ミストレスランド 2 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年4月号
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 天才M女 宮村ななこ』(HMJM)
川上譲治 トーク&上映会「1985-2005裸的群像伝記録映像【あんぐら すとりっぷ】」開催!!
アクセスアップ
新刊情報
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
MAZI! 2018年7月号(ミリオン出版)
おとなの点つなぎ100問 Vol.8(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2018年7月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.14(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.19(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.2(ミリオン出版)
トーキョウ・バッド・ガールズ Vol.54(大洋図書)
よろめき 2018年6月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
1960年代、世は高度経済成長期。裏側では企業秘密・国家機密を巡ってスパイと捜査官たちが死闘を繰り広げていた。そんな中、捕らえられたひとりの女スパイがサディスト捜査官の手でおぞましい性虐拷問を施されてゆく。
 | 
パソコンでもワープロでもない、英文タイプライターのキーを叩く女の指先からスタート。傍らにはトランジスタラジオ、流れて来るのは日航機がハイジャックされたというニュース。そう、これはタイトルにあるように「昭和」。米ソ冷戦時代、各国の思惑が入り乱れ錯綜した「1960年代」を舞台にした物語なのである。ヒロイン・二宮和香はとある民間会社の専務秘書。しかし「建設省」という言葉が出て来ることからも、政府と綿密な繋がりのある企業だということが匂わされる。ちなみに今「けんせつしょう」と入力すると、ATOKは<建設省《名称変更「→国土交通省」》>と教えてくれる。時代考証もしっかりしている。

そこに外出先から戻って来る専務(小池拓也)は、黒のアイヴィスーツに黒のハットというスタイル。オールドファンならニヤリとするだろう。これは日本を舞台にしたスパイ映画の傑作『007は二度死ぬ』(1967年)で、ジェームス・ボンド役のショーン・コネリーと対等に渡り合ったタイガー田中、丹波哲郎のファッションなのだ。専務は和香がこの部署に配属されて半年、いかに優秀な秘書かということを褒め称え、そして「プロポーズの返事、聞かせてもらえますか」と問う。しかし曖昧に首を振るだけの和香。それもそのはず、彼女は陰で秘かに無線で海外と連絡を取る、某国が送り込んだ女諜報部員なのだ。

彼女に与えられた指令は機密ディスクを盗み出すこと。そして深夜のオフィス、首尾よくブツを探し出して手にしたときだった。背後に全身レザージャケットに目出し覆面姿のキャットウーマン(河井真美)が現われる。二人はカンフーを使った格闘になり、当初はほぼ互角の戦いであったが、やがて和香はKOされてしまう。そこに、「受けておけばよかったんですよ、私のプロポーズを」と、不適な笑みをたたえ現われるのが専務。この男も実は「他国に情報を流す売国奴がいる」という情報から民間会社に潜入した、「内閣調査室」の諜報部員。しかも、残忍な拷問をすることで悪名高き凄腕であった。「クライアントはどこの国です?」と問いながら、昭和のプロレスラー豊登の必殺技「鯖折り」(羽交い締めして相手の背骨を折る危険な技)と首締めでギリギリと責める。

この男優・小池拓也は180センチ以上の長身でガタイもよく、ナイスバディだが154センチしかない和香は容赦なく締められ、泡を吹いて失神。時間経過があって、彼女は目隠しで立位の大の字、手足を拘束固定されている。専務は背後から抱きしめ、ねちっこく身体を撫で回し、スカートの裾をまくり、ガーターベルトに包まれた黒パンティ越しに愛撫。それだけで太股に玉の汗が滲むのが何とも生々しい。ボールギャグや猿轡での緊迫拘束シーンを挟み、黒のガーターセットで緊縛。さすがは元E-BODY専属女優、眼を見張るほどのプロポーションだ。ブラの中に低周波治療器を装着して電気ショック。続いて股縄を施され、その縄を天井に伝わせ、鉄球の錘で股間を責めるエロ拷問。しかも男は鉄球を増やしていく。

一度はプロポーズした間柄、惚れて裏切られた恨みで、専務の行為は否応なくエスカレートする。「これでも答える気はないか?」と鼻フック。しかもタコ糸で両の乳首を縛り上げ、その糸を鼻フックに固定。つまり鼻を持ち上げられ思わず顎を引くと、乳首が引っ張られるという、サディスト趣味極まりない拷問なのである。ココまでが約60分。以降の後半は、まさにドラマSMの雄、シネマジックならではの展開に。つまりプレイの見せ方ではなく、設定とストーリーで「エロス」と「恐ろしさ」を表現していく。冒頭の秘書時代に着ていた水玉の清楚なワンピース姿で縛られ、クロロフォルムを嗅がされ意識は朦朧に。そこに謎の注射を打たれる。

場面変わると、四つん這いで犬用のお皿でウットリミルクを飲んでいる和香。「美味しいですか」と嘲笑して問われると「ワンッ」と答える。つまり彼女は、人格が完全に崩壊されられたのだ。もうすべては男の言いなりの身体にされ、尻からぶっといバイブを挿入。快楽に歔き狂う。自ら進んで鼻フックを装着、恍惚の表情で涎を垂らす。スパンキングにローソクプレイ、鞭打ちとハードなプレイにも狂女のように微笑み続け、男のチ×ポを美味しそうにしゃぶり、バックから受け入れる。まさに女スパイ残酷物語。ネタバレになるので書かないが、悲惨極まりないラストシーンが待っている。

文=東良美季

『女スパイSTYLISH拷問刑 昭和間諜哀歌』(シネマジック)

監督:東雲勇太
発売日:2017年12月28日
品番:CMN181
収録時間:100分
定価:4,620円(税抜き)
メーカー:シネマジック

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー 『SM裏風俗に堕とされた世間知らずの箱入り妻3』(シネマジック)

東良美季 1958年生まれ。編集者、AV監督、音楽PVディレクター、グラフィック・デザイナーを経て執筆業。著書に『猫の神様』(講談社文庫)、『東京ノアール~消えた男優 太賀麻郎の告白』(イースト・プレス)、『代々木忠 虚実皮膜~AVドキュメンタリーの映像世界』(キネマ旬報社)、他。
日刊更新ブログ『毎日jogjob日誌』
 | 
18.02.27更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
東良美季 |