ミストレスランド 2 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『面接ドキュメント 通りすがりのAV女優12 ワケあり奥さん編』(HMJM)
読者代表 豊田がイク! 第28回 東京・池袋「無我」ゆらさん【3】
読者代表 豊田がイク! 第28回 東京・池袋「無我」ゆらさん【2】
読者代表 豊田がイク! 第28回 東京・池袋「無我」ゆらさん【1】
ディープ&ラグジュアリーな本格Fetish空間 SMバー「赤坂Dominatrix」特別フォトレポート
特選AVレビュー『青春と陵辱の肉便器式カリキュラム アヘ顔ダブルピース学園』(ROCKET)
特選AVレビュー『レスボスの掟 束縛羞恥マジックショウタイム』(シネマジック)
特選AVレビュー『ずっと好きだった1 柚木N'』(メディアバンク)
特選AVレビュー『ロシアで見つけた女が全員アナルマニアだった件 』(素人onlyプラム)
特選AVレビュー『挑発面接室/春菜はな』(ワープエンタテインメント)
肛門版The Who!史上最悪のパンクス、GGアリンはなぜ連続殺人犯にならなかったのか 映画『ジ・アリンズ / 愛すべき最高の家族』公開中!!
特選AVレビュー『うまなみの兄にめろめろにされた弟嫁 羽生ありさ』(タカラ映像)
生クリーム味のご奉仕メイド調教ア・ラ・カルト『雪村春樹継承緊縛Vol.2 七海ゆあ Y'S PLAY BONDAGE』発売!!
クラブのフロアはいつだって落ちこぼれの聖地!落ちこぼれというのは例えば、テスト中に窓の外を眺めている人間 映画『ノーザン・ソウル』公開中!!
特選AVレビュー『今日これから...君の乳首、犯しにイクね 星奈あい』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『ボイン温泉旅 羽生ありさ』(GLORY QUEST)
2ページまんが 酒場の女【28】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年2月号
特選AVレビュー『中出しスキャンダル 青の夕陽 蓮美なお』(HMJM)
特選AVレビュー 『スーパーヒロイン裏コード 華翔戦隊クリスタルファイブ』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.19(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.16(大洋図書)
好色妻が悶えるエロドラマ(大洋図書)
漫画ポルノ夫人 Vol.3(大洋図書)
ト-キョウ バッド ガールズ Vol.59(大洋図書)
昭和の不思議101 2019年 陽春号(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.7(大洋図書)
よろめき 2019年4月号(大洋図書)
素人生撮りBEST COLLECTION Vol.7(ワイレア出版)
封印発禁TV DX 2019年 春号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
標的にされたのは、真面目で清純な女子学生・ひかる。「近くで窃盗事件がありまして......」という正義の皮を被った悪人連中の巧みな誘導によって無垢な身体を盗撮されると、知らず知らずのうちに逃れられない絶望の渦に巻き込まれていき――。
 | 
この手のスタイルの作品というのは、日本のAV、特にかつてインディーズと呼ばれたセルビデオが生み出した偉大なる発明だと思う。悪い男が罪もない女性を罠にかけ、弱味につけ込んで陵辱してしまうという形式である。何しろドラマと違って安価で手早く撮影出来る。そして「作り物」感漂うドラマより、圧倒的にリアルだという点がポルノ映像として優れている。特に本作のように、純真無垢な女子高生が毒牙にかかるのは、可哀想だけどエロいという、ユーザーの琴線に触れる上質なファンタジーに違いない。物語は夏の公園、学校帰りらしい、ベンチに座り携帯を見ているセーラー服の女の子から始まる。背筋をピンと伸ばしているところで、彼女が実に真面目な優等生だということが窺える、そんなさりげない演出も効いている。隠し撮りのカメラが近づくと、驚いて見上げた顔がまあ可愛い。皆月ひかるチャンは、関根麻里を若くして田舎臭くしたような純朴美少女である。

パッケージの惹句には、<これは、清廉な罪無き優等生が手籠めにされることで、ドMな劣等生に堕ちていく姿を映した、極私的調教映像である・・・>とある。ウーン、期待が高まるじゃないですか。「私たちこういう者です」という悪人の声。「男たちは探偵です」とテロップが出るが、これは審査機関へのエクスキューズだろう。制作者としては、警察手帳を出して官憲を偽ったとしたいところ。ともあれ「この近くで盗難事件があって、被害者の方が言うには、セーラー服姿の女子高生に盗まれた」と続く。所持品検査をというが、カバンからは当然何も出て来ない。当たり前だ、無実なんだから。しかしココからが悪者の狡猾なところ。「最後に念のため身体検査を」と切り出す。曰く、「被害に遭ったと称する男性があなたが犯人だと言い張っている」「興奮して学校まで乗り込むと言っている」「あなたに危害を加える可能性もあるので、身体検査までやったと言えば引き下がる」と。

一味の中には女が一人いて「私が担当しますので」と言われ、女子高生は「女の人なら」と思ったのだろう、納得してしまう。ワゴン車の中に連れ込まれ、白ブラウスに黒のタイトスカート、ひっつめ髪といういかにも私服婦人警官風な女に、「制服も下着も全部脱いでください」と言われ、その極めて事務的な口調に従い全裸になってしまう女の子。以上、約15分。結局、無事帰されるわけだが、これが映像として残っているということは、イコールその裸は「盗撮されていた」ということだ。後日、「ひかるさんが財布を持っている映像がこちら(警察)に送られてきた」「あなたが犯人だという文章が同封されている」「匿名だし不自然な点も多いので誰かの悪戯だろうとは思っているが、念のため送られて来た映像を確認してもらいたい」と呼び出される。すると男は豹変、「身体検査」と称して盗撮した裸の映像を見せ、「これさあ、ネットにバラ撒いてもいい? 困るよねえ」と脅すのである。

場面変わってホテルの一室。さあ、ココからのやり口が陰湿でズル賢い。「帰りたければ帰っていいんだよ」「無理やり連れた来たわけじゃない」と言いつつ、「つまり君が自分の意志で来たということだよね?」と巧妙に論点をズラしていく。男は二人だ。片方が「(動画をバラ撒けば)君の人生ムチャクチャだよね」と脅しながら、もう一人が「でも自分の意志で来たということは、援助交際と同じだよね」と追い込む。さらには「どうぞお帰りください」と慇懃無礼に言い、彼女が怯えて躊躇していると「じゃあ、いいよ、帰れよ」と肩を乱暴に押す。そして動画をバラ撒かれると困ると追い詰められたひかるちゃんが思わず「帰りません」とか細く呟くと、「さすがは優等生だ」とせせら笑い、「奴隷にしてください」「ムチャクチャに犯してください」と言わせるのだ。

さあ、陵辱の始まりである。背後から優しく抱きしめるかと思いきや、口を無理やり開かせ、指を四本ねじ込む。顔にモザイクはかかっているが、主犯格の悪役は工藤健太のようだ。このベテラン男優は、本当にこういうイヤらしい犯罪者を演じさせると上手い。ピカイチである。スカートをまくってパンティを下ろし「本当は好きなんだろ」「ケツ叩かれて感じてるんだろ」と尻打ち。「正座しろ」と命令し、「今日は奴隷としてメチャクチャにされにきたんだよな。お願いしろ」と言い、「メチャクチャにしてください」と土下座させてからイラマチオ。首を絞められ「犯して欲しいか」と問われると、ひかるチャンはもう涙と鼻水でグチャグチャ。もう一人の男にセーラー服のリボンで猿轡され、競馬馬のように尻から犯される。もちろんフィニッシュは中出しだ。幼い剃りマンからタラリと流れるザーメンがエグい。

後半はある夜、工藤が待っているワゴン車にやって来るひかるちゃん。「俺にヤラれたくて来たんだろう」と笑われても否定出来ない。そう、優等生だった彼女は犯され、奴隷のように扱われた快楽が忘れられず、今度は本当に自分の意志で来てしまったというのが後半の展開となる。「コレが欲しくて来たんだろう、好きにしゃぶっていいぞ」と従順なフェラチオ。「この後はもっと気持ちいいことしよう」と再びホテルへ。口を無理やり開けられる透明な猿轡器具を装着され、エロ下着にセーラー服、バイブを口に、オ××コは電マ責め。交互イラマから交互ファック、前から後ろからの3Pへ。ラストは完全に狂ってしまった優等生美少女、呆けた表情でケラケラ笑い、「精子欲しいです、いっぱい欲しいです」と再びの中出しをおねだり。「自分でイジれ、かき混ぜろ」と命じられ、自らオ××コに指を突っ込み、中出し精子を子宮に求めるのであった。
文=東良美季

『計略的種付け/皆月ひかる』(ワープエンタテインメント)

監督:千一休
発売日:2018年11月2日
品番:CWM261
収録時間:120分
定価:2,980円
メーカー:ワープエンタテインメント

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里』(ワープエンタテインメント)

東良美季 1958年生まれ。編集者、AV監督、音楽PVディレクター、グラフィック・デザイナーを経て執筆業。著書に『猫の神様』(講談社文庫)、『東京ノアール~消えた男優 太賀麻郎の告白』(イースト・プレス)、『代々木忠 虚実皮膜~AVドキュメンタリーの映像世界』(キネマ旬報社)、他。
日刊更新ブログ『毎日jogjob日誌』
 | 
18.12.26更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
東良美季 |