Lovely-Candle 2 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『おじさんと毎日SEXしたいんです。 向井藍(アイビーワークス)』
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【32】『覗いてはいけないNEO!III』所収「同級生女子のお漏らし姿を見て俺は」 著者=漢弾地(メディアックス)
特選AVレビュー『惨烈毒牙伝 乳獣に成りさがる清麗女子(シネマジック)』
2ページまんが 酒場の女【5】
淫らなオトナに育てて下さい、お母様にしたように......。爆乳調教DVD作品『縄奴隷を望んだ親友の娘 吉川あいみ』(大洋図書)発売中!!
その競争、参加しようと思った時点で脱落してるから! 映画『ストロングマン』公開!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年3月号
特選AVレビュー『ショタに乗り輪姦されて.../笹倉杏 (光夜蝶)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第53回
特選AVレビュー『可愛い顔してとんでもないオッパイ!! 超乳ホルスタインギャルを好き放題ねぶり尽くす! 北嶋あん Lカップ(110)cm ヒップ95cm (マザー)』
特選AVレビュー『艶熟レズフェロモン 二階堂ゆり 加藤あやの(レズれ!)』
特選AVレビュー『マッサージで男性施術師を挑発して感じちゃった私 「こんなスケベで積極的なお客さんじゃ理性が持ちません」(アロマ企画)』
特選AVレビュー『LOVE トラップ/吉澤友貴 (ワープエンタテインメント)』
ヴァニラ画廊【展示室B】「縄のあわれ」開催!!
特選AVレビュー『天然成分由来 加藤ほのか汁120% 加藤ほのかの体液(PRESTIGE)』
特選AVレビュー『アナタのヨガリ顔も撮ってアゲル 二階堂ゆり(NON)』
ヴァニラ画廊【展示室A】椋陽児展「春琴抄」開催!!
特選AVレビュー『最強属性05 小西まりえ(最強属性)』
絵を描く人々 第11回 絵を描くおばあさん
特選AVレビュー『婦人会のBBQ大会で全裸羞恥芸をさせられていた僕の妻(ROCKET)』
アクセスアップ
新刊情報
美熟女密会 Vol.10(ワイレア出版)
まちがいさがしファミリー 2017年5月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2017年5月号(大洋図書)
BITTER 2017年5月号(大洋図書)
細身なのに巨乳美女 Vol.4(大洋図書)
G-COLLECTION 2017年5月号(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2017年5月号(ワイレア出版)
続 IN THE APARTMENT(大洋図書)
青春を呪うな(大洋図書)
MAZI! 2017年5月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
初対面の二階堂ゆりと加藤あやのがお互いの裸身をネッチリ攻め合い、レズセックス。ズップリと指を2本入れる手マンと濃厚なベロベロクンニでイカせ合い、激しく交わるびしょ濡れ貝合わせでさらに何度も絶頂。エンドレスで感じまくる貪欲な2人の鮮烈極まる痴態を見よ。
 | 
二階堂ゆり28才、加藤あやの34才。妙齢の美女とはまさにこのこと。パッケージではそんな熟れ頃の輝くような肌の2人が、一糸まとわぬ姿で軽く両手をお互いの身体に回している。ああ、いいなあ、とココロの底から思ってしまう。レズ、キレイな女の子が2人というのは、男女の組み合わせとは明らかに違う。1+1ではない、足し算ではなく掛け算。2人の持つ複数の魅力が何倍もに膨れあがるんである。その秘密が明かされるシーンが、始まって間もないところにある。真咲南朋監督がよくやる手法なのだが、それぞれ単独のインタビューシーンがカットバックされ、「レズ経験」や「今回のお相手の女優さんをどう思う?」という質問がなされる。

そこで加藤あやのは「(レズ作品で大切だと思うことは)相手をよく知ることですね。それぞれ気持ちいいところは違うと思ので」と語り、二階堂ゆりは「(レズ撮影の場合)相手のことをどんどん知りたくなりますよね、何をして欲しいんだろう、とか。そのうえで相手のことを好きになりたいです」と答える。80年代からAVを観続けてる者として、「ああ、本当にアダルトビデオは変わったのだ」とつくづく思ってしまうのはこういうときだ。女優が能動的に、積極的に作品に関わっている。だからその魅力が足し算ではなく掛け算となって、エロさが何倍にも膨らむのだ。かつて加藤鷹を頂点として、イケメンでセックステクに長けた男優だちがもてはやされた、あの時代を昔日の如く思う。

僕は鷹さんに限らずすべての男優をリスペクトしているけれど、つまりは「男の力で女をエロくしてやる」という思い上がった時代は完全に終わったのだ。真の意味で、AVは女が主役になった。しかも本作は監督もまた女性なのだ。さて、そんな2人がワインを飲みつつチーズフォンデュをつまみ、リラックスしてトークするところからスタート。ちなみに初対面である。加藤あやのが「一時期、料理の仕事をしていたんです」と言ったり、二階堂ゆりは「休みの日は大抵舞台を見に行ってる。友達にも劇団やってる子もいて。演劇が好き。ずっと観てるほうだったので、自分がやる側になるとは」と、実に興味深いプライベートが語られる。やがてオッパイの形を品評しあっているうちに、性癖の話へ。あやのは「相手がSっぽいなと思ったらドMになります、うふふ」、ゆりは「テクニックに自信とかはないんだけど、自分から責めたいタイプ」。そう、まさにお互いを知ろう、好きになろうと彼女たちは積極的に働きかけるのだ。

酔いもまわりワインの口移し、こぼれたワインを舐め合ったりしてるうちにキス。そしてこれも真咲監督がよくやる仕掛けだが、盛り上がってきたところで「「移動します!」と宣言。〈雰囲気がエロくなった所であえて「おあずけをくわす」事に...〉とテロップが入る。「えーっ、もうココでいいじゃないですか(この場でセックスしたい!)」「ココまで来てるのにィ(もうヤリたくてたまらない)」と不満げな2人だが、場面代わって屋上のような場所、「ねえ。チューしていい?」と唇を求め舌を吸い合う2人。「ああ、早くしたい」「ウン、我慢できないよ」とエロいフレンチキス、ココまで約30分。そしてやってメインタイトルとなる。

タイトル明けは高級ラブホテル、ドアを開け、部屋に入るともうたまらずコートを着たままで唇を求め、舌を狂おしく絡ませ合う2人。コートの下は、先ほどまではお互いエレガントなニットだったのだが、色っぽいカットソーに下着もお洒落でエロいブラとパンティセットになっている。こういう細かい演出もニクイ。例によってバイブやペニバンといった飛び道具は一切ナシ。ただ、女の美しい肢体が絡み合うことを徹底的に見せることで、2人の気持ちと精神性で、流麗で猥褻感溢れるエロスが表現される。お風呂でシャンパンを飲みながらの絡み合い、ラスト、高級感漂う黒の網タイツやガーターのセクシーなスタイルでベッドインと、こういうのを観せられるいると、「ああ、女の子って本当にイイなあ」と思う。男性ファンなら「もしも自分が女だったら」と想像して、二階堂ゆり、加藤あやの、どちらかになったつもりでオナニーするなんてのも、倒錯的で興奮できると思う。

文=東良美季

『艶熟レズフェロモン 二階堂ゆり 加藤あやの(レズれ!)

発売日:2017年2月19日
品番: lzpl021
収録時間:140分
定価:3,218円
メーカー:レズれ!

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『体温 神納花/水原さな(レズれ!)』

東良美季 1958年生まれ。編集者、AV監督、音楽PVディレクター、グラフィック・デザイナーを経て執筆業。著書に『猫の神様』(講談社文庫)、『東京ノアール~消えた男優 太賀麻郎の告白』(イースト・プレス)、『代々木忠 虚実皮膜~AVドキュメンタリーの映像世界』(キネマ旬報社)、他。
日刊更新ブログ『毎日jogjob日誌』
 | 
17.03.19更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
東良美季 |