女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
アクセスアップ
新刊情報
MAZI! 2019年1月号(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2019年1月号(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.14(ミリオン出版)
アップル写真館 Vol.17(大洋図書)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.3(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国【得】フーゾク特大号(ミリオン出版)
漫画ポルノ夫人 Vol.1(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.57(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.5(ミリオン出版)
よろめき 2018年12月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's special AV review.
WEB スナイパーAVレビュー

『くるみベストVol.2(ドグマ)


文=安田理央


デビュー11年目を迎えても、決して色あせないくるみの魅力。 黒人、レズ、肉便器、大量ローション、ドキュメント、エロシネマ、このすべてにくるみワールドがある。
 | 


















2008年1月以降、新作のリリースが無く、引退の噂もある森下くるみのベスト

第二弾。サブタイトルが「新作まで待てない」というのは、どんな意味があるの

だろうか?



2006年から2008年にかけてリリースされた森下くるみ主演全作品6本を収録、というわけだが、2年で6本というのはAV業界においては、ありえないペース。こんなマイペースが許された女優というのは、恐らく後にも先にも森下くるみ以外はない。音楽業界で言えば、30年でアルバム5枚のボストン並みである。

ほとんどTOHJIROと二村ヒトシの監督作で占められた前の「くるみベスト」とは違い、この6作品は全て監督が違う。「くるみのブログ」はカンパニー松尾、「ブラックくるみ」はTOHJIRO、「キラーくるみ」はKINGDOM、「ボディジャック」はK*WEST、「肉便器先生」はビーバップみのる、そして「マンコがマンコに恋をする理由(ワケ)」は二村ヒトシ。さながら鬼才監督の見本市。

6人の監督が、それぞれのやり方で森下くるみというAV界の至宝を料理した競作という見方も出来るオムニバスとなっている。

そして、その料理法として彼らが選んだのは、森下くるみを「汚す」というやり方だ(ま、実際にはドグマというメーカーの意向なのだろうけれど)。

これらの作品の中で、森下くるみは、レイプされ、娼婦となり、黒人とセックスし、縛られ、ローソクを垂らされ、アナルを嬲られ、中出し輪姦され、あげくの果ては浣腸までされてしまう。ハメ撮りやレズという変化球も打たされる。

森下くるみという女優の凄さは、これだけのことをされても、少しも汚れないということだ。どんなにドロドロに汚されても、それは表面だけ。ダイヤモンドはドブに落とされても、洗って拭けば元の輝きを取り戻す。本質的には少しも汚れも傷つきもしていない。

森下くるみには、そんな強さが感じられるのだ。しかし、それは強さでもあるが、AV女優としては決定的な欠点であるともいえる。汚れたところ、傷ついたところを見てみたいというのもAVファンの欲望でもあるからだ。

何しろ、あの名手、カンパニー松尾によっても、素をさらけ出してないみたいだもんなぁ。手強いなぁ、森下くるみ。

とはいえ、二十代後半を迎えたこの時期の森下くるみの肉体は大変いやらしい。むっちり肉が乗ってきて、女らしさがムンムンと漂っている。それでいて、美しさは以前よりも増しているくらいだ。

熟女になった森下くるみも、見てみたいなぁと思わせる成熟ぶりなのだ。この「くるみベストVol.2」を見ていると、AV女優としてやることはやり尽くしたんだろうなという気にもなるが、それでもやはり、もっと熟した森下くるみも見てみたい。

新作を待ちたい。いつまでも待ちますよ。三十路のくるみを見たいのです。いや四十路になる頃でもいいですから、待ちますとも。

文=安田理央


『くるみベストVol.2(ドグマ)


発売日:2009/04/19
出演:森下くるみ
収録時間:241分
販売価格:1980円(税込)
商品番号:KDD-002
メーカー:ドグマ

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

関連記事

【AVレビュー】『美しい痴女の接吻と性交(S1)』

yasuda_face.jpg 安田理央 エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。この夏、ついに四十代に突入ですよ。もう人生の折り返し地点かと思うと感慨深い。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。

安田理央の恥ずかしいblog

「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること」(翔泳社)

 | 
09.04.26更新 | WEBスナイパー  >  AV情報
文=安田理央 |