本家三行広告 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【1】
特選AVレビュー『唾液と舌でカラダを溶かし這いまわる!ナメクジ淫乱女 - 八乃つばさ』(ドグマ)
特選AVレビュー『侵食憑依 手、胴体、足、脳、体全て。男が少女の体に徐々に【憑依】乗り移っていく監禁記録』(ソフト・オン・デマンド)
直系女流縄師×希代のハードコア女優が魅せる雪村流「縄奉仕」の真髄美学とエロス『雪村春樹継承緊縛Vol.1七海ゆあ 春宵・淫獣愛』発売中!!
特選AVレビュー『変なオジサンと麻衣のあぶない性交録/今井麻衣』(光夜蝶)
特選AVレビュー『美脚×競泳水着×パンスト眼鏡 妃月るい』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 神ユキ』(デカ拳)
2ページまんが 酒場の女【26】
人気店所属の注目キャストに突撃! パーソナリティ特別予習インタビュー 東京・五反田「アウスレーゼ」ももこさん編
ブロイラーみたいに部屋に隙間なく押し詰められてエアロバイクを漕ぐ姿はマジ悲惨!でも、それを輝かせるのがアメリカ映画とアメリカ音楽の偉大さだ 映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年12月号
特選AVレビュー『計略的種付け/皆月ひかる』(ワープエンタテインメント)
読者代表変態仮面がイク! 第3回 五反田「AMANDA」紫月さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第3回 五反田「AMANDA」紫月さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第3回 五反田「AMANDA」紫月さん【1】
特選AVレビュー『むっちりスケベな幼妻 Iカップ爆乳グラマラス痴女デリ嬢 後藤里香』(まぐろ物産)
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」桜さん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」桜さん【1】
アクセスアップ
新刊情報
金のEX NEXT Vol.6(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.6(ミリオン出版)
コタツの中で(大洋図書)
人妻絶叫アクメSP(ミリオン出版)
おくびょうなディア(大洋図書)
香る獣(大洋図書)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2019年2月号(大洋図書)
騎士の涙(大洋図書)
実話ナックルズ 2019年2月号(ミリオン出版)
ご当地人妻密会DX(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
数々の名作を世に送り出してきた名監督5人&絶大な人気を誇るプレステージの専属女優・鈴村あいりが究極のドリームマッチ!
 | 
プレステージの専属看板女優・鈴村あいりを5人の監督が各々料理するという趣向の1本。
この手の作品って「監督のクセが強くて抜けない」とか「俺の〇〇ちゃんを変にいじくりまわすな!」って人も一定数いるんですが、私は好きですね。
だって1本でいろんな作風が見られて面白いし、なかなか見る機会のない専属女優×他社監督のタッグが楽しめるんだから嬉しいじゃないですか。本当は、普段AVを監督やメーカーじゃなく女の子で選ぶ層にこそ観て欲しいところです。

今年でデビュー5年目。プレステージでは歴代1位の売り上げ作品を持つにもかかわらず、誰に聞いても「初々しい」「スレてない」「人見知り」という答えが返ってくる鈴村あいり。
そんな極上素材を、1人60分程の持ち時間でじっくり撮っていきます。

1人目は、自分で自分を「フツーで特徴がない」と評するうさぴょん監督。
作家性よりも抜き易さを第一に考えてるんでしょうね。
「SかMかなら、たぶんMです......」と蚊の鳴くような声で答える内気なあいりちゃんにM男優の山田万次郎をあてがい、責めから始まって途中で受けにチェンジするスイッチングセックスを見せてくれます。
山田万次郎の大袈裟な喘ぎ声に笑いをかみ殺しながらも、促されるままに愛らしく責め役をこなす彼女。M性を秘めながらSをやったり、さっきまで責められた男が一瞬後にはオラオラと責め手にまわったり......その変幻自在さは、ある意味今のAVの王道でしょう。

2人目は、レズの名手で超売れっ子の真咲南朋監督。
「今まで見たことのない鈴村あいりを撮りたい」という監督が用意したシチュエーションは、人見知りで自称コミュ障の彼女に本気のレズセックスをしてもらうというもの。
ホテルの一室で相手役の春原未来に優しくキスされ、少しずつリラックスしていくあいりちゃん。受け身一辺倒かと思いきや、気づけば自分を愛撫する春原の髪を優しくなでたりしているのがキュンとくる。元々母性的な子なんでしょうね。
最初は恥じらっていたものの、春原未来の「どうしたら気持ちいいの? 知りたい」という言葉に徐々に心を開放していき、最後は愛情たっぷりのペニバンファックで半泣きアクメに達します。

3人目は、これまで一番観たAVは『美女のハナクソ』だという偏執フェティシスト・アキノリ監督。
鈴村あいりのハナクソ物はさすがに観たくないなあと思ってたんですが、出てきたフェチは競泳水着でホッと一安心。
セーラー服JKに扮したあいりちゃんが、競泳水着に身を包んでプールサイドセックスを披露します。派手なインパクトはないけれど、真っ白な肌と均整のとれたボディにブルーの競泳水着が似合いすぎ! いやあ、ほんとスタイルいいよなあ。崩れたところがまったくない正統派エロス。写真集でも見ているような気持ちにさせられる。
泳いでるところを水中カメラで撮ったりするのも、偏執的でイイ。

4人目は、「鈴村あいりのことは俺が一番よくわかってる」と豪語する、プレステージの看板監督・マンハッタン木村。
「恥かしがり屋なのに感度がよく、火がつくとイキまくる」という特徴をピックアップすべく、夜のベンチでのインタビューと相性のいい森林原人との密室セックスを用意します。
ホテルに入ってエロ下着に着替えるときも隅っこで着替えるくらい恥ずかしがり屋のあいりちゃん。耳元で「いつも頭の中はセックスのことばっかだね」と羞恥を煽られて感じまくります。今流行りの「もうイッてるからあ~!」を地でいく濃厚セックスは見物。

最後の5人目は、ドグマの総帥・TOHJIRO監督。
この人は良くも悪くもブレないですね。
「彼女の仮面をひんむきたい」「苦しい顔を見るとチンコがビンビンになっちゃうんだよ!」と、いつものTJ節全開で彼女を追い詰めます。
インタビューでは「どうしてAV女優になったの?」「バイト先でいじめられたの?」とグイグイ質問し、いきなりのビンタ、そしてオナニー。あいりファンの「おい、泣かすなよっ!!」って抗議の声が聞こえてきそう(笑)。
でも、おずおずとパンツに手を入れオナニーする姿を見ていると、絶大な人気を誇るアイドルじゃなくネガティブなエロ少女に見えてくるから驚きです。
佐川銀次のデカチンをイラマして喉汁をダラダラ垂らし、奥までガン突きされて喘ぐあいりちゃん。子供みたいな半泣き顔は確かにこれまで見たことのないものかも。

個性的な監督たちによる5本勝負。どれも見ごたえ十分でした。
でも見終えて一番感じたのは「やっぱり鈴村あいりは鈴村あいりだなあ」ってこと。
一癖ある監督たちに撮られても、内気で恥ずかしがり屋でほんわかしててちょっとネガティブな印象は変わらないままなんですよね。うーん、改めて不思議な、そしてすごい女優です。鈴村あいり。

文=遠藤遊佐

動画を公開中!!

『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)

発売日:2018月年6月22日
品番:ABP-742
収録時間:340分
定価:3,218円
メーカー:PRESTIGE

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>
DUGAにて詳細を確認する>>

関連リンク



関連記事

特選AVレビュー『園田みおん ラッキースケベ2 空想できる全てのエロい事は現実に起こりうる!』(PRESTIGE)

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
18.09.07更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=遠藤遊佐 |