー、もう泣きそう」なんて声もちらほら。え、これってAVイベントだよね......!?
監督と司会の雨宮まみ嬢が登場し、映像を観ながら事前に募った質問に答えたり、撮影裏話を聞いたりしていくという寸法だ。
印象に残ったのは女性客たちのノリの良さ。オフ会な要素のせいもあるのだろうが、壇上の監督にツッコミを入れたり相槌をうったりと、とにかくいい感じ。
質問内容も、映像の美しさや作品のリアリティなど何回となく繰り返し『日常』を観たことがわかるようなものばかりで、嵐山監督のトークもどんどん盛り上がっていく。いやあ、こりゃ作り手冥利に尽きるだろう。
途中、主演の神谷まゆからのビデオメッセージが上映されると、参加者の間からは「かわいぃ~!!」の声。
『日常』は、一人の女の子のちょっとした浮気とその後の彼氏とのセックスを描いた作品で、女子の共感を呼ぶ部分も多い。
実際にツイッターで彼女をフォローしている人もたくさんいるようで、まゆちゃんも「女性ファンは男性ファンと違った心強さとかあったかみがあって嬉しいです!」とニコニコ。あまりの愛らしさに私もニコニコ。神谷まゆ、いいよなあ。

そして第二部になると、スペシャルゲストが登場。
今一番AVに出ているといっても過言ではない男優のシミケンと黒田将稔が駆け付け、ちょっとここには書けないようなAV業界の裏話を披露してくれた。この2人にこんな話を聞けるってだけでもちょっとしたレアイベント。で、この話がまためちゃくちゃ面白いんだから困ってしまう。 
売れっ子AV男優たちが開発したというアクロバティックなスペシャル体位を実演してくれたり、Tシャツを脱いで肉体美まで披露してくれたりと大盛り上がり。こんなの、男性相手のイベントでもなかなか見られない。
特に「今まで一番凄かった現場」の話は、『すべらない話』に出してもいいくらいのクオリティ。一流男優はトークも達者なんだと実感したひとときだった。





約2時間の濃密な時間が過ぎ、最後は、男優さんと監督がそれぞれ用意してきた少し早いクリスマスプレゼントをめぐるジャンケン大会でシメ。
貰えなかった人にも手土産が手渡され、まさしく至れり尽くせりの夢のようなイベントでだった。ああ、私も客として来ればよかった......!

さっき「肩すかしをくらったよう」なんてことを言ったけれど、考えてみればある一本のAVがきっかけでツイッターが盛り上がり、自然発生的にイベントまで行なってしまうなんていうのはそれこそ前代未聞。むしろ本当の意味で、女性発信のイベントといえるだろう。
そしてもう一つ感じたのは、AV業界初のメーカー専属男優になったイケメン男優・鈴木一徹の凄さ。
大人の事情でこの日のイベントには姿を見せなかったものの、『日常』という作品がこれだけの女性に受け入れられたのは、彼のアイドル的なキャラクターによるところが大きい。
しかし、最後に監督がした「鈴木一徹じゃない男優でも、こういう作品があったら観るか」という問いには、大きくうなずく参加者もちらほら。
いわゆる女性向けAVのユーザーと一般AVの距離がグンと縮まった一日だった。

文=遠藤遊佐

『日常 神谷まゆのリアルな生活を覗き見することができたなら(h.m.p)

発売日:2012年10月5日
品番: HODV-20809
収録時間:120分
定価:2.940円
メーカー:h.m.p

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>


関連サイト

「h.m.p」公式サイト

関連記事

特選AVレビュー『日常 神谷まゆのリアルな生活を覗き見することができたなら(h.m.p)』

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(15歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
12.12.23更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
文=遠藤遊佐 |