worldcryptobinary 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
艶のあるマイルドな声で紡がれる、下品な淫語のオンパレード。可愛らしく整った顔立ちの波多野結衣が、ゴージャスなドレスを身に纏い、完全主観映像で淫語責めと寸止めプレイを披露してくれます。S痴女な結衣に優しく虐めてもらいたい、欲張り変態チンポなあなたにオススメです。
 | 
ビーバップみのる監督の人気シリーズ『淫語痴女』。
そのパッケージ表に、所狭しと印字された作品内に登場する淫語責めの羅列、裏には「淫語の目安は 男性器=ちんぽ 精子=ちんぽ汁」という親切すぎる注意書き......。
もうこの時点で、淫語マニアの業の深さをビシバシ感じ取り、レビューをタイプする手が震えてしまう筆者。
だって、このパッケージ裏には全パートの説明とキャプチャ画像も載ってて、注意書きには前述したものの他に、「完全主観映像です。男性が女性を責めるシーンはありません。男性の喘ぎ声はほぼありません。」とまで書いてあるんですよ。
もう細かいのなんのって。
こんなにパッケージの情報量が多いAV作品って、そうそうないんじゃないですかねぇ。
パッケージ読み込むだけで小一時間はかかってしまいそうな勢いです。

そんな超細かい淫語マニアを迎え撃つのは、2008年のデビュー以来、数々の作品に出演してきた売れっ子女優・波多野結衣。
彼女はその可愛らしい顔立ちとは裏腹に、艶のある落ち着いた声でSッ気あふれる淫語台詞も滑らかに使いこなす、まさに『淫語痴女』向きの女優です。

最初のパートはローションを使った手コキプレイなのですが、本作では手コキのことを「手まんこ」という言い回しを使って表現します。
女性のまんこを男性が手で責める際に使う「手マン」という言葉のほうが世間では流通しているため、若干ややこしい感はありますが、ローションをこねくり回した手でチンポを上から包み込んで「上から結衣が騎乗位で犯してあげる」なんて言われると、いっきに手コキという行為の卑猥さが増幅されるんですよねぇ。
今までは手コキって割と作業的なイメージが強くてあんまりグッとこなかったんですけど、この淫語のおかげでいっきにエロファンタジーあふれる行為に昇格しました。
また、序盤は「君のおチンポがカタいから、手まんこもすっごい気持ちいいよ」とやさしく語りかけていた結衣が、徐々にSッ気を出してきて「変態チンポ、淫乱チンポ、だらしないチンポ、くっさいチンポ、ガッチガチの変態チンポ!」と連呼して罵倒していく盛り上げ方も、すごく自然な流れで上手いなぁ、と感心。
何度も寸止めを繰り返して焦らしに焦らし、最後に射精させた後は敏感になったチンポをしごき続けて男の潮吹きまでお披露目してくれるから、観てるこっちもすごいカタルシスが得られます。
筆者は、一般のAVではもはや定番化している女の潮吹きにはさほど興味がなく、「何であんなに潮吹きばっかやらせるのかなぁ」なんて思っちゃうくらいでしたが、こうして男の潮吹きを観ると、俄然テンションが上がってきますねぇ。
やっぱりあのプシャーッと吹き出す、景気良いかんじがいいんだろうなぁ。
快感の極限、って感じですごい気持ち良さそうに見えるし(実際は男の潮吹きってあんまり気持ち良くはないらしいけど......)。

二番目のパートは、顔面アップの淫語フェラ。
「これから口まんこで犯される生チンポ」「結衣の口まんこにいっぱいチンポ汁ぶちまけて、結衣を妊娠させてほしいの」「血管ボコボコ生チンポ」と、とにかく「口まんこ」と「生チンポ」を畳み掛ける結衣。
彼女がこのパートだけちょっと色の濃い赤い口紅をつけていて、フェラしてるうちに唾液で口紅が滲んで唇の周りに広がる感じが、エロさを増長させてて良かったです。
新鮮だったのは、ガマン汁のことを「先汁(先走り汁の略)」と呼んでいたことでしたが、ググったら割と普通にある言葉だったようで、単なる私の知識不足なのか、今はあまり流行ってない言葉なのか......。
でも個人的にはガマン汁って言うほうがグッとくるなぁ。
サキジルって、なんかさきイカみたいだもんなぁ。

三番目のパートは、右乳首・左乳首・チンポの3点責め。
最初はランニングシャツ越しに右乳首を軽くいじった後、ハサミでシャツの乳首部分だけを切り取って直接いじくるという定番の乳首責めに突入します。
「どうして君の右乳首はこんなに大きいの?」「一人でセンズリこくときも、こうやって乳首いっぱい引っ張ってるんでしょ」と言葉責めしつつ乳首をいじるたびに、画面の端でパンツ越しにチンポがピクピク動くのが、着エロ派の筆者にはジュンときました。
右乳首だけをひたすらいじめ抜いた後は、勃起しきった左乳首とチンポにもローションをかけて、3点同時にじっくり可愛がる結衣。
「乳首犯されながら、クッサイちんぽ汁ぶちまけろ」「乳首気持ちいい、って言いながらイケよ」と言いながら手コキでフィニッシュに導きます。

最後のパートは、結衣が体験談という体でオナニー妄想を語りながら、オナニーと騎乗位ピストンを披露します。
その妄想は、「若くて可愛い男の子を逆ナンして女装させて犯した話」という、すごいピンポイントな内容というか、完全に『美少年出版社』のAVみたいな話。
その話の中で相互オナニーするシーンにさしかかると、実際に結衣もおまんこをいじってオナニーしてみせ、騎乗位で犯すシーンに入ると、実際に男優が画面内に入ってきて結衣が騎乗位ピストンを始めるという、なかなか面白い構成です。
これまではずっと男優を責めるだけで余裕たっぷりの結衣でしたが、このパートにきてようやく彼女が喘ぎ声をあげてイく姿が観れるのも、なんだか感慨深い。
最後はコンドームの中に射精された精液をしぼりとって飲み干してしまいます。

いやぁ、これまでも淫語作品はいくつか観てきましたが、本作ほど細かく計算されたムダのない淫語作品は、初めてでしたねぇ。
筆者は特に最初のパートの、淫語による手コキのイメージ改革に、衝撃を受けました。
実際の行為自体はなんら今までと変わりないのに、淫語によってこんなにイメージが変わるなんて......と本当に目から鱗。
淫語があまり好きじゃない人にも、この最初のパートは絶対に観てほしいなぁと思いました。

文=まな

結衣は君のことが大好きだから、結衣の前ではぶっ壊れてほしいの――




『淫語痴女 - 波多野結衣(ドグマ)


監督: ビーバップ・みのる
発売日:2013年5月19日
品番: ddb-215
収録時間:127分
定価:3.990円
メーカー:ドグマ

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『一日ホテル監禁 - 稲川なつめ(ドグマ)』

まな 一般女性とガールズ・オナニートークを繰り広げるUstream番組「女子オナニー会談」主催。その実態は、ニートすれすれのフリーター生活を送る、花も恥じらうアラサー女子です。26歳まで処女だったという暗黒の高齢処女時代のコンプレックスをばねに、図太く生きております。好きなAVのジャンルは、痴女と友情レズビアン。女性が楽しそうな作品が大好物! 将来の夢は、女友達と居酒屋で楽しくオナニー話をすることです。
Ustream番組「女子オナニー会談」
まなのAVレビューブログ=「痴女好き女子」
 | 
13.06.16更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
まな |