本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『唾液と舌でカラダを溶かし這いまわる!ナメクジ淫乱女 - 八乃つばさ』(ドグマ)
特選AVレビュー『侵食憑依 手、胴体、足、脳、体全て。男が少女の体に徐々に【憑依】乗り移っていく監禁記録』(ソフト・オン・デマンド)
直系女流縄師×希代のハードコア女優が魅せる雪村流「縄奉仕」の真髄美学とエロス『雪村春樹継承緊縛Vol.1七海ゆあ 春宵・淫獣愛』発売中!!
特選AVレビュー『変なオジサンと麻衣のあぶない性交録/今井麻衣』(光夜蝶)
特選AVレビュー『美脚×競泳水着×パンスト眼鏡 妃月るい』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 神ユキ』(デカ拳)
2ページまんが 酒場の女【26】
人気店所属の注目キャストに突撃! パーソナリティ特別予習インタビュー 東京・五反田「アウスレーゼ」ももこさん編
ブロイラーみたいに部屋に隙間なく押し詰められてエアロバイクを漕ぐ姿はマジ悲惨!でも、それを輝かせるのがアメリカ映画とアメリカ音楽の偉大さだ 映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年12月号
特選AVレビュー『計略的種付け/皆月ひかる』(ワープエンタテインメント)
読者代表変態仮面がイク! 第3回 五反田「AMANDA」紫月さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第3回 五反田「AMANDA」紫月さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第3回 五反田「AMANDA」紫月さん【1】
特選AVレビュー『むっちりスケベな幼妻 Iカップ爆乳グラマラス痴女デリ嬢 後藤里香』(まぐろ物産)
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」桜さん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」桜さん【1】
特選AVレビュー『ママ友のアナル奴隷として飼育される社宅妻』(シネマジック)
特選AVレビュー『凄すぎるJカップメガボイン豊満妻 中島芙美』(マザー)
特選AVレビュー『となりの奥さん 5時まで秘密デート 星川光希』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
金のEX NEXT Vol.6(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.6(ミリオン出版)
コタツの中で(大洋図書)
人妻絶叫アクメSP(ミリオン出版)
おくびょうなディア(大洋図書)
香る獣(大洋図書)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2019年2月号(大洋図書)
騎士の涙(大洋図書)
実話ナックルズ 2019年2月号(ミリオン出版)
ご当地人妻密会DX(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
お相手の「あいチャン(仮名)」19歳が現役時代に使っていたセーラーに着替えてもらい、その生々しさに感動しながら濃厚セックス。自身の性癖に忠実にハメ撮りを行ない、こだわり抜いたヌキドコロを撮影したリアリティ溢れる1本! 
 | 
「俺のエロビデオ」とはドリームチケッの新しいシリーズで、万人向けに作られた《最近の臆病なAV》に飽き飽きした素人ハメ撮り氏「俺」が、自身の性癖に忠実に「俺が見たいシーン」「俺が好きなプレイ」にこだわって、一途にヌキドコロを撮影する企画であり、これが2作目とのこと。「ハマる人だけガッツリハマる、超偏向的エロビデオ!」という売り文句に、ちょっとニッチ過ぎる、ド素人臭いもの見せられたらどうしようとヒキ気味のアナタ、ダイジョブです。だってそもそも1990年代末期から2000年代初頭にかけインディーズAVブームが巻き起こったとき、先頭に立ってシーンを牽引したのはエムズの松本和彦でありオーロラ・プロジェクトの葵刀樹であり、実録出版の実録出版といった人々。彼らは誰もが、エロに対する「想い」と「コダワリ」以外何も持たない「素人」だった。ビデ倫系のメーカーが次々と勢いとその存在理由を失う中、近年のAVとは自身の性癖に唯我独尊な素人こそが作り出して来たエロメディアと言えるのではないか?

とカタイ書き出しで始まりましたが、本作、イイですよ。出だしから雰囲気がバツグン。舞台は床に直に敷いたフトン、鴨居にジャケットがかけられ、家具と言えば簡易衣装ケースがあるだけという、まさに独身男のワンルームマンション。DVカム片手に「あいちゃん、今日、来てくれて嬉しいよ」と、本当に嬉しそうに語る「俺」はニットキャップにマスクとちょっと怪しげだが、「根はイイ奴」的雰囲気に溢れる。そして何より前ジッパーのミニスカートで、「俺」の万年床に女の子座りの「あいちゃん」である。『14才の母』に出てた頃の志田未来を思わせる、ちょっぴり垢抜けない美少女。「俺」が「写真より可愛い!」というところをみると、メールなどでやりとりして今回の出演となったのだろう。「そう言えばさ、約束通り持ってきてくれた?」との言葉にコックリと頷き、取り出すのがセーラー服。

「それ、着てたんだよね?」「ハイ、一年前まで」「着替えるところ、見せて」ということで恥ずかしそうにプラとパンティ姿に。発達してない貧乳も可愛いのだが、なんと言っても眼を惹くのはレースのアクセントの付いたパンティがぶかぶかでダサい。つまり、普通のAVで「スタイリストが用意しました」的な小道具ではなく、まさに彼女が普段穿いてる生パンなのだ。それはセーラー服も同様で、くすんだ紺色に、茶色に近い紫のリボンという実に地味なもの。つまりAV撮影用のセーラー服とは明らかに違うリアルガチ制服なんですな。こういうシーンを観ると、普段何の疑問も持たず眼にしているメジャーメーカーのAVが、いかにウソで作り物かということをまざまざと感じてしまう。しかもあいちゃん、制服用のパンプスまで持参していて、「床の上に置いても大丈夫?」と聞く気遣い。ああ、性格のいい可愛い子やなあ(涙)。

となぜ突然関西弁になってしまったかというと、「めっちゃ本物にしか見えないよ」と感激する「俺」に「ホンマですか?」と笑うあいちゃんは、京都出身のはんなりはんなのだ。そして、万年床の上でお互い正座したまま、まるで恋人同士が初めて交わすような初々しいキス。すると突然そそり勃ったチ×ポを見せつける「俺」。この早い展開もイイ。「靴、片方」と言って、チ×ポ握ってもらいながら臭いを嗅ぐ「俺」は臭いフェチらしい。さらに「ああ、ヤバイヤバイ」と、早漏気味でもあるようだ。さて、いよいよパンティの脇から指を入れ、オ××コをいじる「俺」。このオ××コがね、処女に近いオ××コと言いますか、いかにも使い込まれてない、実に乾いた感じのオ××コなのもイイ。ソレを美味しそうに舐め尽くす「俺」。「ダメ、ダメ」といじらしく喘ぐあいちゃん。しかし指マンには股を180度近く大胆に開いて受け入れる貪欲さも見せる19歳。イイですなあ。

「俺のことも気持ちよくして」とフェラ。コレもねー、首の振りがぎこちないんだ。百戦錬磨のAV女優さんなら左右に色っぽく首を傾げるところを、律儀な前後運動のみ。38分、ローターを取り出す「俺」。オ××コに入れながらフェラ。この段階でも、セーラー服を一切脱がしてない徹底ぶり。そして42分、いよいよ正常位で挿入。もちろん制服は脱がさず、スカートをまくり、パンティを片脚の太股に巻き付けたまま。45分。あいちゃんを四つん這いにして、バックから突きまくる「俺」。ココに来て、「俺」の腹筋が見事な6パックに割れていることが判明。しかしジムで作られた、いかにも見てくれだけの筋肉ではない。ひょっとして「俺」はガテン系なのか?

それはともかく、バックから「俺」のチ×ポを受け入れる、あいちゃんのお尻が丸くて実に可愛い。立ちバック、正常位、そして「お口の中に出したいな」「いいですよ」ということで、フェラに戻って口内発射からのお掃除フェラでエンド。「俺」はガテンなバイトで制作費を稼ぎ、この撮影に臨んだのかもしれぬ。何が言いたいのかというと、今やパソコンなんて誰もが一台は持ってる時代。DVカムだって安い。いや、iPhone Xでもハメ撮りは可能だろう。つまりこの「俺のエロビデオ」は、すべての男に「俺だってあいちゃんみたいな可愛いコとハメ撮り出来るかもしれない?」という、夢と希望を与える作品なんである。

文=東良美季

『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)

発売日:2018年8月3日
品番:AMD002
収録時間:120分
定価:3,980円
メーカー:ドリームチケット

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『舐められざかり 河原かえで』(ドリームチケット)

東良美季 1958年生まれ。編集者、AV監督、音楽PVディレクター、グラフィック・デザイナーを経て執筆業。著書に『猫の神様』(講談社文庫)、『東京ノアール~消えた男優 太賀麻郎の告白』(イースト・プレス)、『代々木忠 虚実皮膜~AVドキュメンタリーの映像世界』(キネマ旬報社)、他。
日刊更新ブログ『毎日jogjob日誌』
 | 
18.09.11更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
東良美季 |