ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
土手まで焼けたパイパン穴を自ら拡げてオネダリする天然ギャルCOCONAが、分厚い唇でペニスをおしゃぶりした挙句に黒巨尻を豪快に振りまくって野獣セックス! 改めて考えさせられる、黒ギャルの魅力……。
 | 
絵に描いたような黒ギャル。隙間なく全身こんがりと焼いた肌。派手な金髪。凶器のような爪。そしてこってりと濃厚なメイク。一昔前ならば、マンバ系と呼ばれたであろうハードコアなギャル。それがCOCONAだ。

実は筆者はギャルが苦手だ。ダサいくらいな清楚系・地味系を好む筆者にとって、その対局にあるギャルは、全くその魅力がわからない。どこがいいんだ、これ?と思っていたのが正直なところだ。まだ綺麗なお姉さま系白ギャルならわかるのだけれど、黒ギャルともなると、むしろ逃げるだろ、これは! なんて思っていた。

しかし、本作を見て、なんとなく彼女たちに惹かれる人の理由がわかるような気がした。

このメーカー「乱丸」は、過剰なまでの痴女っぷりを作風としている。その過激さは、思わず笑いを呼ぶほどであり、以前、紹介したましろ杏の「キマリすぎてごめんね」にいたっては、そのテンションがホラーの域にまで達していた。

しかし、本作でのCOCONAは、ちょっと違った。男にむしゃぶりつくような激しいセックス。過呼吸でも起こしそうなほどのノンストップなあえぎっぷり。それはこれまでの「乱丸」ガールズも同じだった。

しかし、COCONAは、それを本能的に行なっているように見えるのだ。

クンニされている時にも、自分で指で亀裂を広げて「ここちゃんと舐めて」と要求し、濃厚なフェラをしつつも自分の股間も刺激している。

「いっぱい気持ちよくさせて」
「おちんちんちょうだい!」

そんなセリフは痴女モノならば、当たり前なのだが、COCONAは本気でいってるようなのだ。本気というより、本能でというほうがいいかもしれない。
 
COCONAはひたすら己の快楽に正直なのだ。自分がそうしたいから、そうする。まるで本能に忠実な動物だ。

それに気づいた時に、黒ギャルが好きな人の気持ちが少しだけわかった。彼らは、黒ギャルのひたすら己の快楽を追求する動物的な部分に、憧れを持っているのではないか。つい理性に縛られてしまう自分には出来ない純粋な姿を美しいと思うのではないか、と。

そういう意味では、COCONAはバックがよく似合う。激しく貫かれて、全身を震わせながらあえぐ姿は、正にケダモノだ。

また、COCONAが男優のアナルを舐める姿も衝撃的だった。じゅぼじゅぼ音を立てて、啜り、舐め、そして「チョー美味しい」とつぶやくのだ。きっと本当に美味しいと思ったのだろう。そして、こんなに美味しそうにアナルを舐める女性を、筆者は他に知らない。

文=安田理央

『ブッチューして ヤバ、またイク!(乱丸)


発売日:2010年9月19日
品番:TYOD-091
収録時間:120分
定価:2,980円(税込)
メーカー:乱丸

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『キマリすぎてごめんね(乱丸)』

yasuda_face.jpg
安田理央 1967年生まれ。エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。
安田理央の恥ずかしいblog
 | 
10.09.25更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |