本家三行広告 2 Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『ショタに乗り輪姦されて.../笹倉杏 (光夜蝶)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第53回
特選AVレビュー『可愛い顔してとんでもないオッパイ!! 超乳ホルスタインギャルを好き放題ねぶり尽くす! 北嶋あん Lカップ(110)cm ヒップ95cm (マザー)』
特選AVレビュー『艶熟レズフェロモン 二階堂ゆり 加藤あやの(レズれ!)』
特選AVレビュー『マッサージで男性施術師を挑発して感じちゃった私 「こんなスケベで積極的なお客さんじゃ理性が持ちません」(アロマ企画)』
特選AVレビュー『LOVE トラップ/吉澤友貴 (ワープエンタテインメント)』
ヴァニラ画廊【展示室B】「縄のあわれ」開催!!
特選AVレビュー『天然成分由来 加藤ほのか汁120% 加藤ほのかの体液(PRESTIGE)』
特選AVレビュー『アナタのヨガリ顔も撮ってアゲル 二階堂ゆり(NON)』
ヴァニラ画廊【展示室A】椋陽児展「春琴抄」開催!!
特選AVレビュー『最強属性05 小西まりえ(最強属性)』
絵を描く人々 第11回 絵を描くおばあさん
特選AVレビュー『婦人会のBBQ大会で全裸羞恥芸をさせられていた僕の妻(ROCKET)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第52回
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第3話/鬼束寅子の憂鬱
触れるもの全てを台無しにしていく嫌すぎるヴァンサン・カッセルを観ているうちに、でも待てよと思う 映画『たかが世界の終わり』公開中!!
特選AVレビュー『誘惑 美容室 吉澤友貴(ドリームチケット)』
2ページまんが 酒場の女【4】
なぜダメ探偵の出てくる映画はこんなに愛おしいのだろうか。キメ顔してるのにバカに見えるゴズリングが最高! 映画『ナイスガイズ!』公開中!!
特選AVレビュー『舐めたいカラダ 中年オヤジに足の指から耳の裏まで舐め尽くされる変態SEX 紗倉まな (ソフト・オン・デマンド)』
アクセスアップ
新刊情報
ごぶさたな奥さん 2017年5月号(ワイレア出版)
続 IN THE APARTMENT(大洋図書)
青春を呪うな(大洋図書)
MAZI! 2017年5月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2017年5月号(大洋図書)
JK SPECIAL(大洋図書)
人妻(裏)撮りSP(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.7(大洋図書)
エロき農村の妻(ミリオン出版)
激撮! Vol.4(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
人気女優・桃瀬えみるが、グラビアモデルからAV女優となり、現在に至るまでをお酒を飲みながらのインタビューで赤裸々に告白。他では見ることのできない表情、そして言葉の数々に加え、ベテラン男優たちとの4連続セックスを収録。ファン必見の特別な1本です。
 | 
桃瀬えみるちゃんが今までのAV女優人生を赤裸々に告白。心の奥にしまっていたAV女優としての葛藤や辛かった出来事をすべてさらけ出します。約1時間半のインタビューのあと、本番4連発ととこれまた1時間半ぐらいのカラミのシーンがあります。
全部で3時間22分の長尺ドキュメンタリー作品。

白っぽい部屋にえみるちゃんを座らせて、画面のこちら側にTOHJIRO監督がいてビールをつぐ。えみるちゃんはお酒が大好きらしく、このあと彼女のどんどん酔っ払っていく姿が映し出されていきます。これがなかなかカワイイ。だんだん目が据わっていき、呂律がまわらなくなって、頬がほんのりピンク色。ずいぶん久しく美少女路線で売ってきた彼女ですが、いやー、こうしてみるとやっぱり大人の女性なんですねぇ。酩酊状態のえみるちゃんは実に色っぽい。

桃瀬えみるちゃんと言えば、かつてはお菓子系雑誌のグラビアアイドルとして一斉を風靡しました。その後、宇宙企画でAVデビューして、まもなくS1に移籍、あの「おねマス」の初代メンバーで、第1回目の放送での番組第一声は彼女の「あっ、テレビつけちゃったなー!」でした。でもそのうち彼女の姿がいつの間にか消え、そうこうしているうちに大手メーカーの専属も離れます。
その頃、まめに更新していたブログが急に止まったりして桃瀬えみるファンをやきもきさせました。
しかしその後、長期休養のあとアウダースやドグマの作品に出始めて、企画女優として見事に復活を遂げました。

恥ずかしながら小生、実は桃瀬えみるちゃんのファンだったもので、一貫して作品を買い続けてました。彼女の今にいたる軌跡も「何かあるんだろうなぁ」と思いながら見守っておりました。
そういうこともありまして、この作品での彼女のデビューしてからの告白も、いちいち腑に落ちる話として受け止めました。

学生時代はいじめられっ子で友だちがいなかったこと。無断外泊がきっかけで学校にいられなくなり高校を中退したこと。グラビアモデルとしてスカウトされて、行ってみたらエロ雑誌(いわゆるお菓子系雑誌)の撮影だったこと。ヌードグラビアを条件に写真集を出すときの葛藤。さらにAVデビュー。大手セルメーカーに移籍したときの話。

そして人気に陰りが出てきて、売れている女優たちとの差を痛感させられた話。かなり生々しい内容ですが、それだけにえみるファンには深く頷けるところがあります。

「今までやってきたの、なんだったのって思った」「カワイイ子が売れるというのはわかるけど、それは許せなかった。ホント、むかついたし、許せなかった。だったら今すぐやめたいと思った」

このあとも、涙を流しながら次々と心にためていていたことが明かされていきます。
でも彼女を観つづけてきたファンなら納得の内容かもしれません。

AV女優のときに、つきあっていた男性の話の段になって、彼女は突然、画面の向こうの視聴者に謝りはじめます。

「それはぁ、まぁ、この作品をちょっと観てくれている人的にはちょっと衝撃的かもしれないけど、今まで彼氏、いないって言ってたからぁ……。すいません。いたときもありました。でも、まぁいたとき……嘘ついてたこと……なんか、すごく申し訳ないなぁ(泣)。まぁいたときもあったんですけど、やっぱり私が、AV女優だからっていうのがあって、うん、付き合って、ホントに好きになって、付き合って、エッチして……すぐ捨てられるっていうのが多かった……」

その他、マンコが弱くて、撮影のたびに会陰部を切って、痛い思いをしながらカラミをしていたことなど、知られざるえみるちゃんの話が展開されていきます。

「大変だ。すごいいっぱい、もう過去の話、全部してる。観た人、びっくりしちゃうね。でも、もう、今まで、ここまでこういうぶっちゃけトークを、したことなかったから、プライベートにしろ、仕事のことにしろ、だからけっこうブログとかそういうのでも、辛い状況のときとか、ツイッターにしてもそうだけど、私、絶対、ファンの人とか観てくれている人には、弱音とか、そういうの吐いちゃいけないって私の中で思っていて、だから今までは言ってなかった」

途中、AV女優としての力量を見せつけるようなオナニーを挟んで、さんざん話したあとは、酔っ払ったえみるちゃんに濃厚なセックスが待ってます。この時もえみるちゃんは絡んでいる最中に急に泣き出して心を裸にしてのセックスが続きます。
「ああ、そこ、気持ちいい!」「ああ、いっちゃうよぉ!」「だって、気持ちいいの。ああもっとそこ突いてぇ」
佐川銀次、加藤鷹等、4人のベテラン男優たちを相手に小さな体で絡んでいく桃瀬えみるちゃん。彼女の魅力の一つである真白い裸身が何度も硬直してイク姿に、なんだかとても幸せそうな感じがしてしまいます。

最後のほうで彼女はこう言います。

「今回、このねぇ、作品を観てくれた人は、まっ、今までのー、応援してくれてた人たちは、たぶんホントにびっくりすると思うし、ホントにあり得ないくらいぶっちゃけてしまったから……、私自身、今…、ぶっちゃけて、あっ、このあと事務所になんて言われるんだろうみたいな、不安とかもいっぱいあるし、でも私は、今日は、今回は、今までぇ、まぁ約10年間、この業界で仕事してきたぁ、すべてのことを話すって決めてきたから……、話すと決めたけど、こうなるとは思わなかった。ねぇ。まぁ、予想外だけど……、予想外に自分のぉ、本性が出たから、だからそれを、見てくれている人たちがどう受け止めるかぁ、それは、もう見てくれている人たちに任せるしかない」

この言葉が全てを表している作品です。

文=淫語魔

アルコールを片手に大胆なカミングアウトを繰り返し、
今、改めてカメラの前で見せる桃瀬えみる赤裸々なSEX痴態!!


FLV形式 1.64MB 0分40秒

『AV女優になってみて - 桃瀬えみる(ドグマ)


監督:TOHJIRO
発売日:2012年1月19日
品番:ddt-376
収録時間:206分
定価:3,990円
メーカー:ドグマ

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『唾液☆キス魔少女 - 桃音まみる(ドグマ)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
12.01.28更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |