本家三行広告 1 Lovely-Candle 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
返す気もない借金をしてホスト遊びを繰り返し、母乳を欲しがる幼い子どもの面倒も見ない。そんなダメ母に突きつけられた現実。借りた金額をHカップの肉体で払うことになった母・絢那は、その過酷を極めた支払い方法に愕然とするが......。
 | 
ホスト遊びに狂い、ツケが溜まった経産婦の絢那が迎えた衝撃の結末とは――?

絢那はまだ幼い子どもを実家に預けて、毎晩ホスト通いに明け暮れるという怠惰な生活を送っていた。友人やホストたちからの借金やツケは溜まっていく一方だ。しかし、それに悪びれた様子もない傲慢な性格の持ち主である絢那。そんな絢那の態度にもはやガマンの限界を迎えてしまったホストと友人は、共謀して絢那に究極の復讐を果たすことになるというこの話。

ある日、いつもの通り、ホストクラブ帰りの絢那は、チンピラ風の男によって、車に拉致されてしまう。絢那が気がつくと目の前に広がっているのは、真っ暗なだだっ広い空間。そして、手足を黒いラバーで拘束されているではないか! そう、この拉致監禁を仕組んだのは、何を隠そう絢那の友人だったのだ。そこから、友人の復讐である絢那の家畜化計画が始まった。

乳にクリップを挟まれ、散々いためつけられ、弄ばれてしまう絢那。しかし、口には、ボールギャグが挟まれているため、ウーウーとしか声を上げることしかできない。抵抗できない絢那は、無残にもオマンコにバイブを突っ込まれ、文字通り彼らのおもちゃに成り下がってしまうのだった。

乳首をつままれると、柔肌を白いお乳がタラタラと伝っていく。それを男に言われるがままにしゃぶらされ、自らの母乳を飲まされる絢那。

今度は、男に激しくおっぱいを揉まれると、勢いよく白い母乳がこれでもかと搾り出されてしまう。勢いよくいたる方向に飛び出す大量の母乳はまさに圧巻!

さらにおっぱいの全体にクリップを付けられての激しい鞭責めに、絢那はもはや観念したかのようにうなだれるしかない。

しかし、おっぱいへの責めはこれだけで終わることはない。

「これに溜めとこうか? お前の実家に送ってやるよ。赤ちゃんが待ってんだろ?」

男は、絢那をそう脅すと、両乳に母乳吸引機を強制的にセットする。そして、これでもかと機械的に母乳を搾り出してしまうのだ! さらに股間にワインボトルを突っ込むという何とも極悪非道な責めっぷりだ。

幼子を持つ女性ならではのおっぱいに特化した様々なバリエーションの責めに見ごたえがある。

そして、絢那は後ろ手に拘束された状態のまま、チンコをブチ込まれてしまう。その勢いでアナルまで弄ばれてしまうのが、なんとも哀れだ。

その後は、さらに乳首を吸引機で吸われたり、アナルに金属を入れたまま、ロウソクを垂らされたりと責めのオンパレード。

ラストは、手足を拘束された絢那が、アナルをピストンマシーンで激しく犯されながら、電マ責めされるという展開に! ピストンマシーンが登場すると、やはり、さらに堕ちた感が満載になってくる。ラストは、顔に小便をこれでもかとぶっかけられて、便器以下のM女に成り下がってしまったのであった。

おっぱいへの様々なバリエーションの責めっぷりが見所のこの作品。母乳を売りにしているだけあって、かなりの量の母乳が立った姿勢からシャーと下に向かって噴き出す様は、陵辱感も伴ってイイ!

どちらかというと、責めは母乳寄りだが、陵辱のレパートリーが豊かなのでトータルで経産婦の陵辱が楽しめる作品となっている。監禁シーンの冒頭から、絢那に男たちへの諦めがやや感じられるのが残念。最初だけでも、思いっきり抵抗していたらもっと面白かったかも。

文=菅野久美子

『母乳家畜妻 ホスト遊びの結末「ザマァみやがれ」(シネマジック)

監督:雷神
発売日:2015年9月19日
品番: CMF-035
収録時間:100分
定価:4,620円(税抜)
メーカー:シネマジック

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『蛇炎の母娘肉壺蟻痴獄(シネマジック)』


菅野久美子(かんの・くみこ)

アダルト系出版社司書房を経てAV情報誌やホスト雑誌、女性週刊誌で活動。
現在フリーのライター。
著書に『アダルト業界のすごいひと』(彩図社刊)がある。
8月10日に2冊目の単著となる『エッチな現場を覗いてきました!』(彩図社刊)を発売。
 | 
16.01.11更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
菅野久美子 |