Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『男を腰砕けにするエグい痴女/香椎りあ』(ワープエンタテインメント)
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
野心に燃える美貌の女子アナ・瑞希。躍進のチャンスを掴んだ彼女だったが、そこには性獣の仕掛けた悪辣な罠が待っていた。自らの出世欲に付け込まれ、被虐奴隷に堕ちていく瑞希を最後に待ち受けているものとは......。
 | 
「芸術は爆発だ!」とおっしゃったの岡本太郎画伯だが、ワタクシは声を大にして言いたい。「女子アナはSMだ!」と。女教師や秘書、義母にロマンが求めにくくなった今、たいていが帰国子女かミス・キャンパス上がりでチヤホヤされ、いかにも精力絶倫なプロ野球選手と結婚したがる女子アナこそ、最もエロくてイジメたくなる存在ではあるまいか。本作のヒロインもお昼の情報番組の人気キャスターを務めながら、実は夕方の花形ニュース番組を狙っていて、いずれはフリーになりたいとナレーションで語る計算高い女。しかも演じる早川瑞希チャンって、ちょっと元ダルビッシュ夫人の紗栄子に似たセレブな雰囲気のある美人さんなんだよね。期待は高まる。

しかも監督はおそらく現在、SMドラマを撮らせたら最も安定感のあるベテラン川村慎一だ。上記の説明ナレーションの間、スカート逆さ撮りのパンティ・ショットを入れ込んで画面をダレさせず、観る者の興奮をキープする手腕はお見事のひと言。そして、そんな美人キャスター瑞希を、スタジオの隅からいかにも悪そうな目つきでジッと見つめているのが、達人・佐川銀次なのだから益々楽しみだ。タイトル明け、瑞希は局長に呼ばれ「キミ、フリーになろうなんて考えてないだろうね」と釘を刺されたところで、念願の夕方のニュース抜擢を告げられる。歓ぶヒロインだが、そこには当然裏があった。

銀次に呼び出される瑞希。「局長には俺が口添えしておいたんだ」と告げ、「そこでだ、二人のわだかまりをなくしたほうがいいと思ってね」と切り出される。この男は先輩アナウンサーで、実は研修のときにセクハラまがいの指導をしたことで、気の強い瑞希が銀次に意見したことから根に持たれていたのだった。しかし今は状況が変わった。憧れだった夕方のニュースへの抜擢というエサをブラ下げられて、彼女は弱味を握られたのだ。「さあ、俺流のアナウンサー教育をしてやるよ」と、一気に縛り上げられてしまう。ココからはまさにエロい指導が始まる。「暴れるな、ニュースやりたいんだろう?」と乳房に縄がかけられ、カメラ目線で「アメンボ赤いなアイウエオ」と発声練習。

スカートの裾から手を入れられ、「どこを触られてる?」「し、下のほうを」「下だと? アナウンサーがそんな曖昧な言い方でどうする!」「ああ、オ××コです」「オ××コがどうしたッ」「オ××コを、触るのをやめてください」「滑舌が悪いな、もう一度!」とアナウンス淫語実習。続いて全裸で縛られ、、両の乳首を思いっ切りつねられ捻り上げられるサディスティックな責め。悲鳴を上げながらも感じてしまい、なんとそれだけでイッてしまう瑞希。イヤハヤ、エロい女子アナだ。「ふふ、イキやすいな」とからかわれ、唇を噛む苦悶の表情もソソる。

お次は「君の本当の顔を見たいな」と、シネマジックのお家芸、鼻責めだ。美形フェイスを鼻フックで研ナオコの物真似をする清水アキラみたいなブタ顔にされたうえ、銀次のデカマラをしゃぶらせられ、「うくぐっ」と窒息しそうになったところを、畳み掛けるように有無を言わせず挿入だ。屈曲位でズコバコされるのだが、このセックスが本当にスゴイ! チ×ポがデカすぎて痛いのか、はたまた早川瑞希の感度が敏感すぎるのか、「イヤ、イヤー!」との悲鳴と号泣はとても演技とは思えない。

あげくの果てには「ヤバイ、ヤバイー」と意味不明に叫び始め、ついにはビクンビクンッとカラダ全体をのたうたせイッてしまう。それでも銀次は責めをやめず、「痙攣が止まらないんだろう」とせせら笑いつつ、今度は女性上位にして「動け!」と命令。存分に腰を振らせてから、下から突き上げまくる。口内発射されて呆然とした表情、終わっても痙攣が止まらず、リアルにマゾ奴隷にされてしまった感が満載だ。こうなると美人女子アナは堕ちてゆくばかり。実は局長も番組コメンテーターの大学教授も銀次とグルで、スポンサーへの夜の接待から、反省会と称し、縛られ吊られて猿轡、バイブ、ローソク責めと果てしないSM地獄が続くのである。

文=東良美季

『人気女子アナ無限痴獄 極上雌犬暴辱TV局(シネマジック)

監督:川村慎一
発売日:2017年3月7日
品番:cmc180
収録時間:130分
定価:4,990円
メーカー:シネマジック

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『牝犬にされた女社長 獣欲の生贄(シネマジック)』

東良美季 1958年生まれ。編集者、AV監督、音楽PVディレクター、グラフィック・デザイナーを経て執筆業。著書に『猫の神様』(講談社文庫)、『東京ノアール~消えた男優 太賀麻郎の告白』(イースト・プレス)、『代々木忠 虚実皮膜~AVドキュメンタリーの映像世界』(キネマ旬報社)、他。
日刊更新ブログ『毎日jogjob日誌』
 | 
17.04.27更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
東良美季 |