本家三行広告 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 Lovely-Candle 1
最新記事20件
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第58回
特選AVレビュー『阿修羅の女達 長女は、次女の恋人と三女の夫を寝取る。次女は、長女の夫と母の愛人を寝取る。三女は、長女の夫と母の愛人を寝取る。』(Mellow Moon)
特選AVレビュー 『はじめてのレズ友達~ふたりきりの放課後~ (レズれ!)』
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/古川祥子』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『姑の卑猥過ぎる巨乳を狙う娘婿 水元恵梨香』(GLORY QUEST)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【36】『乳牛少女かおり』 著者=ぺどっち (キルタイムコミュニケーション)
特選AVレビュー『濡れ衣...やがて、言いなり。/愛瀬美希』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『友カノの寝取り顔を黙って売ってます』(NON)
絵を描く人々 第16回 個性と型
ドキュメンタリー映画を観に行ったはずなのに、受け身では済まされず参加させられてしまう! 映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』公開!!
原宿「PATER'S Shop and Gallery」にて古白米「セクハラ(SEXY harajuku)」展開催!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【1】「テレビ嫌い」
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第8話/夏コミ地獄変・前編
特選AVレビュー『絶対に予約の取れない本番し放題のNo.1女子校生風俗嬢 波木はるか』(宇宙企画)
2ページまんが 酒場の女【9】
特選AVレビュー『麻生クラッシュ 淫獣パラノイア - 麻生希』(ドグマ)
スペインのオフビート・バディ・ムービーは、口に出さないままのセリフが渋い、からのなんかもうやけくそでタナトスファック 映画『しあわせな人生の選択』公開中!!
特選AVレビュー『みなりおの妄想の世界 南梨央奈 妄想変態女子のやりたい放題スパイラル!』(RADIX)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第57回
特選AVレビュー『極悪DQN×NTR妻 僕の会社の飲み会ビデオ 新築パーティー編/森高かすみ』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
別冊投稿キングDVD 2017年9月号(ワイレア出版)
お絵かきパークminiDX Vol.11(ミリオン出版)
まちがいさがしパークmini 2017年9月号(ミリオン出版)
Be MONSTER(大洋図書)
ちょっと待ってよ、花屋さん(大洋図書)
こんな所で裸にされて(ミリオン出版)
ihr HertZ 201年7月号(大洋図書)
実話ナックルズ 2017年9月号(ミリオン出版)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2017年9月号(大洋図書)
女と男の欲望エロドラマDX(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
彼氏とのセックスがきっかけで「人生の歓び」を知った過去出演作1本のみのAV女優・榎本南那。露出やスワッピングプレイにプライベートでも興じるAV女優・横山夏希。それぞれがカメラの前で晒すパートナーとのセックスと愛の形......。男女のピュアな交接に触れる、意欲的なドキュメンタリーAV。
 | 
本物の素人カップル、その愛とセックスに密着した2日間のドキュメントである。思えば梁井一監督の作品を初めて観たのは、彼がまだSODクリエイトの社員監督だったとき。人気女優・大塚咲が本物の夫と出演、夫婦の117日間を赤裸々に追った『ウチの嫁さんはAV女優です。』(SODクリエイト)。つまり同様の「カップル物」であり、これが監督第1作だった。2009年のことである。梁井くんはその後HMJMに移籍、カンパニー松尾、タートル今田に続く人気監督というだけでなく、若い世代の心情をセックスを通して描くことに関して、特出した才能を発揮する作家となっている。
それにしても、2009年から現在に至るアダルトビデオ界の変化には今昔の感に堪えない。当時は大塚咲や川上ゆうなど、人気女優が次々と登場した頃で、何よりセルAVの勢いが凄まじかった。『ウチの嫁さんはAV女優です。』も、そんなある意味裕福な環境を元に制作された作品だったと記憶している。しかし2010年代に入ると突如DVDが売れなくなり、当然ユーザー受けのいい単体作か低予算で制作できる安易な企画物が求められ、硬派なドキュメンタリー作品を作るのが本当に難しくなった。HMJMというメーカーも、長らく苦戦を強いられたと聞く。
ところが2014年になって『劇場版 テレクラキャノンボール2013』が大ヒットするという突然の「事件」が起きて潮目が変わる。次にAVとアイドルの融合『劇場版 BiSキャノンボール2014』、今度はロックとAVの合体『劇場版 どついたるねんライブ』(監督・梁井一)へと繋がっていく。カンパニー松尾監督によれば、AVメーカーとしてのHMJMの現状にはまだまだ困難なものがあるそうだが、AVの中にサブカルチャーというものが存在する余裕が残されたというか、もっと言えばAVをヌキだけでなくサブカルチャーの一分野として楽しむ若い世代が現われたと感じるのは、果たして僕だけだろうか? もちろん、だからといって産業としてのAVがこれからまた伸びていくかというと、それはまた別の話なのだが。

前置きが長くなりすぎた。内容を紹介しよう。主役は大阪から撮影のためにやってきた一組のカップル。彼女・榎本南那(32才)、彼氏・山南恵介(40才)。交際11年、画面を通して見ていても、コチラがテレ臭くなるほどラブラブな恋人同士である。今でもセックスは週4、5回。1回にかける時間は3時間、4時間は普通という好きモノぶりである。そんな二人が今回なぜAV出演に至ったか? じつは南那さん、1年前にプレステージで1本だけAV出演をしている(『まさかのAVデビュー 中学校教諭 榎本南那』)。
元々は彼氏と二人でAVに出たいと思っていた。そもそも彼女は彼以外の男とセックスはしたくないのだ。ところが話が一人歩きしてしまい、事務所やメーカーの手前もう断われなくなってしまったのだという。この辺、昨今話題になっている「AV強要出演」問題にも繋がりそうだが、話が長くなるのでやめておこう。ともあれ、その経験が棘のように心に刺さったままの彼女は、今度こそ彼と一緒に出演して、自分たちの真の姿をAVに残しておきたいと考えた。
そもそも南那は20才のとき恵介さんと出会い初めてセックスのよさを知った。いやそれどころじゃない、「生きててよかった」「自分は自分らしくていいんだ」と気づいた。それまではイジケていた。地味なくせにプライドだけが高く、グレたいけれどグレ切れず、寂しさを男で埋めていた。結果高校1年で妊娠堕胎。それが恵介氏と巡り会い、「君は可愛い。君は君のままでいいんだよ」と初めて知らされたのだ。

ココまで書くとナント美しい恋人同士と思うだけだが、ホテルに入りいざセックスとなると、我々はこの二人の恐ろしいほどの愛の深さと濃さにたじろぐこととなる。そもそも恵介氏は梁井監督に「性癖は?」と問われると、「女性がどうやったら歓ぶんやろうと思ったら、徹底的に調べ上げてためしてみずにいられないんですわ」と語る求道派。「七つ道具があるんですけど」とニコニコしてバイブ各種を取り出す辺りから風向きが変わってくる。そして榎本南那も小柄で華奢、少女のような肉体にも拘わらず、「女性の性欲ってこんなに強い、女って欲深い、こんなにエグイんだよってAVを観る男性たちに知って欲しい」と言うだけあって、そのパフォーマンスは凄まじい。
彼氏にバイブをあてられると「イグーッ、イッグーッ!」とダミ声で絶叫、エクソシスト状態というか、「激しぐぅー!」「くっそ、コノヤロー、イッグ、ギモヂイイー」「ソゴ、ソゴ、グリグリじでぇー」と汚い言葉を連発。全身の筋肉が盛り上がり、その可愛らしい身体の中には邪悪なエイリアンでも棲みついていて、ソイツが彼女の肉体をバリバリと割ってその姿を現わしそうな勢いである。ところが一度イッてしまうと声のトーンが2オクターブほどあがり、「シアワセ」「ベッド行こう!」とニコニコ。女というものはわからない、というか、愛とは、男女の幸せとはいったい何なのだろうと感じざるをえない。

ただし、ココまでは驚愕の内容ではあるのだが、正直エロとして、ヌキ目的としてどうなのだろうといぶかる部分もあったのだが、2日目、AV女優・横山夏希(24才)が登場するに至りグッと画面が華やかになる。先に挙げた『劇場版 どついたるねんライブ』や、カンパニー松尾監督作品『恥ずかしいカラダ SNSでハメまくったドスケベ女 横山夏希』でもお馴染みの彼女、美脚・スレンダーモデル体型だけでなく、全身から何ともエロいフェロモンが溢れ出し、榎本南那が1度だけプレステージ作品で他の男とセックスしてしまった代わりに、やはり11年間南那以外の女性と寝たことがないという恵介氏とのセックス、つまり嫉妬のゲームへと突入するんである。
また、南那・恵介カップルの撮影が終わると、<夏希はハプニングバー、露出、スワッピングなどを日常的に行っている生粋の変態女なのであります>とテロップが出て、ラスト30分は横山夏希がメインとなる。10代の頃からニャン2系の投稿雑誌にハマり、モデル、レースクイーンという華やかな世界の影で、変態一直線に進んできた彼女の青春が明らかになるくだりは、これもまた別の意味で感動的である。
かつて、ベテランAV監督で『カップルズ AV女優リアルドキュメント』(2002年・MOODYZ)、『中出し 天使美樹』等々、名作カップルAVを撮っていた高槻彰がこう言っていたのを思い出す。「カップル物はAV女優が女優じゃなくなるんです。男優もそう。単なる一人の男になって嫉妬する。だから面白い」と。ただし「でも、売れないのが困るんだけどね」と笑って付け加えた。梁井一とHMJMが、これからも本作のような意欲作を世に問うことが出来るのか? それは梁井とHMJMの問題だけでなく、AV業界全体の課題だと思う。

文=東良美季

『True Love リアルカップルのセックス(HMJM)

監督:梁井一
発売日:2016年6月25日
品番:VGD-175
収録時間:140分
定価:4104円(税込)
メーカー:HMJM

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 素敵なミニスカデート 唯川みさき(HMJM)』

東良美季 1958年生まれ。編集者、AV監督、音楽PVディレクター、グラフィック・デザイナーを経て執筆業。著書に『猫の神様』(講談社文庫)、『東京ノアール~消えた男優 太賀麻郎の告白』(イースト・プレス)、『代々木忠 虚実皮膜~AVドキュメンタリーの映像世界』(キネマ旬報社)、他。
日刊更新ブログ『毎日jogjob日誌』
 | 
16.07.08更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
東良美季 |