Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『人気女子アナ無限痴獄 極上雌犬暴辱TV局』(シネマジック)
未成年に出会おうとするカメラおじさんの細かい手口がいま明かされる! 映画『はらはらなのか。』公開中!!
特選AVレビュー『これが本場のMajor Lady's BOIN!! 大統領もびっくり!日米棒液摩擦(Mellow Moon)』
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【4】後編
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第54回
2ページまんが 酒場の女【6】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年4月号
特選AVレビュー『接吻ヨダレ飲まされ調教/通野未帆 (光夜蝶)』
純粋培養されたカルト家族出身の青年の唇にゴスガールの唇が触れた瞬間いままで積み重ねられてきた全ての書物・訓練・芸術が爆散するのがいい 映画『はじまりへの旅』公開中!!
特選AVレビュー『人間羞恥博覧会 奴隷パドック』(シネマジック)
特選AVレビュー 『Aカップ未満 -従順いいなりいもうと- つるつるぺったん娘 宮沢ゆかり(18)』(K-Tribe)
特選AVレビュー『縄奴隷を望んだ親友の娘 吉川あいみ』(大洋図書)
特選AVレビュー『制服美少女と性交 あまねめぐり(ドリームチケット)』
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【4】前編
特選AVレビュー『キスで理性が崩壊!(ラハイナ東海)』
特選AVレビュー 『経験人数たったの1人! 某有名大学でミスコン準グランプリに輝いた現役女子大生AVデビュー!!/橋口りおな (ワープエンタテインメント)』
とりあたまちゃんシーズン3 わたしのすきなこと【10】「冬には不倫女が自殺する」
特選AVレビュー『AVアイドルどすけべ研究所 file.01 皆野あい(HMJM)』
絵を描く人々 第12回 日本・お絵描き・女の子
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第4話/祇園祥子~偽りの仮面~
アクセスアップ
新刊情報
五十路密会 Vol.10(ワイレア出版)
お絵かきパークminiDX Vol.10(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2017年6月号(ミリオン出版)
蜜濡れ女ざかり Vol.4(大洋図書)
着衣巨乳のお姉さん(大洋図書)
淫らにまぐわう夜這い(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2017年6月号(大洋図書)
BITTER 2017年6月号(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.28(大洋図書)
ナンプレパークmini Vol.8(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
アメリカンポルノのハードコア女優、エイドリアナが、自ら熱望していた麻縄での緊縛。宙吊り、鞭打ち、鼻フック、蝋燭etc. 次々に繰り出される責めに喘ぎつつ、ブロンド美女の顔に浮かぶのはどんな表情か......。
 | 
緊縛にゲロにスカにフィストファック......と、ここ数年どんどんハード化しているTOHJIROワールド。
今度は何を打ち出してくるのかと思ったら、なんと外人さん! 金髪のポルノスターを日本に呼んで、TJレーベルの看板シリーズ3本(『拘束椅子&アナルトランス』、『縄・○○奴隷』『フィスト・レズビアン』)に出演してもらおうって寸法ですよ。いやあ、こう来るとは思わなかった! アイデアマンですねえ。

白羽の矢を立てられたのは、NYからやってきたというエイドリアナ・ニコール。
緊縛宙吊りされるためにわざわざこんな遠い島国までやってくるなんてどんなキワモノかと思いきや、実はこの方、本国アメリカでは500本以上の作品に出演し、アナルスターの異名をとるガチなハードコア女優なんだとか。
なるほど、言われてみれば喋り方に浮ついた感じがなくて堂々としてます。
中でも2作目になる本作は、彼女が熱望していたという緊縛物。
前に一度麻縄で縛られたときは「縄に包まれている感覚があった」「体の自由はきかないけど心は解放された」なんて言うところを見ると、M女レベルも高そう。

とはいえ、そこはやっぱりポルノスター。日本のAV女優とまったく同じようにはいきません(というか、同じだったらわざわざ彼女を縛る意味がない)。
いつもと同じ責めのメニューでも、ジャパニーズM女の反応とは微妙に違うのが面白いんですよね。

その違いが最もよく出ていたのは、なんといっても前半の鼻フックプレイ。
鼻フックで持ち上げられたブタ鼻を見たTJ監督が「うわ、鼻毛がブロンドだよ! こんなの初めて見た!」「もっとアップで撮っちゃえよ!」とお得意の言葉責めを放っても、笑って「サンキュー」とお礼を言っちゃうエイドリアナ。しかも、こよりを鼻の穴に突っ込む"こより責め"をしたら、なんとくしゃみと一緒に鼻の中からアメリカンサイズの特大鼻クソがポロリ。
AVに、いや日本のメディアにこんなデカい鼻クソが写ったのは史上初なんじゃないでしょうか。それでも悪びれることなく笑っているエイドリアナ......。うーん、アメリカ人に羞恥責めは通用しない模様です。

しかし、ミラ狂美の安定感ある宙吊りにはうっとりした表情を浮かべるし、ビンタや鞭打ちをすれば「アウッ! アウッ!」と痛々しい声をあげる。
涙をためてじっとこっちの目を見据えてくる顔の美しさは、日本人もアメリカンも変わらないんだなー、なんてことを改めて思いました。

さて、後半戦になると男優が投入され、徐々に洋ピンらしいダイナミックな反応が増えてきます。
特にグッときたのは、ゴールドフィンガー加藤鷹にピンクのパイパンまんこをねっとり愛撫されて潮を垂らしながら絶頂する姿。
洋ピンには、こういう「女を指でイカせる」みたいなプレイはあんまりないんでしょうね。派手に絶叫するって感じじゃないけれど、なんとも色っぽい顔をするんですよ。

そして最後の見どころは、蝋燭責めからの3Pファック。
百戦錬磨のポルノスターだけあって、どんな責めも健気に受け入れていたエイドリアナですが、白人の薄い皮膚にポトポト垂らされる真っ赤な蝋にはお手上げだったらしく、足をバタバタさせて子供のように熱がります。
でも、その後の3Pはさすが百戦錬磨のポルノスター。しっとりめのカラミなのにもかかわらず、喉奥まで貪欲に咥えこむフェラや四つん這いでハメられてるときの顔がいちいちエロい。

白人ならではの純白ボディと真っ赤な蝋のコントラストが美しい、ちょっと風変わりな一本。緊縛プレイに国境はあるのかないのか、その目で確かめてみるのもいいんじゃないでしょうか。
また、この三部作は先日AV男優を引退した加藤鷹の最後の出演作だそうなので、そういう意味でも要チェックですよ。

文=遠藤遊佐

『縄・金髪褌奴隷 - エイドリアナ・ニコール(ドグマ)

監督: TOHJIRO
発売日:2014年4月19日
品番:gtj-025
収録時間:本編128分+特典映像12分
定価: 5,184 円
メーカー:ドグマ

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『オナニー・パラノイア - 仲丘たまき(ドグマ)』

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
14.06.02更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=遠藤遊佐 |