本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 Lovely-Candle 1
最新記事20件
特選AVレビュー『ショタに乗り輪姦されて.../笹倉杏 (光夜蝶)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第53回
特選AVレビュー『可愛い顔してとんでもないオッパイ!! 超乳ホルスタインギャルを好き放題ねぶり尽くす! 北嶋あん Lカップ(110)cm ヒップ95cm (マザー)』
特選AVレビュー『艶熟レズフェロモン 二階堂ゆり 加藤あやの(レズれ!)』
特選AVレビュー『マッサージで男性施術師を挑発して感じちゃった私 「こんなスケベで積極的なお客さんじゃ理性が持ちません」(アロマ企画)』
特選AVレビュー『LOVE トラップ/吉澤友貴 (ワープエンタテインメント)』
ヴァニラ画廊【展示室B】「縄のあわれ」開催!!
特選AVレビュー『天然成分由来 加藤ほのか汁120% 加藤ほのかの体液(PRESTIGE)』
特選AVレビュー『アナタのヨガリ顔も撮ってアゲル 二階堂ゆり(NON)』
ヴァニラ画廊【展示室A】椋陽児展「春琴抄」開催!!
特選AVレビュー『最強属性05 小西まりえ(最強属性)』
絵を描く人々 第11回 絵を描くおばあさん
特選AVレビュー『婦人会のBBQ大会で全裸羞恥芸をさせられていた僕の妻(ROCKET)』
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第52回
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第3話/鬼束寅子の憂鬱
触れるもの全てを台無しにしていく嫌すぎるヴァンサン・カッセルを観ているうちに、でも待てよと思う 映画『たかが世界の終わり』公開中!!
特選AVレビュー『誘惑 美容室 吉澤友貴(ドリームチケット)』
2ページまんが 酒場の女【4】
なぜダメ探偵の出てくる映画はこんなに愛おしいのだろうか。キメ顔してるのにバカに見えるゴズリングが最高! 映画『ナイスガイズ!』公開中!!
特選AVレビュー『舐めたいカラダ 中年オヤジに足の指から耳の裏まで舐め尽くされる変態SEX 紗倉まな (ソフト・オン・デマンド)』
アクセスアップ
新刊情報
ごぶさたな奥さん 2017年5月号(ワイレア出版)
続 IN THE APARTMENT(大洋図書)
青春を呪うな(大洋図書)
MAZI! 2017年5月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2017年5月号(大洋図書)
JK SPECIAL(大洋図書)
人妻(裏)撮りSP(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.7(大洋図書)
エロき農村の妻(ミリオン出版)
激撮! Vol.4(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
お嬢様育ちで一度は結婚したが別居して今は別荘で暮らすあかり。都内で一人暮らしをし、仕事に励むあずさ。学生時代から親友同士だった二人は遠く離れていてもお互いを心の支えにし合っていた――。再会したあかりとあずさが繰り広げる切ない恋愛模様、そしてリアリティ溢れる濃密なセックス。AVが持つ大きな可能性にすら触れる、ハイクオリティな本格ドラマレズ作品。
 | 
以前『制服レズビアン』という作品で、リアルに親友だという西野翔と南つかさのレズを撮影した井坂監督。心から恥ずかしがり、受け入れてもらえるのか心配し混乱する二人のレズをセミドキュメントの形で撮影したその作品は、非常に初々しくリアリティのある「女のコ」の感情を描き出すことに成功していた。そんな井坂監督が、今回は全編ドラマという形でレズを撮影した。

あずさとあかりは高校の時の同級生。お嬢様で近寄り難い美形で、勉強でも何でも完璧にこなすあかりとなぜか気が合って親友になったあずさは、今はフリーライターとして都内で一人暮らしをしている。一方あかりのほうは、結婚したものの現在別居中で、詳細は語らないものの心に傷を負っている様子。そんなあかりが上京し、あずさのもとを訪ねてくる。あずさはあかりに深く事情を問うことなく、あかりが求めている無邪気で楽しい時間を作って、あかりを温かく包み込んでやる。

あずさはずっと、あかりに片想いをしている。叶うはずのないその気持ちに、あずさは絶望もせず、かといって過剰な期待もせず、ただあかりの側にいることでささやかな喜びを感じている。しかしあかりはそんなあずさの気持ちに気づき、自分の淋しさや不安定な気持ちを埋めるかのようにあずさとの恋愛に溺れていく。

次第にあかりは、一瞬でもあずさが自分の元を離れることを異常に恐れるようになる。プライドの高いあかりが初めて心から甘え、弱い自分をさらけ出せた相手だからこそ、あかりはあずさが自分の元から「いなくなる」ことを恐れ、その恐怖心からだんだん心の均衡を失っていく。

……と、ここまで読んだ人は「これってAVレビュー……なんだよね?」と心配になってきたかもしれない。なにせこの作品は最初のディープキスまで34分ドラマが続く。しかし、AVとしてそれがダメなことかというと、そうじゃない。セックスに到るまでの思いが丁寧に描かれているからこそ、初めてのセックスでの不安や緊張、相手に自分を受け入れてもらえた喜び、いやらしくて恥ずかしい自分を誰かに見せて、それを愛してもらえた喜びがこれでもかと伝わってくる。純粋に絡み合う女たちのエロい映像を求めている人にとっても、身体中真っ白でキメ細かなあかりの肌をあずさが愛おしげにペロペロ舐めていくセックスシーンは、物足りないものでは決してないと思う。

初めてのセックスの後で、愛情を確認するために、やってもやってもやり足りないとばかりにあずさに迫ってくるあかりの、貪るようなセックスシーンもいい。いいし、この感覚は気持ち的にも肉体的にも実によく「わかる」。

この作品のすごいところは、あずさとあかりという二人の女が、本当に「生きて」いて、演技ではなく本当にそこに二人の女がいるかのような存在感とリアリティを持っていることだ。あずさの衣装、部屋のインテリアひとつとっても、「あずさ」という人間がそこに生きて生活している細部までもが伝わってきそうなリアリティに満ちている。セリフひとつ、行動ひとつ、ご都合主義なものもなければ無駄なものもない。

結果として、ドキュメントよりも本物のように見えるドラマ作品に仕上がっていて、こうして登場人物のことやストーリーに触れなければこの作品の本当の魅力を伝えられないと思わせられるほど、登場人物の恋愛がセックスに深く深く関わっている。

AVはセックスを見せるもので、この作品もまた、きっちりセックスを見せている。ただ、そのセックスに含まれているのが「欲情」や「興奮」だけでなく、きめ細かな恋愛にまつわる感情で、普通のAVでありがちな「セックスするための理由としての恋愛」ではないと言い切れるほど、感情や関係の描き方が丁寧で、ちょっと目を背けたくなるほど切実で、幸せで、こわい。でも本来私たちの日常におけるセックスや恋愛って、そういうふうに「幸せ」で「こわい」ものなんじゃないだろうか。

AVには、この世にあるすべての、いろんな形のセックスを描き出す可能性があると私は思う。『片想いレズビアン』は、数あるセックスの形の中から、こういう形のものを描くことを選び、それに成功した、類い稀な作品である。なにかひっかかるものを感じたら、ぜひ観てほしい。

文=雨宮まみ

『片想いレズビアン あずさとあかり 〜離れていても、二人はいつも同じ空の下で…〜(Madonna)


監督:井坂朋泰
女優:桐原あずさ / 星野あかり
発売日:2010年3月25日
品番:JUC-277
収録時間:DVD/230分
定価:2900円(税込)
メーカー:Madonna

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『少女画報 大沢美加(HMJM)』

amamiyaphoto200.jpg
雨宮まみ エロ本を中心に活躍中のエロ・AVライター。1976年生まれ。2000年ワイレア出版入社、投稿系エロ雑誌の編集に携わる。2002年フリーライターとして独立。主にAV誌を中心に取材やレビューなどの執筆活動を続けている。また、弟に向けてAVを紹介するという形式のAVレビュー系ブログ「弟よ!」も話題に。
雨宮まみブログ=「弟よ!」
 | 
10.03.19更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=雨宮まみ |