女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【3】
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【2】
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【1】
死後さばきにあう<まちがえ 生きてる内にとしまえんでさばきにあう<せいかい『映画 としまえん』公開中!!
特選AVレビュー『揺れる電車の中で 痴漢に暴かれた女教師の性』(CARESS COMMUNICATIONS)
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
薬を飲まずに生活習慣病を治す!(大洋図書)
のぞく!他人と交わり狂う妻EX(大洋図書)
実話ナックルズウルトラ Vol.3(大洋図書)
金のEX NEO Vol.2(大洋図書)
よろめき 2019年7月号(大洋図書)
giri giri Vol.30(大洋図書)
体幹美筋トレ(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 2019年7月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
サンプルムービー公開中!!
女教師・梨沙(麻田かおり)のクラスに転校してきた徹。梨沙には徹にカラダを許した過去があり、弱味を握っている徹は梨沙に下着を着けずに授業をするよう強要したり、通学電車で待ち伏せし痴漢をしたりと、いやがらせをエスカレートさせてゆく。梨沙は何の抵抗もできず恋人の健一に助けを求めるが......。
 | 
本作は1998年にリリースされたオリジナルビデオ(いわゆる「Vシネマ」)『揺れる電車の中で 痴漢に暴かれた女教師の性』の復刻版である。「日本映画データベース」にも載っているので、同年劇場公開もされたようだ。主演は1995年デビュー、2000年頃までこの手のロマンポルノ風Vシネマで活躍した麻田かおり。クールな眼差しの美女である。準主演の女子高生・美樹を演じるのは、1998年h.m.p「ティファニー」レーベルから『桃尻姫』でデビューしたAVアイドル椎名みお。「モザイク極小、ハメシロ丸見えのこの時代にセクシーVシネかよ」と思う人もいるだろう。ところがこれが今観ると実にイイ。ドラマAVファンには是非注目してもらいたい作品である。何しろまず、オープニングが新宿駅構内の階段、朝のラッシュ時というシーンから始まる。こんなロケは現在のAVではコンプライアンス的に絶対無理。他にもヒロイン梨沙(麻田かおり)が歌舞伎町の雑踏を歩くというシーンもあるが、こんなの今のAVでやったら、行き交う人の顔はもちろん看板や建物まで、すべてモザイクで埋め尽くされてしまうだろう。

そして驚くは次の場面だ。女教師の鎌田梨沙は中央線で勤務先の高校に向かうのだが、カメラはしっかりと満員電車の車内に入り込み撮影している。そこで男の手が梨沙のスカートをまくり、パンティの中に入り込み痴漢行為となるが、そこも別撮りには見えない。すごい迫力だ。スタジオにある出来合いの電車セットで撮影、音声だけオンリーで流すという安直AVでは味わえない映像である。場面変わって今度は総武線。ドアの腋に立つ女子高生の美樹(椎名みお)。そこに長身イケメンのサラリーマン風が接近、ドテを触り、パンツの脇から指を入れる。これも実にリアルでエロい。しかし次のシーンではその男が彼女に5千円札を渡し、実はこの2人、契約痴漢プレイの援助交際をしているとわかるという展開だ。そして本題はココから。学校に着いた女教師・梨沙は、教頭から転校生を紹介される。その少年・高木徹は、梨沙が女子大生の頃に家庭教師をしていた教え子で、どうやら関係があったと匂わされるのである。

この徹を演じる大平容司という役者がいい。若い頃の長江健次を暗くさせたような美少年で、最後のクレジットには2番手で出て来ることもあり、監督も思い入れがあったようだ。これも実に90年代的だなあと思う。「日本映画データベース」によると出演作はこれを含め3作のVシネしかない。想像するに劇団か小規模プロダクションに所属する売れない新人で、抜擢されて準主役の出演となったのではないか。この時期、こういう若い役者がこの手のロマンポルノ風Vシネによく出てたんですよ。でもってこの徹、童顔でナイーヴな風貌ながらかなりのワル。「バラしてもいいのかよ。僕は中学のとき、鎌田先生に筆下ろしをされましたって」と脅し、梨沙にパンティを脱ぐよう命じ、ノーパンで授業をさせたりするんである。

さてそんな梨沙には恋人がいて、ラブホでセックスシーンとなる。でもってコレが女子高生・美樹と契約痴漢プレイをしてたサラリーマンの男、健一だったとわかる。ちなみに健一役の辻本晃良は、『ミナミの帝王』他、アウトロー系Vシネで活躍した人のようだ。そして新鮮だったのがこのセックスだ。Vシネなのでもちろん「ド」の付く疑似、腰を重ねるダンスのような絡みなのだが、さすがは2人とも役者、性表現が豊かにして見事で、局部ハメシロばっちりに頼り切った現在のAVにはない、格段のエロスが味わえる。一方、ワルの徹は美樹と健一の援助痴漢交際を目撃して、彼女をも脅す。すると美樹は「高木クンのことカッコイイと思ってたから、いいよ、一回くらい」と身体を許すのだ。当然こちらも映画の疑似セックスだが、まるで70年代の日活ロマンポルノ青春映画のような味わいがある。オジサン世代にはタマらない郷愁だと思う。

梨沙は健一に、「当時、私ったらイケイケの女子大生だったから、まだ中学生だった彼を誘惑してしまったの」と告白。これもバブル時代を思わせて懐かしい雰囲気。一方、梨沙に対して屈折した恋愛感情を持つ徹は、美樹をけしかけ、痴漢プレイはしているものの一線だけは越えてなかった美樹に、健一と寝るよう促す。さて、徹を好きになってしまった美樹は果たしてどうするのか? これ以上はネタバレになってしまうので書かないが、椎名みお演じる女子高生・美樹の「高木くんが先生のことをいじめるのは、高木くんが先生のことが好きだから。そして私にちょっとだけ優しいのは、私のことが好きじゃないから」というシビレる台詞、そして「今日は学校休もう、失恋しちゃったからね」と駆け出す胸キュンのシーンがあることを付記しておく。物語は朝の中央線で始まり、ラストも夜明け、始発列車で終わる。ガラガラの車内、眠る徹の肩を抱く梨沙。果たしてふたりはどこへ向かうのか?という意味深なラストもいい。監督:小渕アキラ、脚本:長田敏靖、カラー80分作品。

文=東良美季

動画を公開中!!

『揺れる電車の中で 痴漢に暴かれた女教師の性』(CARESS COMMUNICATIONS)

発売日:2005年3月25日
品番: CCDV-0047
収録時間:80分
定価:2,800(税抜)
メーカー:CARESS COMMUNICATIONS

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>
DUGAにて詳細を確認する>>

関連リンク



関連記事

特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 神ユキ』(デカ拳)

東良美季 1958年生まれ。編集者、AV監督、音楽PVディレクター、グラフィック・デザイナーを経て執筆業。著書に『猫の神様』(講談社文庫)、『東京ノアール~消えた男優 太賀麻郎の告白』(イースト・プレス)、『代々木忠 虚実皮膜~AVドキュメンタリーの映像世界』(キネマ旬報社)、他。
日刊更新ブログ『毎日jogjob日誌』
 | 
19.05.19更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
東良美季 |