女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 2 イエローキャット
最新記事20件
脳までトロける魔振動にビクンビククンと痙攣するリアル絶頂ドキュメント『チャレンジ!タイマー電マ ゆか らん』(大洋図書)発売!!
読者代表変態仮面がイク! 東京・池袋「踏み活」桜木しおんさん【2】
読者代表変態仮面がイク! 東京・池袋「踏み活」桜木しおんさん【1】
コントロールできない快感の嵐に翻弄される緊迫の絶頂ドキュメント『チャレンジ!タイマー電マ ゆい みいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【31】私に『シェイム』は難解だ
美しすぎる美淑女が敏感すぎて初回起動から絶頂連発! 「イキすぎてお星さまが見えました...」『チャレンジ!タイマー電マ あん』発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【26】
オリジナル同人誌即売会という魂と魂が握手する場の歴史/『コミティア魂 漫画と同人誌の40年』(フィルムアート社) 著=ばるぼら+あらゐけいいち 編=コミティア実行委員会 文=三木学
タイマープログラムに翻弄されっぱなしの連続絶頂連発アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ しゅほ まり』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【27】『オトナペット』 著者=中山哲学(茜新社)
ふたり揃ってずーっとずーっとイキっぱなしの限界アクメ!『チャレンジ!タイマー電マ さらら まち』(大洋図書)発売!!
【サーバーメンテナンス完了のお知らせ】
【サーバーメンテナンスのお知らせ】
「ああはあん...もうイケないよぉ」めくるめく快感に何度も腰を震わせて絶頂に浸り尽くす!『チャレンジ!タイマー電マ みすず ゆずな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー女弁護士、堕ちるまで...(アタッカーズ)』
全身を突っ張らせて叫ぶ激イキ乙女たちのノンストップ・アクション!!『チャレンジ!タイマー電マ りお ひなた』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第12講 エメロン浣腸の威力【2】
初めてのワイルドな刺激にガチイキ痴態を赤面披露!『チャレンジ!タイマー電マ ちはる まいな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  「セックス・ムーヴィー・ブルース 」【4】エロの原点・理想のキャスティング
固定カメラで女の子たちのアクメ姿を定点観測『チャレンジ!タイマー電マ つむぎ すみれ』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
fetishistic meister
フェティシストが愛する名匠を訪ねて 第2回 【3】

「Pure One Corset Works」
コルセットデザイナー Pure One氏



私たちの性の営みとその周辺に存在する様々なグッズやアイテム。そうしたモノとヒトにスポットをあて、普段顧みられることのない彼らの素顔と職人の技に迫る連載の第2回です。今回お話を伺ったのはコルセットデザイナーPure One氏。氏の自宅に隣接する縫製工場にお邪魔しました!

インタビュー・文=安田理央
モデル=Yoooko

前回の記事を読む>>>

 | 

ライフワークを見つけた気がしますね
色々遠回りしたけれど、やっとたどり着いた



ビニルやデニム生地のキュートなデザインが多いのも「P.C.W.」の特徴だ。しかし、その反面で伝統的な製法にもこだわりを持っているという。

P:これまではフェティッシュによる、フェティッシュのためのコルセットというものがメインでしたけれど、それでは時代遅れになると思うんです。コルセットもフェティッシュな人だけが着るものではなくなってきていて、普通のファッションのひとつ、アイテムのひとつです。そういう考えがないと取り残されてしまうと思います。だからといって、格好だけのなんちゃってコルセットにはしたくない。伝統や格式と、今の流行とのクロスロード、それが僕の立場だと思っています。

Pure One氏がこだわる「ロココ仕立て」は、表地、中地、裏地の3枚仕立てが基本だ。生地が3枚になるということは、工程上の手間もかかり、高度な技術も必要となる。

P:全部一人でやってますから、一着作るのに2〜3日はかかりますね。大量生産は無理なんです。だから受注を受けてから一カ月は待ってもらうことになります。それでもいいというお客さんにしか売れません。仕方ないじゃないですか、それは作る側のこだわりなんですよ。

この取材の時に、コルセットの撮影のモデルとなってくれたのがPure One氏の知人であるというYoookoさん。「P.C.W.」でコルセットを購入したのだが、実際に着るのはこの時が初めてだったという。着てみての感想を聞いてみた。

Y:さっきPure Oneさんが魔法使いのおばあさんって言ってましたけど、本当に魔法をかけられたみたいなんですよ。鏡を見た瞬間、自分の体型が変わってるのが嬉しいですね。コルセットって、フェチとかコスプレとか、ちょっとマニアックなイメージがあったんですけど、もっと身近なものになったらいいと思いますね。

最後にPure One氏に聞いた。あなたにとってコルセットとは?

P:やっとライフワークを見つけた気がしますね。色々遠回りしたけれど、やっとたどり着いた。コルセットをやろうと考えた時に、周りからはそんなものは売れないからやめておけとずいぶん言われましたが、もうこれしかないと思ったんです。今の自分を一番表現できるのがコルセットなんです。今は、日本一のコルセット職人になりたいと思っています。21世紀には21世紀のコルセットがあるはずです。僕はそれを作りたい。


簡単にではありますが、コルセットの出来るまでをPure Oneさんに教えていただきました。まずは型紙から。実際のコルセットのようになんとなく並べるとこんな感じ。複数のパーツにわかれているのがおわかりでしょうか。写っていませんが、前身頃、後ろ身頃となる部分が複数枚必要になります。そしてその間をつなぐのが、骨組みとなるボーンになります。なかなかイメージしにくいと思いますので、順を追ってみていきましょう。



まずは型紙にあわせて生地を裁断します。曲線部分が多いのでロータリーカッターを使うんだとか。

取材で伺った際は丁度このトランプ柄のビニルシートで作業をされてました。

型紙通りに裁断した隣り合わせの布地(この場合はビニル地)を3枚仕立てで縫い合わせていきます。

縫い合わせるとこの通り。この縫い合わせの部分を利用してボーンと呼ばれる骨組みを入れていきます。



ボーンを差し込むための布地を縫い合わせます。ビニル地の下の黒い生地がそうです。

黒い布地の片側を縫い合わせました。ちなみにこちらがコルセットの表面になります。

縫い合わせなかったほうの布地を筒状に折り曲げて……。

折り曲げながら筒状に縫い合わせます。布地の量が増えたためリング押さえが登場。



向かって手前側の黒い布地が筒状になっているのがわかります。

縫い合わせたのがこちら。ビニル地だけを縫い合わせた状態と比べてみてください。

ここで骨組みであるボーンの登場です。「P.C.W.」では二つ折りにして使用しているとか。

先ほどの筒状にした布地の中にボーンを入れていきます。



以上の工程を続けていくと、この通り。コルセットの側面の部分が形になっているのがわかるでしょうか。

実際のコルセットを見てみましょう。身頃が何枚かに分かれ、縫い合わせ部分にボーンが入ってる……。随分イメージしやすくなったと思います。

後身頃です。通常このように紐で腰を締め上げます。

工程で登場したビニル生地を使ったコルセット。フロントがジップになっています。


pure_one_face.jpg Pure One 中央大学文学部文学科国文学専攻卒。文化服装学院ファッション工科アパレルマーチャンダイジング科卒。大手テキスタイルメーカーの生産管理にて、有名セレクトショップやパリコレを扱うブランドに多数携わる。退職後、2005年にフェティッシュブランド「SLUMP TRUMP(スランプトランプ)」 を立ち上げる。2006年には、AVメーカー 「ゴーゴーズ」との協力の元、日本で初のアパレルブランドとAVメーカーのコラボレーションシリーズを発表。同年より本格的にコルセットの研究、製作、販売を始める。


関連リンク

取材協力=「Pure One Corset Works(P.C.W.)」

関連記事

フェティシストが愛する名匠を訪ねて 第1回 エピキュリアン代表 矢嶋アキラ 【1】 【2】

yasuda_face.jpg 安田理央 エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。この夏、ついに四十代に突入ですよ。もう人生の折り返し地点かと思うと感慨深い。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。

安田理央の恥ずかしいblog

「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること」(翔泳社)

 | 
07.09.11更新 | WEBスナイパー  >  フェティシストが愛する名匠を訪ねて