ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー!
素人らしきベロ美女たちが続々登場し、ウズウズと股間を疼かせる男にキスして手コキ。射精まで導いていくオムニバス。貴方の隠し持つ性癖を執拗にくすぐるコアな1本!!
 | 
いや、もうそのまんまですよ。チューしながら手コキして発射するという行為が14人分あります。女性のタイプはそれぞれで、人妻風もいれば学生っぽい子もいる。ルックスはそこそこ平均以上。とりたてて美人はいないけれど、むしろこういう普通っぽいルックスのコたちの中にモロ自分好みの女性がいたりするんですよね。
いずれにしろ言い寄られてキスをせがまれれば嬉しいクラスの女性たちが、体を預けて手コキ発射までしてくれる。そんなビデオです。

だいたいの流れを書くと、最初イメージシーンがあります。
BGMがあって女優さんの普段着っぽい服装での立ち姿等があり、カメラは下のほうに行って開脚、パンツのアップ。その後、顔アップでキス顔。舌を見せてレンズを舐め回す。ときおり笑顔をのぞかせる女性たちのかわいらしさとフェチっぽい映像がテンポよく映し出されていきます。
その後本編に入ると、男優がでてきてそこへ女性のほうからキス。乳首などをいじったあとパンツの上から男性の股間をサワサワします。しばらく触ってからパンツを下ろし、直に性器をこねくり回す。あとはベロを絡ませながら手コキ発射。
それが14人分あるわけなんですが、フォーマットは微妙に違っていたりします。

たとえば、ほとんど会話らしきものがないまま進行するので、基本的に無言でいくのかなぁと思いきや、4人目と7人目の女性だけ「チューしていい」「熱くなってるよ」などと話していたり、あるいは女性の裸が一切ないので女性の普段着を楽しむ内容なのかと思っていると最後の14人目の女性はブラを取ってオッパイを露出させていたり。
プレイ内容もソファに男が腰掛けている状態で、女性が横から攻めていたり、ベッドに横になって手コキしたり、立ったままだったりといろいろです。

こういうオムニバス物の難しいところは、出来るだけフォーマットは同じにして女優さんの違いで抜きたい人がいる一方、逆に同じすぎると飽きてしまうので多少バリエーションがほしいという人がいるところだと思います。自分はなるべく同じにしてほしい人間なので、これだとちょっと散漫な印象を持ってしまいました。
ただどうやらこの作品は工藤澪監督と宮本小次郎監督の合作であったようなので、監督によって中身の違いが出てきてしまったのかもしれません。

それとパッケージには「普通の奥様から学生まで、ベロベロちゅうで手コキ発射サービス」と書いてあるのですが、作品の中では女性の情報が何も明示されず、名前も出自もわからないまま登場していました。やっていることは同じなので、女性側の差別化を図るためにもプロフィールなどがあるといいと思いました。
せっかく普通っぽい女性たちが登場するので、視聴者が想像を膨らませるような情報が添えられていると、自分などはそこで抜けたりできるんですよね。

そんな中、面白いと思ったのは8人目の女の子。ちょっと美人さんで、最初はステキな笑顔で登場します。ところがこのシーンでの男優がやたら積極的で、「チュッチュッチュッ」と吸い上げるようなキスをするのですが、そのキスの仕方が執拗なのか、そのうちこの女の子が顔をしかめだします。
その前までの女性たちはカメラ目線で余裕のキスをかましていたのに、このコだけが眉間にしわを寄せ、男のキスに耐えているような目のつぶり方。それでもなんとか口を閉じつつ、男優の口元に顔を近づけます。その健気さに「生理的に受け付けない男優とのキスだったのかなぁ。それでも仕事だからやらなきゃと必死なのかもしれない」なんて勝手に想像していたら、だんだん興奮してきてしまいました。
手コキで発射したあとの怒っているようなカメラ目線もGood。スタートのイメージシーンでは笑顔だっただけに、この対照的な終わり方はかなりいかしてます。
この子が見られただけでも満足かなぁと思っちゃいました。

つまり14人の女性が出てきますので、これだけいればなにがしか引っかかる女性はいるってことかもしれませんね。

文=淫語魔

『手コキでチュー たっぷり十四人四時間半 (実録出版)


監督:実録軍団
発売日:2011年8月29日
品番:DVD ZCOL-02
収録時間:270分
定価:3990円
メーカー:実録出版

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

特選AVレビュー『淫尻授業 羽田桃子 (実録出版)』

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ 等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。そのかいあってか、最近は二村ヒトシ監督が作ったAVメーカー「MotheRs」で企画協力、淫語指導を担当。さらに淫語普及の野望は続く。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」
 | 
11.10.16更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=淫語魔 |