ミストレスランド 2 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年4月号
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 天才M女 宮村ななこ』(HMJM)
川上譲治 トーク&上映会「1985-2005裸的群像伝記録映像【あんぐら すとりっぷ】」開催!!
アクセスアップ
新刊情報
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
MAZI! 2018年7月号(ミリオン出版)
おとなの点つなぎ100問 Vol.8(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2018年7月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.14(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.19(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.2(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.54(大洋図書)
よろめき 2018年6月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
旦那との月一のセックスでは満足できず......がっついたオナニーで大量潮吹き、緊縛されての玩具責めに痙攣&大絶叫、嗚咽しながらの連続イラマ、さらには飲尿、首絞め、スパンキングを交えた3Pセックスで連続中出し――。あるマゾ妻の生々しいイキ痴態!
 | 
池上まひろさん。画面をひと目観て、「う~ん」と唸ってしまうほどのイイ女である。33才、清楚な人妻。世田谷辺りの高級住宅街にでも住んでそう。夫は大手広告代理店勤務。カレとは人材派遣会社から受付嬢として出向してたときに見そめられました、みたいな(ボクの妄想ですw)。ただしロングヘアーをゴージャスに巻いてるところに、「実は、夫には内緒なんですが、短大時代キャバクラでアルバイトしてたことがあります」的な雰囲気も漂う(繰り返しますが妄想ですw)。特にイイのは、目尻の下がった美人だということ。つまり「マゾ顔」なんですな。さらにはバストの部分がシースルーになった黒の超ミニワンピース姿で正座。監督らしき男に「色っぽいねえ」と上から目線でからかうように言われると、内面から「イジメて」感が溢れ出すように恥じらう。間違いない、ドMですな、この奥さん。

大手広告代理店勤務(←妄想)の夫は淡泊で、セックスは月に1回あればいい方。4才の子どもがひとり。「まだ女でいたい」「でも子どものことを考えると浮気は出来ない」がAV出演の動機と語る。「どんなことされたいの?」と聞かれると、「言葉で責められたり、叩かれたりしてみたいです」とやっぱりドマゾ。「(ご奉仕好きなので)恥ずかしいですけど、オシッコまで飲み干してあげたいです」。「ザーメンは?」と問われると、恥ずかしそうに「好きです」。「変態なんだね」と笑われると、マゾの歓びが内面からこみあげるのが手に取るようにわかる。「興奮してるでしょ?」と図星を突かれ、いつも変態的行為を思い浮かべてオナニーしてることまで告白してしまうんである。

「オッパイおっきいね」という話題から、「強く揉まれたり吸われたり、叩かれたりしたら、感じちゃうと思います」と答える。すると黒ずくめの男が背後に現われ、乳房を乱暴に揉まれると眼がウットリして、思わず股間に手が。「マ×コ触りたいの? 自分でやりなよ」と、オッパイを揉まれ、乳首を玩ばれながらのオナニー。強く乳首を捻り上げられると、「ああ、もっとして、もっとして!」と貪欲におねだり。そしてあろうことか、「あっ、出ちゃう、出ちゃう、ごめんなさい、ごめんなさい」と派手なセルフ潮吹きだ。うーん、マゾのポテンシャル高過ぎ。

監督に「脱ぎなよ」と、高圧的に命じられ、全裸になると佐川銀次登場。背後から後ろ手に縛り上げられ、立ちポーズに。それだけですっかり興奮する奥さん、軽く触れられるだけでビクンビクンと痙攣する始末。続いて先ほどの男優がローターを2つ持って登場。乳首に当てられるとよだれを垂らし、「ああ、気持ちいい」「乳首気持ちいいです」と歔き、電マを取り出されると「オ××コに当ててください」と欲しがり、するとアッという間に「出ちゃう、出ちゃいます」と失禁。おもらしした後、ヨダレを垂して歓びの余韻に浸る表情も美しい。するとすぐさまその綺麗な口元にバイブをねじ込まれ、「オ××コにもブチ込んでください」と哀願する、そのエロ言葉も達者。

バイブ+電マでクリ刺激されるとまたもや痙攣して潮吹き。それでもガニ股になって貪欲にバイブを欲しがる様が、上品な顔にと相反してイヤらしい。さらにさらに、今度はバイブを抜かれ、乳首を電マ責めされてまたイッてしまう。「乳首だけでイッてごめんなさい」なんて台詞、本物のマゾじゃなければ簡単には出て来ない。続く〈#3・飲尿&連続イラマ〉のチャプターもイイぞ! ピンクのシースルー・ボディスーツで正座。潤んだ眼で「私に、オシッコいっぱい飲ませてください」と訴えると、銀次が「男のオシッコ飲みたいんだ?」と呆れ声で問い、「口を開けてごらん」と大きく舌を突き出したところに、ジョジョジョーと長い放尿。

「もっと飲みたい眼をしてるな」と、もう一人が続けて口へ放尿。これが長い、ジョジョジョジョーッといつになったら終わるんだ?というほど長い。このあたりがTENUN監督、そしてドグマというメーカーの本気でありリアリティ追求。男優に大量の水を飲ませ、限界まで我慢させているのだろう。だから口だけではすべて受け入れられず、池上まひろさんのその美しい顔がオシッコまみれになる素晴らしい画が撮れるのだ。そこから連続イラマチオ、シックスナインで喉の奥をズコズコ突かれ、ラストの〈#4・連続中出しファック〉へとなだれ込む。四つん這いになって自ら指でオ××コを広げ、「この穴、好きに使ってください」とバックからズッポリ。銀次が「コッチも好きに使ってやるぜ」とイラマチオ。2人の男に後ろから前から突きまくられ、「幸せ!」「幸せ!」と願望が爆発する清楚なマゾ人妻なのであった。

文=東良美季

『精神が崩壊するほど濃厚なセックスがしたい人妻の異常な性癖 - 池上まひろ』(ドグマ)

監督:TENUN
発売日:2018年2月15日
品番:ddk160
収録時間: 117分
定価:4,104円
メーカー:ドグマ

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『完全拘束・完全支配 拷問ドラッグ - 鶴田かな』(ドグマ)

東良美季 1958年生まれ。編集者、AV監督、音楽PVディレクター、グラフィック・デザイナーを経て執筆業。著書に『猫の神様』(講談社文庫)、『東京ノアール~消えた男優 太賀麻郎の告白』(イースト・プレス)、『代々木忠 虚実皮膜~AVドキュメンタリーの映像世界』(キネマ旬報社)、他。
日刊更新ブログ『毎日jogjob日誌』
 | 
18.03.05更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
東良美季 |