本家三行広告 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(上段左から)二宮沙樹、日高ゆりあ、あやみ旬果、奥田咲、有村千佳、知花メイサ、北川瞳。

2013.2.7 Thu at LOFTPLUSONE
2013年2月7日(木)
東京・渋谷「新宿ロフトプラスワン」にて開催
バレンタインデーにちなんで開催された「senzai.tv presents vol.1 エッチメガ盛りバレンタインデー」。人気女優たちを肉眼で見られるチャンスとあってAVファンを中心に大盛況となったこのイベント。気になるその中身とは......。現場の模様を安田理央さんにレポートして頂きます!!
 | 
ここのところ、AV女優のイベントが増えている。筆者もロフトプラスワンで行なわれている「これでもかっ!オールスターAV女優ニコ生祭!!」シリーズなどの司会を担当しているが、いつも満員でソールドアウト状態という盛り上がり。
同じくロフトプラスワンで行なわれたこの「senzai.tv presents vol.1 エッチメガ盛りバレンタインデー」も満員御礼の盛況ぶりだった。出演は、あやみ旬果、有村千佳、奥田咲、北川瞳、知花メイサ、二宮沙樹、そして司会アシスタントとして日高ゆりあ。司会はAVライターの大坪ケムタだ。


司会はイベント「バカAV専門学校」でもおなじみのAVライター、大坪ケムタ。


まずは自己紹介から全員揃っての乾杯へ。全員お揃いの「senzai.tv」タンクトップが可愛らしい。これだけの人気女優がズラリと並ぶと、なんとも華やかだ。
続いて二宮沙樹&北川瞳、あやみ旬果&知花メイサ、奥田咲&有村千佳と二人ずつでのトークコーナー。サイン会のようなイベントは慣れている彼女たちだが、こういった場でのトークイベントとなると初めてという子も多く、満員の観客を前にして、まだ緊張もとれない様子。トークも、ややぎこちない感じ。


まずは全員でかんぱーい。

左:緊張ぶりが可愛らしい二宮沙樹と、101発ザーメンごっくんに挑戦した話題など快調に飛ばす北川瞳。 右:学校でやっちゃったと話すあやみ旬果と、なんとお城でやっちゃったという知花メイサ。

Gカップの谷間が眩しい奥田咲と、19歳での初体験話を聞かせてくれた有村千佳。


しかしイベントも後半になると段々テンションも上がっていく。前半はニコ生での中継もあったためお色気要素は抑えめにしていたという理由もあるのだ(しかし、それでも途中でニコ生の放送が中断し、下ネタ連発のためにBANされたのでは?という場面もあった)。そんなわけで後半はお色気サービス全開。これは会場に来た客だけのお楽しみなのである。
まずは知花メイサのダンスコーナー。筆者が司会をやっているイベントでも定番になっているのだが、スラリとしたナイスバディをフルに活かしたセクシーダンスは絶品だ。
そして、ゲームコーナーでは全員が懐かしのツイスターに挑戦。期待どおりにあられもない格好になってしまう彼女たちに、さらにスタッフがカメラを向け、股間や胸元がドアップでスクリーンに映し出されるというオマケ付。ここで、日高ゆりあが「暑いよねぇ」と言いながら服を脱ぎ、下着姿になるというサービスもあり。
ところがツイスターでは、なかなか勝負が付かず、本来なら負けた人の罰ゲームの予定だった張り形での擬似フェラを全員でやることに。みなさんさすがに(?)テクニック抜群。見事な舌遣いに淫語まで連発して、ここで思わず勃起してしまった人もいたのではないだろうか。 
お次はローターを入れてない人を当てるという艶技力ゲーム。ここでテンションがあがった日高ゆりあと北川瞳は、早くもトップレスになり、おっぱいを披露! 北川瞳のGカップ巨乳は迫力満点だった。
有村千佳の生歌ライブを経て、いよいよお楽しみの撮影タイム。ここまでは撮影禁止だったということで、待ち構えたように満員の観客が一斉にカメラを取り出してシャッターを押しまくる様は圧巻だった。女優たちも下着姿、さらにトップレスになっての大サービス。これだけたくさんの人気女優の生おっぱいを見られることなど、なかなかないだろう。
3時間半以上にも及ぶイベントだったが盛りだくさんで、誰もが満足できたのではないだろうか。AV女優たちのそれぞれのキャラクターも楽しめた。


セクシーすぎるダンスを披露した知花メイサ。

恥ずかしすぎる格好になってのツイスタータイム。大股開きの連発!

日高ゆりあに擬似Wフェラする有村千佳&知花メイサ。表情も音もエロい!

左:着うた配信中の「ガルボ」を熱唱する有村千佳。かなり緊張していたみたい 右:勢いで脱いでしまった日高ゆりあと北川瞳。日高ゆりあは、アシスタントなのに脱ぎっぷりがいい(笑)。

左:お待ちかねの撮影タイム。奥田咲&二宮沙樹。 右:知花メイサ、あやみ旬果、有村千佳はトップレスで。

↑北川瞳&日高ゆりあは、さっき一度脱いでいるからと、大胆なサービスまで!


さて、こうしたイベントが増えてきた背景には、AV雑誌の衰退も理由にあるのではないかと筆者は考えている。以前は、雑誌のインタビューや企画ページ、そして連載コラムなどで女優のキャラクターをアピールするのが普通だった。AVとは別の面を見せて、ファンに親しみをもたせるということもAV雑誌の役割だった。
しかし、AV雑誌は現在、ほぼ壊滅状態だ。全盛期には数十誌あったAV雑誌のうち、現在残っているのは片手で数えられるくらいにまで減ってしまった。
ブログやTwitter、そしてニコ生やUstreamなど、AV女優たちがダイレクトに情報を発信できるようになったため、AV雑誌に頼らなくてもよくなり、その結果として雑誌が衰退したとも言えるかもしれない。卵が先か鶏が先かのような問題ではあるが、少なくとも今、AV雑誌がそういった役割を果たすことができなくなっているのは、まぎれもない事実だ。
しかも興味深いのは、こうしたイベントを行なっているのがAVメーカーではなくて、モデル・プロダクションだということだ。今回のイベントもsenzai.tvという大手プロダクション5社が運営する女優データベースの主催だし、前述の「これでもかっ!オールスターAV女優ニコ生祭!!」もマークスグループというプロダクションが単独で開催している。
業界の主導権がメーカーからプロダクションへと移ってきているのだ。これは音楽業界でレコード会社が弱体化してきていることとリンクする。
実際、撮影会がメインの収入になっているという女優も少なくないというし、ミュージシャンがCD販売からライブへと収入の主軸を移したように、AV女優も「ライブ」を重視する時代が来るのかもしれない。
このイベントを観ながら、そんなことを考えた。
なお、「senzai.tv presents」イベントは、早くも7月3日に第二回の開催が決定した。

写真・文=安田理央

関連記事

「senzai.tv」公式サイト

関連記事

Event Report
ジャンルの境界線を超えた即売会&パフォーマンスイベント「フェチフェス」レポート!!
2013年1月27日(日)東京・渋谷「初台玉井病院スタジオ」にて開催
ファン待望の特別イベント「日常フェス2012」特別レポート!!
2012年12月16日 都内某カフェにて開催
異端の祭典「サディスティックサーカス2012~10年目の大逆襲!~」レポート!!
2012年9月29日(土) 新宿FACEにて開催
「アダルトビデオ30周年記念[AV30]感謝祭」特別レポート!!
2012年6月21日 「新宿ロフトプラスワンにて開催 
yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
13.02.16更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
文=安田理央 |