本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
fetishistic meister
フェティシストが愛する名匠を訪ねて
第1回 エピキュリアン代表 矢嶋アキラ

インタビュー・文=安田理央
SMといってすぐに思い浮かぶアイテムは何でしょう。縄、鞭、蝋燭などでしょうか。また何もSMに限らなくとも、私たちの性の営みとその周辺には、実に様々なアイテムが溢れていますよね。そうしたモノとそれを作る職人たちにスポットを当て、普段顧みられることのない彼らの素顔と職人の技に迫る連載第1回。まずはオリジナルの拘束具やSMグッズで有名な「エピキュリアン」のアトリエにお邪魔しました!

前回の記事を読む>>>

 | 

SFっぽい感じは意識します。
ただ一番に考えているのはプレイに使うということ。


ところで矢嶋氏がこうした拘束具に本格的に目覚めたのは、エピキュリアンを始めてからなのだという。

「子供の頃に読んだ江戸川乱歩の小説をきっかけに、SM雑誌を読んだりはしてたんですよ。エッチなこと自体は好きだったから(笑)、大学生くらいから遊びで緊縛とかしてましたけど。実際には作り始めてからハマッたんです。参考に色々調べていくうちに自分が道具フェチなんだなって気づいた」


こちらが材料となるラバーシート。元は内装用の素材だとか。
epism01.jpg
カッターで切断。傍目には無造作に見えるほど早いのです。

作業台の上にシートを載せて、まず端を落とします。

アルミ製のものさしをあてて、先程の切断面を直線に切断。

やはりこだわりはラバーにあるという。

「作り始めた時にコスト的な問題や、加工しやすいということで革じゃなくてラバーを選んだんだけど、次第にその質感に惹かれるようになりましたね。普通、SMと言うと縄の方に行くみたいだけど、僕はズボラで縛るのが面倒くさいっていうのがあって、向いてなかったんですよね。あと、和風なSMよりも欧米のボンデージの方に惹かれるんです。拘束具を使われている女体って、オブジェみたいで美しいなぁと思いますよ。単に自由を奪うだけじゃなくて、装飾的な部分も大事だと思いますね。だから、コストを下げるために貧乏くさい感じになるのは避けたいです。そういうのって興醒めじゃないですか。SMって贅沢な趣味ですから、道具だってカッコイイものを使いたいし、使って欲しい」


必要な幅のアルミ製ものさしをあてて再度切断すると……。

この通り。この作業を見ても手作りなのがよくわかります。

切断されてラバーベルトの基本パーツに。光沢が美しい。

その上に穴開けポイントの目印として傷をつけます。

エピキュリアンのグッズはすべて矢嶋氏がデザインしている。

「SFっぽい感じは意識しますね。ただ、一番に考えているのは実際にプレイに使うものだということ。デザインありきだと、体に合わないことにもなるんです。まず安全に使えることが必要ですよ。次はどんなグッズを作ろうかというアイディアは常に考えてますよ。東急ハンズのようなホームセンターで素材を見て、これは何かに使えるんじゃないかとか考えたりして。普通に買い物しているようで、実はそんな変態的なことを考えている(笑)。実際に制作している時間よりも、そうやって素材を集めたりしている時間の方が長いかもしれないですね」

左に見えるのが穴開けガイド。右が目印を付けた基本パーツ。 穴開け作業。この機械は東急ハンズとかでも売ってるとか。 楕円形の穴開けは、型抜きのようにハンマーを使います。 穴開け完了。真ん中の楕円形が「曲がっちゃった」と矢嶋氏。

メイン素材であるラバーは、業者からシートの形で大量に購入するのだが、これは実は内装用の素材なのだとか。

「だから業者は結構乱暴に扱うんですよ。普通は壁の中に入れたりして面に出てこない部分だから。僕が傷をつけるなって言う意味がわからない。だから、運ぶ時もしっかり見張ってたりしてね。今はこういう使い方をしているということをわかってもらってるんで、丁寧に運んでくれるようになったけど」

バックル型の金具が登場。棒状の部分を楕円形に入れる。 バックルを挟んで二つ折り。穴の裏側にはさらに金具が。 表側にも金具を載せて、カシメ器でカシメると……。 はい、基本的なバックル部分の出来上がり。後は応用だとか。

最後にこの仕事の魅力について尋ねてみた。

「一番は性に関する世界で仕事ができることかな。僕も人一倍エッチなんで、この業界の周辺で仕事できるのが嬉しいです。世間から見たら、わけわかんない道具作って、DVD作って、変な仕事してるなって見えるだろうけど、そう思われるのがいいですよね。それから、自分が作ったものが流通して、エッチな人たちに使われていると思うと楽しいですよ。前にAV女優の内山沙千佳さんに『矢嶋さんみたいに道具を作ってくれる人がいるから、私たちが活躍できるんです』って言われて、それはすごく救われましたね」

内山沙千佳の言葉通り、矢嶋氏のような職人のたゆまぬ努力がSM業界を支えているのである。

(おわり)

矢嶋アキラ バブル崩壊後、証券会社を退職。石材輸入会社、飲食店経営等、数々の職歴を経て、SMグッズの製作販売、金属製拘束具の輸入販売、オリジナルDVD製作販売の「エピキュリアン」を運営。ホームページ作成等は全くの素人からはじめ、現在では自社サイト「エピキュリアン」や姉妹サイト(東京口枷倶楽部、SM拘束ドットコム)の製作も一人でこなしている。平成19年「エピキュリアン」を法人化。将来は日本のポルノ王を目指しているという。

関連リンク

取材協力=SMグッズのエピキュリアン


yasuda_face.jpg

安田理央の恥ずかしいblog
http://d.hatena.ne.jp/rioysd/

新刊「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること」(翔泳社)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4798111082

安田理央 気がつけば、今年で40代を迎えるエロ系ライター。今年はボーッとしてると大変ヤバイことになってしまいそうなので、色々と新しい行動を起こすぞと考えたり考えなかったりしております。「エロの敵」に続くアダルトメディアルポも構想中。  

 | 
07.06.11更新 | WEBスナイパー  >  フェティシストが愛する名匠を訪ねて