ミストレスランド 1 本家三行広告 1 Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
特選AVレビュー『巨大ヒロイン(R) ウルティマー』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
dancing_girls_67_top.jpg
毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫  第14回 「ひなぎく」 【1】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★ モデル=ひなぎく

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」、第14回はひなぎくさんの登場です!
前回に戻る 目次に戻る
 | 

今の家も友達3人で住んでるんですよね。一軒家なんだけど、家賃が9万だから一人3万円
新幹線代を考えても京都に住んでいたほうがいいかなって
友達の多い生活

待ち合わせ時間を遅らせて欲しいとの連絡が入り、私は取材の時間まで、近くのカフェで暇つぶしをすることにした。遅れているのは編集者で、前の撮影が長引き、急いで駆けつけているとのこと。ひなぎくさんもどこかで時間を潰していることだろう。そう思いながらレジでカフェオレを頼んでいると、ひょっこりと現れ声をかけてきた。

「インベさんですよね? 今、友達と一緒にいるんですよ。よかったら私たちの席へ来ませんか」

どうやら、これから始まる取材まで、友人と談笑しているつもりだったらしい。同じカフェではちあい、フレンドリーに話しかけてくるひなぎくさんにドキリとしつつ、2人の席へ合流した。これからインタビューする相手とはいえ、このような場面に遭遇するのは、なんとも不思議な気分だ。

「高校時代の友達なんです。東京に来るといつも会うんですよ」

踊り子仲間かと思いきや、相手は仕事帰りのOLさん。こういう場合、ヘタに私が喋ると「内緒にしてること」もありそうで、なんだか怖い。妙に気を遣っていると、ひなぎくさんの方からストリップ談義を始めた。どうやら心配は無用だったようだ。

「隠しごとはしたくないので、周りの友達にも話してるんですよね。ストリップの仕事がどれだけ楽しいかとか、知っておいて欲しいし」

ほどなくして編集者が到着し、お友達は手を振って帰っていった。後でわかることだが、ひなぎくさんはビックリするほど友達の多い人だった。





「この後、友達と会うんですよ。さっき電話したら来るっていうので。あ、さっきとは別の子です」

インタビュー場所につくと、さっそくそんな話がでた。京都在住のひなぎくは、東京で仕事があるたびに、こうして友達と会っているようだ。

「今の家も友達3人で住んでるんですよね。一軒家なんだけど、家賃が9万だから一人3万円。新幹線代を考えても京都に住んでいたほうがいいかなって」

「踊り子仲間ですか?」

「いや、全然関係ないです。私より若い子たちで、一人は大学院生で、一人は社会人。大学時代の仲間の、繋がりの繋がりの繋がりみたいな感じで、声をかけあったりで」



ソファの上で体育座りのような体勢になり、リラックスして話す彼女は、会って間もなくともすぐに打ち解けられる雰囲気を持っていた。しかしステージでのイメージはむしろ逆。テンポの速い曲でもガンガン踊り、長い黒髪を振り乱す。切れ長な目も手伝ってか、格好良くてクールで近寄りがたい女のイメージだ。

「イメージ作るのがすごい好きなんですよね。このステージではこうっていうのを一つ作って、それに向けて構成する。私、幅の広い踊り子になりたくて。というか、来たお客さんを裏切ることをずっとやっていきたいと思っていて。次観に来たときに『えー!こないだと全然違うやんけ』と思われるような。特定のイメージを持たれたり、こういうことはやらない子、とか思われるようにはなりたくないんです」

どうやら私が観たステージも、演出によってつくられたひなぎくだったようだ。ステージと本人にギャップのある人は多いが、この場合はなんだか「やられた!」という気分になる。ひなぎくは、フフフと笑った。

文=インベカヲリ★


dancing_girls_67_07.jpg

hinagiku.jpg
Hinagiku x Inbe Kawori★

ひなぎく
2002年09月11日、DX歌舞伎町にて劇場デビュー。DX歌舞伎町所属。抜群のスタイルと美しい黒髪、そしてエンターテインメントに徹したステージで観客を魅了する。

ひなぎくの庭で

香盤情報
船橋ニュー大宝
4月1日ー4月10日

DX歌舞伎町
3月21日ー3月31日

芦原ミュージック劇場
4月21日ー4月30日

撮影=インベカヲリ★
モデル=ひなぎく
取材協力=池袋ミカド劇場

関連記事

咲きほころぶ踊り子たちの肖像「舞姫爛漫」
浅葱アゲハ  【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】



インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
09.03.21更新 | WEBスナイパー  >  咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫