女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ物」の魅力
可憐な女の子の白いお腹に突如としてガタイのいいオヤジの拳骨がめり込む! そんな「腹パンチ物」に特化した映像を発表し続けるマニアックメーカー「ボディ―ゾーン」の作品が放つ独特のエロティシズムとは......。その"癖になる"魅力を多様なAVに造詣が深いライターの沢木毅彦氏が語ります!
 | 
この夏以降、「腹パンチ物」にハマってしまいました。
何か刺激的な新ジャンルはないかなとネットを徘徊していたところ、「ボディーゾーン」というメーカーの作品リストのページに目が留まった。女の子のお腹にパンチを入れているパッケージ写真がズラリ。このジャンルがあることは知っていたんだけど、腹パンチのマニアがいて、立派に固定客がついているのだとあらためて知り、初めて観てみた。
「多分、女の子のお腹を延々とグーで殴っているだけだろう」と思っていたら、まさしくその通り! 腹パンチ好きの腹パンチ大将みたいなオヤジが素人女性を一室に招いて、ボコッボコッとパンチを繰り返し、そのたびに女の子は「うっ」とうめく。何発に1発はマジでバチンッ!と音をたててお腹に拳がめり込むきついやつで、「あうッ!」とうめいた女の子は床に倒れ込んでしまう。その姿が何ともエロティックなのだ!
最初にハマッたのが、ボディーゾーンの『砂の果実』という作品で、とにかく女の子が地味で素朴に可愛らしいので惹かれた。このコの作品が、他に『砂の果実・涙』など数本あるので全部観て、うーむ、基本どれも同じではないか、といったん鑑賞をやめてしまったのだが、何日か経ってまた観てしまった。癖になってしまったんだよ!
こんな黒髪ロングのロリっぽい可愛い女の子が、腹を殴られる苦痛に快感を得るという変態寄りの性癖の持ち主なの? それとも何らかの理由での折檻? 借金とかの負い目があるとの裏設定? いや、苦しみながらも完全にオッサンを信頼して身を任せているではないか。そしてこのオヤジこそ、腹パンチ狂であろう。女性の腹を殴って興奮しているんだよね? そんな勃起してるようなそぶりはいっさい見せないが、嫌いじゃないに決まっているよね?

『砂の果実』(ボディーゾーン)より

『砂の果実・涙』(ボディーゾーン)より

こんな、映画『ファイトクラブ』みたいな、会員制の地下のマニア倶楽部があったということか。『腹パンチ倶楽部』にハマッてしまい、家族や恋人に黙ってこっそり通って、スッキリして帰る娘がいるということか、おお!と想像は膨らみ興奮度マシマシ。見学したい?と誘われたら絶対観にいきたいでしょ?
未知の「フェチ」に触れた瞬間、ときめきと興奮をおぼえるフェチでもある当方(フェチのフェチ、フェチフェチとでも言いたい)。数々のアロマ企画などの作品にこうやってハマってきたのだが、腹パンチにも覚醒してしまった。

同じボディーゾーンの腹パンチ物で『砂の果実』の女の子に次いでハマッたのは、香織ちゃんという名前のコ。『ノーモーション腹パンチ』でグッときてしまい、『ノーモーション腹パンチ2 』もすぐに鑑賞。さらに、えっ3作も出ているの!?と気づき、『香織打ち倒す(ぶちのめす)』もたて続けに鑑賞。このコもまた、こんなAVに出るとは想像し難い素朴なカワイコちゃんで、昼間は会社の経理部に勤めていそうなタイプ。仕事が終わると上司や同僚が「香織ちゃん、どっかで飲んでく?」と誘われる社内の人気者なのだが、「いえ、私ちょっと」と口を濁す。「ちぇっ、彼氏とデートか」なんてみんなが言うが、実はこっそりと腹パンチ倶楽部に通っていたのですね! こう想像したらもう完璧センズリできますわ。こんななりして変態!?という要素だけで勃起モンですもん!

『ノーモーション腹パンチ』(ボディーゾーン)より

『ノーモーション腹パンチ2』(ボディーゾーン)より

娘たちは「うっ」とうめいてお腹を押さえ、ひどい時には倒れ込んでしまう。かなりガチのパンチに映るので、大丈夫か!?とこっちは思うのだが、すぐに娘は起き上がる。オヤジは「よしよし」と、包容力すら見せ、さらにきついのを一発かますと見せかけて寸止めし、こんなフェイントに娘は苦笑いという光景もある。SMプレイ作品には、この「苦笑い」はない。いったい何なのでしょうこの世界は!?
とにかく、女の子が殴られ苦痛に歪むその表情に興奮しているお客さんがこの世に大勢いて、オヤジも娘もそれを知っていて、カメラの向こう側にいる彼らに向けてショーを見せてあげているのであった。
もし、可愛い女の子のお腹を好きに殴ってヨシ、しかもこれを受け入れてくれるコばかりが来るのですよ、みたいな特権を与えられたら、殴っていてやがて勃起しない男はいないであろう。どんどんのめり込み、征服欲を満たすべく射精しなければ終われないに決まっているよね(僕が観たここに挙げたボディーゾーン作品の中では射精はおろか性器露出もないですけどね)。
腹パンチ物に魅了されたのは、女の子のお腹が好きということも理由のひとつだ。腹筋の割れているお腹も、逆に筋肉がひとつもない薄っぺらいぷにぷにペラペラのお腹も、男にはない「女の子のお腹」という魅力的、官能的なアイテムなのだ。女の子と会って、脂肪のいっさいない腹筋を触らせてもらうのも、たるんでいる腹のお肉をつまませてもらうのも、どちらもときめくでしょ?
腹筋がバキバキにシックスパックに割れた娘に「思いきり殴っていいよ」なんて言われたら思い切り殴ってみたいし、ガリガリの娘の折れそうでヤワな豆腐みたいなお腹を前にしても、思い切り拳をめり込ませたら身体を「くの字」に折って昏倒するのだろうなぁ、と想像するとゾクゾクくる。もちろんそんなマジの非道なことはやりたいなどど思わないけど、想像して興奮してしまう自分と出会ってしまった。ボディーゾーン作品のこんなガチのえげつないプレイを見たせいで。

『香織打ち倒す(ぶちのめす)』(ボディーゾーン)より

着衣の上からのパンチ、生のお腹を見せてのパンチ、その両方を披露。どちらもオツだよなあ。立ちポーズの娘に腹パンチ、椅子に座っている娘に腹パンチ、そしてベッドや床で仰向けになっている娘に腹パンチとバリエーションいろいろ。
女の子もいろいろ、お腹もいろいろ、そしてパンチし放題。彼女らも苦痛にうめくなか、もしかして殴られて濡れてる!? なんて思わせる表情も見せる。めくるめくワールドがあったのですよ!

文=沢木毅彦

『砂の果実』
配信開始日:2014年11月23日
価格:8,000円(税込)
品番:BZ-128
再生時間:115分57秒
メーカー:ボディーゾーン

DUGAにて詳細を確認する>>

『砂の果実・涙』
配信開始日:2009年6月11日
価格:5,000円(税込)
品番: BZ-18
再生時間: 59分12秒
メーカー:ボディーゾーン

DUGAにて詳細を確認する>>

『ノーモーション腹パンチ』
配信開始日:2015年4月8日
価格:4,000円(税込)
品番:BZ-134
再生時間:50分50秒
メーカー:ボディーゾーン

DUGAにて詳細を確認する>>

『ノーモーション腹パンチ2』
配信開始日:2015年4月15日
価格:3,800円(税込)
品番: BZ-135
再生時間:45分00秒
メーカー:ボディーゾーン

DUGAにて詳細を確認する>>

『香織打ち倒す(ぶちのめす)』
配信開始日:2015年9月23日
価格:4,500円(税込)
品番: BZ-142
再生時間:53分55秒
メーカー:ボディーゾーン

DUGAにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『女体いたぶり 腹パンチ01(ギャロップ)』

沢木毅彦 1961年生まれ。フリーライター。AV創世記より専門誌にレビュー、取材記事を寄稿。ロリから熟女まで可愛らしいAV女優が好物。香港映画と香港街歩きマニア。好きなビールは香港の海鮮屋台で飲むサンミゲル(生力)とブルーガール(藍妹)。食事は自炊派ですが、外食ならラーメンは天下一品のこってり、カレーはcoco壱番屋の10辛。巨人ファン。
 | 
18.10.14更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
沢木毅彦 |